A Tide of New Era

No タイトル 作詞 作曲 編曲 備考
アゲハ RYUICHI H.Hayama Tourbillon 4thシングル 最高21位 売上1.1万枚
Saturation INORAN INORAN Tourbillon  
Innocence INORAN INORAN Tourbillon  
selfish INORAN INORAN Tourbillon 4thシングル両A面曲
Don't Hold Your Feeling INORAN INORAN Tourbillon  
Nameless Greenness H.Hayama H.Hayama Tourbillon  
Lost World RYUICHI RYUICHI Tourbillon  
I'm just a Mermaid H.Hayama H.Hayama Tourbillon  
Lily INORAN INORAN Tourbillon  
10 瞬くように RYUICHI RYUICHI Tourbillon  
11 Karma   INORAN,H.Hayama Tourbillon インスト
12 Breezy Night Journey RYUICHI RYUICHI Tourbillon  
13 雨のリボン RYUICHI INORAN Tourbillon  

※初回盤は14曲目『眠りの森の君』収録

リリースデータ

2006年11月8日 初登場15位 売上1.1万枚 Produced by Tourbillon エイベックス

メンバー

Vocal RYUICHI
Guitar INORAN
All Keyboards&Programings H.Hayama

Tourbillon2ndアルバム。先行シングル1作2曲を収録。初回盤にはボーナストラック『眠りの森の君』が収録されており全14曲。このアルバムを引っさげてのライブの後は各々のソロ活動や、LUNA SEA復活、再結成など別の話題が相次ぎ、Tourbillonとしての活動が無くなってしまう。07年はリリースが無く、08年に「仮面ライダーキバ」の主題歌をキバ側からの強い依頼で引き受けるも楽曲はキバ側が用意したものでTourbillonとしてはアレンジに参加したのみでプロモーションも特に行わなかった。Tourbillonにとって初のトップ10入りヒットとなったが、結局それを最後に特に宣言も無く、自然消滅状態となった。ただし河村隆一のソロにおいては以降もメインアレンジャーに葉山を起用し続け、INORANが参加することもあった。またデビュー10周年となる2015年に唐突に復活し、新曲3曲を含むベストアルバムを発売しライブも行った。

ライブを意識したらしく、前作よりも打ち込みが減ってロックバンドっぽくなった。これはH.HayamaではなくINORANの曲が大半を占めているのも影響しているのかもしれない。ただし前作のように打ち込みを駆使してDJを起用した曲もある。反面売れ線を避けるように(前作もそんなに売れ線じゃなかったけど)キャッチーな曲が無く、かなり硬派な内容。先行シングルの両A面2曲もシングルにしては、聞き込んでようやく良さが見えてくるような曲だった。全体的にかっこいいロックが展開しているが、パッと聞きはそんなに印象は強くない。これで活動が実質無くなってしまうので、LUNA SEAとは違う彼らが新たに目指したロックは今作でやり尽くして完成形となったのだろうか。

A Tide of New Era

印象度★★★☆☆

戻る