HEART OF SUMMER

No タイトル 作詞 作曲 編曲 備考
1 セイリング・ラヴ 長戸秀介・織田哲郎 織田哲郎 長戸大幸 織田哲郎&9th IMAGE「スパーキング・ラブ -胸につのる想い-」の改題曲
2 渚でキッス 前田亘輝 長戸大幸 長戸大幸  
3 涙のハーバーライト 三浦徳子 鈴木キサブロー チューブ 1stシングルC/W(当時のレコード盤のみ)
4 ベストセラー・サマー 三浦徳子 鈴木キサブロー 武部聡志・
鈴木キサブロー
1stシングル 最高13位 売上11.4万枚
5 ミッドナイト・ビーチ 長戸大幸 中島正雄 長戸大幸  
6 ピンナップ・サーファーガール 前田亘輝 春畑道哉 チューブ  
7 ONJUKU-OUHARA-TAITOU抜けて 前田亘輝 前田亘輝 チューブ  
8 オールサマー・ロング 前田亘輝 前田亘輝 チューブ  
9 デビル・ウーマン 亜蘭知子 長戸大幸 長戸大幸  
10 サンディー 亜蘭知子 織田哲郎 長戸大幸 織田哲郎&9th IMAGE「Sandy」の改題曲

リリースデータ

1985年7月1日
1991年7月1日(SRCL盤)
2003年7月2日(AICL盤)
最高29位(LP)、最高26位(CT)
CDは100位圏外
売上2.7万枚(LP)、売上2.6万枚(CT) Produced by 長戸大幸 CBSソニー

メンバー

Vocal 前田亘輝
Guitar,Keyboard,Chorus 春畑道哉
Bass,Chorus 角野秀行
Drums 松本玲二

The TUBE1stアルバム。85年6月1日にデビューし、1ヵ月で今作がリリースされた。当時はバンド名に「The」がついていた。当時からCDでも発売されているようだが(32DH-259という品番)、CD普及前だったためLPとCTでのチャートイン記録しか残っていない。91年7月に当時そこまでのCDが一斉に再発されており、品番がSRCLに改められた。さらに03年にはそれまでの旧作が全てAICLの品番に改められて再発されている。そのためCDだけで3つの品番(85年発売32DH、91年発売SRCL、03年発売AICL)として今作が存在するが、一切のリマスタリングはされていないようで、単に規格番号が変更されたのみである。1stシングルに関してはEPのみの発売だったようで、89年に8センチCDで発売されているが、C/Wが2ndシングル「センチメンタルに首ったけ」に差し替えられている。

デビューの際に既にビーイング側はサザンをヒントにして「夏バンド」という軸だけは定めていたようで、1stの時点で夏全開。ただ前田の声が非常に若くてハスキーなので別人のようだ。90年代以降のビーイングでは総合プロデューサーとしてクレジットされるだけで直接の作編曲には参加しない長戸大幸も積極的に参加。長戸が信頼していたという織田哲郎を筆頭に、当時のビーイングの総力を結集していたようで、メンバーも曲は書いていたらしいが、まだ実力が追いつかずほとんど採用されなかったと後に語っている(02年発売のTUBE著「終わらない旅」より)。ところがまだビーイングとしてのヒット実績がほとんど無く、自信が無かったのか肝心のシングル曲だけ外部委託という形を取っている。アルバム全体ではエロティックな「ベストセラー・サマー」だけが浮いている印象。他の曲はもっとさわやかなバンドポップが並んでいるので、何でこんな珍妙な曲をシングルにしたのか今となっては大いに謎だが、結果的にヒットしているので当時はそれが正解だったのだろう。「ベストセラー・サマー」に近い路線ばかりだと思っていたので、個人的には予想していたよりもさわやかでいい作品だと感じた。やはりこの中では織田哲郎の才能が光っているのが分かる。今の感覚では1番シングルっぽいのは「セイリング・ラヴ」だと思う。メンバーもこの初期の頃は特に織田哲郎の実力を前にすると自身の楽曲の未熟さを悟るしか無かったようだが、「ピンナップ・サーファーガール」90年代以降の定型パターン(作詞:前田、作曲:春畑、編曲:TUBE)で制作されている。この曲は確かに後に比べるとまだまだではあるけど、後追いで聞くとこの中ではかなりTUBEっぽいと感じる1曲で、原石のような曲だ。

ただいかんせん音が古い。80年代特有の妙に絞られたギターサウンド、ドラムばかりがドタドタと目立つせいで、スカスカに聞こえるサウンドもそうだが、音が極小貧弱。リマスターどころか音量調整すら恐らく85年当時から行っていないと思われる(今作自体は91年盤を聞いて、03年盤は聞いていないが『TUBEST』03年再発盤にさえ音量調整の形跡が無かったので)。この時期に活躍して今は現役を退いたソニーの人気アーティストはとっくにリマスター再発やらベスト乱発、BOX発売などのオンパレードだというのに、現役で活動し続けているTUBEが旧作をかろうじて廃盤にしないだけで放置したままというのは…。

ハート・オブ・サマー ←91年発売盤  ハート・オブ・サマー 03年現行盤 

印象度★★★☆☆

戻る