WILD&MILD

No タイトル 作詞 作曲 編曲 備考
Hazy Crazy Love 山本成美 Y.MAKAINO Y.MAKAINO  
RAIN ジョー リノイエ ジョー リノイエ ジョー リノイエ・
鈴川真樹
 
STAND ME UP! 安藤芳彦 Y.MAKAINO Y.MAKAINO  
22才 大津あきら Y.MAKAINO Y.MAKAINO  
Angel 井上望 MASAKI 土方隆行  
Don't Stop Makin' Love 安藤芳彦 Y.MAKAINO Y.MAKAINO  
夜をぶっとばせ 阿部真理子 馬場一嘉 土方隆行  
COME ON ジョー リノイエ ジョー リノイエ ジョー リノイエ・
鈴川真樹
 
Dash for the Dream(Wild&Mild Mix) 安藤芳彦 Y.MAKAINO Y.MAKAINO 11thシングルC/W
10 約束...〜in my arms〜 大津あきら Y.MAKAINO Y.MAKAINO  
Bonus Track
11 フラれて元気(Ride on Live Mix) 和気優 神郡健 井上徳雄 11thシングル 最高5位 売上36.0万枚

リリースデータ

1997年3月26日 初登場9位 売上8.8万枚 Produced by Hiromasa Kakizaki ソニー

メンバー

Guitar,Vocal 城島茂
Bass,Vocal 山口達也
Keyboard,Vocal 国分太一
Drums,Vocal 松岡昌宏
Vocal 長瀬智也

TOKIO4thアルバム。ベスト盤を経ているもののオリジナルとしては1年ぶり。ベスト盤を持って制作陣をプロデューサーから一新している。10thシングル「Everybody Can Do!」は未収録となり、さらに1ヵ月前の先行シングル「フラれて元気」もボーナストラック扱いになっており、アルバム本編にはC/Wの「Dash for the Dream」しか入っていない。この曲は当時はまだ深夜だった「ザ!鉄腕!DASH!!」EDとして使用されていた(スタジオトークが無くなると同時にED自体が消滅)。初回盤はやたら分厚いパッケージ仕様になっている。

一気に路線変更し、今作はアイドルらしい明るい曲がほとんどない。ロックテイストが強まりワイルドなサウンドが展開している。基本的には「Dash for the Dream」の路線を拡大したような内容になっており、次回シングルの「Julia」にも近いものがある(明るさのある「Julia」よりは渋め)。もっとざっくりして明るいバンドサウンドだった「フラれて元気」はアルバムカラーに合っていない。ボーナストラックとしておまけのように収録されているのも納得だが、この曲はライブ的な残響効果とこれみよがしな歓声を加えたわざとらしすぎる疑似ライブ音源みたいな加工までされてしまい正直かなり微妙である。アルバム本編は統一感はあるのだが、これといった曲が無く、全体的にとにかくかっこつけているという印象。ワイルドさにこだわったのか、長瀬の歌い方がかなり変化していてちょっと低音を効かせ気味にしてしゃがれた歌声を絞り出しているような歌い方をしている部分が多い。その割にそこまでアイドルを捨てきれていないというか、アイドルがアルバムで1曲くらいロックしている、というパターンはよくあるが、それだけで構成してしまったような内容で、シングルを切り捨ててアルバム曲だけで勝負するには決定的にキラーチューン不足に感じる。バンド感が強くなったのは良いが、「フラれて元気」を主軸にしたバンド感を押し出しつつも明るい作風でまとめた方が数倍良かったのでは…。

WILD&MILD

印象度★★★☆☆

戻る