Killing Me Softly(Type-B,C)

No タイトル 作詞 作曲 編曲 備考
1 Intro   松井寛 松井寛 インスト
2 Killing Me Softly 黒須チヒロ 川崎里実 松井寛  
3 pain 春和文 増田武史 松井寛  
4 運命 春和文 林田健司 松井寛 12thシングル 最高6位 売上2.5万枚
5 Partition Love 小出祐介 小出祐介 松井寛 15thシングル 最高9位 売上1.8万枚
6 ちいさな奇跡 黒須チヒロ 渡辺和紀 宗像仁志 14thシングル『ROAD TO BUDOKAN 2013〜ちいさな奇跡〜』
最高16位 売上0.9万枚
7 恋愛エチュード さちひろ 松井寛 松井寛  
8 ずっと 忘れない。 黒須チヒロ 山元祐介 松井寛  
9 十字架 北村岳士 北村岳士・田上陽一 松井寛 16thシングル 最高11位 売上0.8万枚 別アレンジ
10 Mine 黒須チヒロ 矢吹香那 松井寛 14thシングルC/W(Type-E未収録)
11 Outro   松井寛 松井寛 インスト
12 Last Forever-Royal Mirrorball Mix- 東京女子流・
ボス!・近藤ひさし
J 松井寛 13thシングル両A面曲 リミックス
13 Get The Star-Royal Mirrorball Mix- 東京女子流・
ボス!・近藤ひさし
J 松井寛 13thシングル リミックス
Type-A,C
14 月の気まぐれ きくお きくお きくお 15thシングルC/W
Type-B
14 Partition Love-中国語 Ver.- 梁秩誠(中国語詞) 小出祐介 松井寛 15thシングル 中国語バージョン
Type-C(初回盤のみ)
15 チム・チム・チェリー Richard M.Sherman and Robert B.Sherman
日本語詞:あらかわひろし
関谷雅子、bonasai. コンピ盤『Disney Rocks!!! Girl's Power!』収録曲
ディズニー映画「メリー・ポピンズ」劇中曲のカバー

 

DVD(Type-B)
タイトル 備考
-Music Video-(Type-A,B共通)
約束 3rdアルバム『約束』収録曲 初収録
運命 12thシングル
Get The Star 13thシングル
ちいさな奇跡 14thシングル
Partition Love 15thシングル
月の気まぐれ 15thシングルC/W 映画『5つ数えれば君の夢』のダイジェスト 初収録
十字架〜映画「学校の怪談 -呪いの言霊-」Ver.〜 16thシングル
Killing Me Softly 今作収録曲 初収録
-Making Movie-(Type-Bのみ)
4th Album Making Movie ジャケ写撮影&「Killing Me Softly」PV撮影メイキング
-Special Movie-(Type-Bのみ)
おでかけムービー(台湾編) 台湾の観光&「Partition Love-中国語 Ver.-」レコーディング

リリースデータ

2014年6月4日 初登場23位 売上0.6万枚(300位集計) avex trax

メンバー

小西彩乃
山邊未夢
新井ひとみ
中江友梨
庄司芽生

東京女子流4thアルバム。通し番号TGS32〜40が収録されている。「Killing Me Softly」はデビュー曲より前に準備されていた曲とされ、番号は00となっている。「チム・チム・チェリー」は含まれているものの、「Get The Star」と「Last Forever」「月の気まぐれ」は通し番号外とされている。「Get The Star」と「Last Forever」は松井寛によるリミックスで収録され、生バンドでアレンジされたオリジナルバージョンはアルバム未収録となった。また「十字架」は先行シングルとして発売された際は主演映画タイアップのためにホラー感を増幅させた別アレンジが施されていたが、今作収録のアレンジがオリジナルとなる。12thシングル両A面曲だったものの女子流の曲ではないため新井ひとみと松島湾子名義による「ワンダフルスマイル」は未収録Type-A,B,Cで14,15曲目が異なる。Type-AはBlu-ray付、Type-BはDVD付となり、MUSIC VIDEOの収録内容までは共通。Type-Aには加えて「Partition Love」のショートムービー(PVではダイジェストになっているドラマ部分を収録した映像でシングルType-Aに収録)のメイキングを収録している。極端なイベント商法を辞めたためか、前年のツアー不調や松井寛以外のシングルが2作続いた事でコアファン離れを巻き起こしたのか、前作初動にすら及ばず、アルバム売上が初めて前作を下回った

