LIVE AT BUDOKAN 2013(豪華盤Blu-ray)

No タイトル 備考
1   オープニング
2 Attack Hyper Beat POP 1stアルバム『鼓動の秘密』収録曲
3 W.M.A.D 8thシングル両A面曲
4 ふたりきり 3rdアルバム『約束』収録曲
5 Liar 8thシングル
6   MC
7 Don't Be Cruel 7thシングル(Type-C,Dのみ)C/W、2ndアルバム『Limited addiction』収録曲
8 きっと 忘れない、、、 4thシングル両A面曲
9 鼓動の秘密 6thシングル(カット)
10   MC
11 月とサヨウナラ 3rdアルバム『約束』収録曲
12 Regret. 2ndアルバム『Limited addiction』収録曲
13 運命 12thシングル
14   サポートメンバーの演奏のみのインストで「追憶」
15 Spica feat.小西彩乃(Maltine Girls Wave) DVD/Blu-ray&CD作品『Maltine Girls Wave』収録曲 ショートサイズ ライブ当時発売前
16 マジ勉NOW! feat.新井ひとみ(Maltine Girls Wave) DVD/Blu-ray&CD作品『Maltine Girls Wave』収録曲 ショートサイズ ライブ当時発売前
17 Day By Day feat.中江友梨(Maltine Girls Wave) DVD/Blu-ray&CD作品『Maltine Girls Wave』収録曲 ショートサイズ ライブ当時発売前
18 Umbrella feat.山邊未夢(Maltine Girls Wave) DVD/Blu-ray&CD作品『Maltine Girls Wave』収録曲 ショートサイズ ライブ当時発売前
19 Kawaii Rave feat.庄司芽生(Maltine Girls Wave) DVD/Blu-ray&CD作品『Maltine Girls Wave』収録曲 ショートサイズ ライブ当時発売前
20 Get The Star 13thシングル 小西彩乃がドラム演奏
21   MC
22 Partition Love 15thシングル ライブ当時CD発売前で配信限定シングル
23   MC
24 Mine 14thシングルC/W
25 頑張って いつだって 信じてる 3rdシングル
26 ちいさな奇跡 14thシングル
27   MC
28 ヒマワリと星屑 4thシングル
29   MC&アンコール
Encore
30 おんなじキモチ 2ndシングル
31   MC
32 キラリ☆ 1stシングル
33   MC
TOKYO GIRLS' STYLE『LIVE AT BUDOKAN 2013』Making Movie

豪華盤のみDISC-2 東京女子流3rd JAPAN TOUR 2013〜「約束」〜ドキュメント

豪華盤のみDISC-3 「東京女子流スレスレTV」PREMIUM LIVE

リリースデータ

2014年4月16日 音楽Blu-rayチャート初登場3位(総合13位)
音楽DVDチャート30位圏外
売上0.14万枚
-
エイベックス

メンバー

小西彩乃
山邊未夢
新井ひとみ
中江友梨
庄司芽生

東京女子流4thライブ映像作品。Blu-ray/DVDでの発売。2013年12月22日日本武道館でのライブの模様を全曲収録。2年連続で同日の開催。ソロ曲以外は全曲バンドによる生演奏だが、今回は松井寛や土方隆之ではなく、キーボードのejiを中心とした4人全員が女性のバンドメンバーとなっている。これはかつてBuono!のバックバンドをやっていたDolceとほぼ同じメンバー構成となる。ソロコーナーはMaltine Girls Waveの企画作品で、このライブの1ヶ月後に映像+CD作品として発売された。5曲ともショートバージョンで披露されている。『東京女子流のスレスレTV!』でドラム演奏を会得した小西彩乃が「Get The Star」ではドラムを担当。このためこの曲の演奏時はサポートドラマーはタンバリンを担当している。特典映像としてメイキング映像を収録。通常盤Blu-rayとDVDの収録内容は同一だが、DVDはアンコール前とアンコール以降で2枚に分割されている。豪華盤はBlu-rayのみの発売で、ツアーのドキュメントと番組の企画で行われたライブの模様を収録したDISC-2,3が付属する。

DISC-2を見てからだとより分かるが、2013年は更なる躍進を遂げたというよりは苦難の1年だったようだ。メンバーの不調が相次ぎ、人気も伸び悩み、昨年もスカスカだった客席は今回もけっこうスカスカ。スタッフの佐竹氏によれば3回目の武道館は考えていないそうだ。演奏に関しても前回はギターを1人増やし、パーカッションも入れたにも関わらず、今回は4人のみでしかも何故かDolce(Buono!のバックバンドだがeji以外のメンバーは流動的だった)。土方隆之バンドと比べてしまうと演奏の厚みは無くなった気がするが、メンバーのパフォーマンスは上々。不調が長引く小西彩乃もそこまで不調を感じさせない。というか小西彩乃の現状を踏まえた上でのセットリストにしたという感じ。全員にソロがあるような曲は普通に歌っているが、「ヒマワリと星屑」「おんなじキモチ」「キラリ☆」といったソロは新井・小西と時々中江で歌っていた初期の楽曲では彩乃のソロパートは全て友梨に移行している(「ヒマワリと星屑」はひとみと友梨で分けている)。「Limited addiction」が選曲されてないのもあの曲は彩乃がかなり歌い上げるので現状を考えて外したということなのかも。ベスト選曲とも新曲中心ともちょっと違うようなやや珍しいセットリストで、ソロコーナーで緩急をつけたためか、バラード無しで攻め続けるというのもなかなか良かった。

またソロパートが無くなった彩乃はそれを補うようにドラム演奏を見せたり、ソロ曲では歌い上げない曲調の良曲をもらって新たな魅力を見せたり、何よりある程度吹っ切れたかのような爽快な表情をしているのが印象的。DISC-2での自信無さげな様子からするとかなり顔つきが違う。彩乃が全力でフォローされている一方で曲のキーがオーバー気味でそもそも未夢の声に合ってないソロ曲を与えられたせいで歌唱がブレまくる未夢や(ダンスはいいのでもったいない)、全体的にこの日はやや声がかすれ気味だった友梨に終盤で彩乃のソロパートがほぼ全部回ってきたのでさらに声が枯れて若干厳しくなるといったところはまあ仕方ないか。これだけの曲を全部踊りながら生歌というだけでも十分凄いし、MCでも言っていたようにメンバーの声は成長と共にデビュー当時より低くなっているという。ファンなら暖かく見守ったり、DISC-2で映し出されているようなストーリーによりさらに感動が増したりはするんだけど、新規のお客さんは声の事情など知らないので声がブレていると実力が低いと判断してしまう。この辺りも含めて正念場なのは確かかもしれない。更なる進化が見えるか、この武道館が最後の大会場になってしまうか、それは分からないがまだまだ可能性はあると思うので期待したい。

TOKYO GIRLS' STYLE LIVE AT BUDOKAN 2013 (3枚組Blu-ray Disc)豪華盤Blu-ray  TOKYO GIRLS' STYLE LIVE AT BUDOKAN 2013 [Blu-ray]通常盤Blu-ray  TOKYO GIRLS' STYLE LIVE AT BUDOKAN 2013 (2枚組DVD)通常盤DVD 

印象度★★★★☆

戻る