REFLECTION(Type-A)

No タイトル 作詞 作曲 編曲 備考
1 Reflection[リフレクション] カミカオル Cho Sung Hwan,
Noh Young Won
中村祐介  
2 Never ever(TJO & YUSUKE from BLU-SWING Remix) 坂田麻美 佐川紘樹 TJO&YUSUKE 19thシングル 最高23位 売上0.3万枚
3 illusion(TJO & YUSUKE from BLU-SWING Remix) 庄司芽生,
坂田麻美
佐川紘樹 TJO&YUSUKE 8th7インチシングル 初CD化
4 White Snow YuReeNa RUSH EYE 中村祐介  
5 READY GO! 山邊未夢 Lee jeong won,
NOTTRUE
中村祐介  
6 Dear Friend 杉村喜光 中村祐介 中村祐介  
7 純白の約束 YuReeNa 7th Avenue 中村祐介  
8 YOU & I FOREVER(YUSUKE from BLU-SWING Mix) 坂田麻美 小澤正澄 中村祐介 リミックス
9 White Snow(Royal Mirrorball Mix) YuReeNa RUSH EYE 松井寛 松井寛 a.k.a.Royal Mirrorballによるリミックス
10 純白の約束(Royal Mirrorball Mix) YuReeNa 7th Avenue 松井寛 松井寛 a.k.a.Royal Mirrorballによるリミックス
11 ずっと 忘れない。(TJO & YUSUKE from BLU-SWING Remix) 黒須チヒロ 山元祐介 TJO&YUSUKE 4thアルバム『Killing Me Softly』収録曲 リミックス
Type-C、配信のみ
12 YOU & I FOREVER 坂田麻美 小澤正澄 松井寛 オリジナルバージョン

DVD(Type-Aのみ)
Document Movie 2015

リリースデータ

2015年12月23日 初登場41位 売上0.3万枚 avex trax

メンバー

小西彩乃
山邊未夢
新井ひとみ
中江友梨
庄司芽生

東京女子流5thアルバム。シングル「Never ever」リリース直後の6月下旬に小西彩乃が腰痛療養のため活動休止を突如発表。4人での活動を余儀なくされたが9月には体調不良により引き続き休止になることが発表された。当初「Never ever」を中心としたミニアルバムという構想も発表されていたが、小西休止延長により予定が変更になったようで、発売が年末にずれ込み今作はフルアルバム扱いとなった。リミックスとオリジナルが混在したアルバムとなり、「Never ever」「illusion」はオリジナルバージョンがアルバム未収録(「illusion」は未CD化)となった。またシングル「Never ever」より前に発売されたシングル「Stay with me」は未収録。活動休止中の小西彩乃は今作の制作には不参加で、ジャケットやブックレットの写真も4人となっているがメンバーとしては5人がクレジットされている。また「Never ever」と前作収録曲のリミックスである「ずっと 忘れない。」は休止前発表の楽曲のため小西も参加している。そして今作発売の5日後の12月28日に小西彩乃が正式に脱退を発表した。Type-Aは2015年のドキュメントを収録したDVD付。Type-Bはフォトブック付属。Type-Cは松井寛によるオリジナルアレンジの「YOU & I FOREVER」が追加収録されている。全種スマプラミュージック対応。2週目には300位圏外となり、最低売上を更新した。今回入手したのはType-A、また配信サイトmoraで「YOU & I FOREVER」をDLして聞いた。

今作では中村祐介をメインアレンジャーに招いている。「Never ever」「illusion」はオリジナルバージョンは松井寛だが、中村祐介によるリミックスが共にA面扱いされてシングル、アナログとして発売され、オリジナルバージョンはC/W扱い、未CD化というおざなりな扱い。今作は主に以下の3パターンの楽曲が混在している。

・中村祐介アレンジがオリジナルでそれしか発表されてない楽曲(「READY GO!」「Dear Friend」)

・中村祐介アレンジがオリジナルで松井寛がリミックス扱いの楽曲(「White Snow」「純白の約束」)

・松井寛アレンジがオリジナルで中村祐介がリミックス扱いの楽曲(「Never ever」(未収録)、「illusion」(未CD化)、「ずっと 忘れない。」(前作収録)、「YOU & I FOREVER」(Type-A、配信のみ))

