Only Good Summer

No タイトル 作詞 作曲 編曲 備考
1 僕達だけのSummer Days 前田亘輝 春畑道哉 TUBE  
2 Tシャツの恋 前田亘輝 春畑道哉 TUBE  
3 Only You 君と夏の日を 前田亘輝 春畑道哉 TUBE 23rdシングル 最高9位 売上31.6万枚
4 Only Good Times 前田亘輝 春畑道哉 TUBE  
5 Tha Last of IKE-IKE(最期のウルトラ) 前田亘輝 春畑道哉 TUBE  
6 猛烈'96 前田亘輝 春畑道哉 TUBE  
7 Naturally 前田亘輝 春畑道哉 TUBE  
8 Happy Birthday 前田亘輝 春畑道哉 TUBE  
9 Tomorrow's Dream 前田亘輝 春畑道哉 TUBE  
10 夏の終わりに… 前田亘輝 春畑道哉 TUBE  
11 Someday 前田亘輝 春畑道哉 TUBE  

リリースデータ

1996年6月10日
2003年7月2日(再発)
初登場1位 売上61.3万枚 Produced by TUBE ソニー

メンバー

Vocal 前田亘輝
Guitar・Keyboard 春畑道哉
Bass 角野秀行
Drums 松本玲二

TUBE16thアルバム。オリジナルアルバムとしては1年ぶりと例年通りのペースだったが、ベストアルバム『TUBEst U』からはわずか2ヶ月でのリリース。前年までのシングルは『TUBEst U』にすべて収録されており、5月にリリースされた先行シングル「Only You 君と夏の日を」が収録された。『TUBEst U』がトップ10前後でロングヒットしている最中に発売されたため、1位こそ獲得したものの、前後のオリジナルアルバムよりも低い累計売上となってしまった。ただしオリジナルアルバムでの1位獲得はこれが最後。また初回盤は3Dカードとツアースケジュールカレンダー封入だったが、これまでと異なり品番は同じだったため1種発売扱いされている。03年にはAICL品番で一斉再発されているが、音源は全てそのままでリマスターはされていない。

ベスト盤からわずか2ヶ月、ヒットシングルを並べたベスト盤にも負けない勢いのアルバムを作ろうという気合が入っていたのか、力作揃いの傑作。イケイケ路線の「Tha Last of IKE-IKE(最期のウルトラ)」も以前より大幅にパワーアップしているが、後年のような中年の悪ノリっぽい感じが無いし、アルバム全体の印象もこれまで以上にロックに攻めていて爽快さが増しているように思う。特に「Only You 君と夏の日を」の爽快さはTUBEのシングルの中でもトップクラスの勢いを感じられて好きな1曲だ。次回作以降で連発していた夏タイトルを辞めたり、シングルで出す曲にしても少しイメージを変えていくようになるので、90年代になってからストレートに夏ソングを極めてきたTUBEの1つの到達点が今作なんじゃないかという印象もある。今作以降にも好きなアルバムはあるけど、ここまで築き上げてきた王道のTUBEのアルバムとしては今作が最高傑作だと思う。

Only Good Summer03年盤   Only Good Summer 

印象度★★★★★

戻る