前作まででかなりドスが効きすぎてきてしまったというか凝ったサウンドメイクは凝りすぎて聞き疲れするほどド派手になり楽曲の長尺化を招いた。このせいか派手さや長尺っぷりが落ち着いた今作最古のシングル「運命」が発売された際には帯に記載されたのが"東京女子流ど真ん中"などと形容される始末で(今作発売時には"New Jack Swing"というちゃんとした形容に変わっている)、完全に行き詰った感じがしていた。このためその後に番組企画もあってLUNA SEAのJ提供による生バンド演奏によるロックチューン「Get The Star」「Last Forever」が出た際は新鮮だったし、続く「小さな奇跡」はデビュー当時から定期的に手がけているアニメ「はなかっぱ」タイアップもあって、かなり久々のライトなポップスだった。これを挟んだ事で、松井寛アレンジに戻った際もリフレッシュされた感じがして非常にいい流れだなと思っていた。ただコアなファンやいわゆる"楽曲派"などと呼ばれる松井寛によるサウンドメイクを賛美していたリスナーの間では松井寛を離れたシングルが2つも続いたのは大不評で、大いなる迷走と捉えられていたようだ。さらに小西の長引く喉の不調や、新井ひとみ以外が何らかの不調を抱える事になった過酷な3rdツアーも重なって、セールス面での人気も頭打ちになったのがハッキリ数字に表れてしまう事となった…。

ということを今作を聞くまで知らずに(チャートレビュー辞めてから売上もほとんど気にしてなかったので)、単純に今回は前作よりいい流れでいい作品になるんじゃないかと期待していたんだけど、実際期待通りの傑作。新曲はどれも相変わらず凝ってはいるものの、前作までにあったようなやたらド派手で長いようなドスが効きすぎたナンバーは無く、むしろライトな耳障り。唯一松井寛が手がけていない「小さな奇跡」も前作にポンと入れたら浮いていただろうけど今作の流れの中ではそこまで浮いていない。ただロックに挑戦した「Get The Star」「Last Forever」だけは色が違いすぎるためか外されてしまい、リミックスに…。これはまあ「Outro」の後だし、ボーナストラックとして聞く分にはいいけど、バンドサウンドによるロックを想定してJが作った曲だけに松井寛によるアレンジはやっぱりリミックスでしかないかな…といった感じ。アルバム全体のバランスはカッコよさと聞きやすさのバランスが非常にいい感じなのでこのくらいのまま進んでいってほしいところだけど、どうも所属レーベルがエイベックス売上がガクッと落ちたとなると、今後が不安になってくる。なんか主演映画を急に2本も制作したり、何とか突破口を開こうとしているのか、内輪受けを狙っているのかよく分からない方向での活動もし始めたし…。まだまだ聞いていたいグループなので末永く続いてほしい。

DVDの方はPVとメイキングとおでかけムービーでたっぷりな内容。PVでは今作には収録されていない曲やシングルバージョンで聞けるのもポイント。「Partition Love」はショートムービー(歌詞に合わせて新井ひとみが教師に恋する模様を描いたメンバー5人出演のドラマ)の映像とリップシーンだけなのでダンスPVも作ってほしかったのと、「月の気まぐれ」は完全にタイアップ先主演映画の映像だけで構成しているのでPVとして収録しなくても別に良かった気がしなくもない。メイキングとおでかけムービーも大体いつも通りの構成だけど、満足な内容。

Killing Me Softly (CD+Blu-ray) (Type-A)Type-A(Blu-ray付)  Killing Me Softly  (CD+DVD) (Type-B)Type-B(DVD付)  Killing Me Softly (Type-C) (初回生産限定盤)Type-C  

印象度★★★★☆

戻る