これまでとは全く違う今風な作品。「Never ever(TJO & YUSUKE from BLU-SWING Remix)」がかなり攻めたEDM風の楽曲だったのでEDMに染まったのかと思いきや、そこまで電子音攻めではなく、意外と軽やかな打ち込みダンスミュージックといった明るい仕上がりに。正直最初からこういう音楽性だったら全く興味を持たなかったと思うし、完全にこういう作風に転換するとなるとどうかとは思うけど、近年の東京女子流に圧倒的に欠けていたライトさ、明るさ、軽やかさが今作にある。聞きたかったのはこういう明るさだった!と妙に納得してしまった。歌詞にしても作風にしてもメンバー世代が好きそうな路線なので、メンバー間でも新鮮さとこういうのもやりたかった!という思いがあったんじゃないかとも思うんだけど(さすがに今までより好きとか言うわけにもいかないせいか今回は「等身大」とかやたら言ってたし)、それでもこれでさて次どうするかっていう過渡期なアルバムにはなりそう。

あと「YOU & I FOREVER」のType-Cと配信でしか聞けないオリジナルバージョンは松井寛アレンジなんだけど、こういうのをもっとやってほしかった!を地で行くようなさわやかな仕上がり。「Never ever」のオリジナルは正直イマイチでこれはリミックスをメインにして正解だと思ったし、「White Snow(Royal Mirrorball Mix)」も「純白の約束(Royal Mirrorball Mix)」も中村アレンジの方がいいと思ったんだけど、「YOU & I FOREVER」はこれぞ聞きたかった松井サウンドによる明るくポップで軽やかな東京女子流であり、やはり松井寛から完全に離れるのは惜しいなと感じた。これは作曲を担当した小澤正澄(元PAMELAH)の貢献も大きいと思うけど、2ndアルバム以降凝りすぎ&ドス効きすぎ&長尺連発しすぎで明るさとか軽やかさを捨て去ってしまった(松井アレンジ以外でやってはいたけど)のもあってか、気がついたら1stアルバムの頃スゲースゲー言ってたリスナーは大半が消失し、いつの間にか注目されなくなってたみたいだし…。近年はあまり売上とかチャート的なものに意識は向けていなかったんだけど、今作はついに近所のレンタル屋から追放されてたので、そういう段階(レンタル屋が採算取れないから入荷不要と判断するレベル)にまで聞かれなくなっているということは実感した。

Type-A ドキュメントDVD
1週間前に発売された『TOKYO GIRLS' STYLE 5th Anniversary LIVE-キラリ☆ into the new world-』には収録されていなかったこのライブのメイキング&ドキュメントとBlu-ray版特典の上海、ロンドン、台湾でのライブの別角度(現地でのライブの舞台裏中心)のドキュメントとメンバー4人の個人インタビューを収録した100分越えの長編映像。

前半の5周年ライブのメイキングや単独インタビューでは小西彩乃も登場。単独インタビューではさすがにそれなりに意欲も語っているんだけど、ライブへ向けて自分たちの意見を反映させようとメンバーが意見を出し合う中で小西の存在感が妙に小さいのは編集のせいなのか本当にあまり意見を出していないからなのか…。その後、急に小西が休止になったと知らされての海外イベントライブ参加でも(さらっと本人じゃなくてスタッフ経由で休止聞いたし、当初の理由だった腰痛にしても休止になるくらい腰の調子が悪いみたいな話は全く聞いてなかったとか語られている)、小西不在を乗り越えていく様子をメインにしていて、Blu-ray特典のオフショット映像とは一部映像が被っているものの見せ方が異なっている。インタビューではあくまで小西が戻るまで4人で続けていく、戻るのを待っているという主張が繰り返され、メンバー各個人の成長が映し出されているが、休止が長引いているこの時点で小西が精神的に心折れて休止状態にあることは薄々感じられていたので、こんなん見たらプレッシャーかかかりすぎて逆に戻りにくくなるんじゃないか…

と、思っていたら今作発売の5日後にほぼ予想通りの理由で小西が脱退を表明して即刻引退してしまった。小西復帰を待っているという主張(インタビュー当時は脱退は当然決まっていなかったとは思うけど)を繰り返すことで、結果的には脱退理由が浮かび上がるという仕様になった。これを見ると小西の穴を埋めようと必死に団結してより成長した4人の元に自信を失って休止した小西が戻っても到底追いつけそうにない…と思えてしまう。そんな作りになっているのは偶然なのか、狙ったのか。

REFLECTION(CD+DVD+スマプラ)(初回生産限定盤)Type-A(DVD付)  REFLECTION(CD+スマプラ)(初回生産限定盤)Type-B(フォトブック付)  REFLECTION(CD+スマプラ)Type-C(1曲多い) 

印象度★★★★☆

2016.2.8更新

戻る