Remember Me

No タイトル 作詞 作曲 編曲 備考
1 Remember Me 前田亘輝 栗林誠一郎 明石昌夫 8thシングル 最高12位 売上6.3万枚
2 HA・DA・KAでいこう 亜蘭知子 春畑道哉 春畑道哉  
3 あとの祭り〜After Carnival〜 亜蘭知子 織田哲郎 織田哲郎  
4 Don't Think,It's All Right 前田亘輝 鈴木キサブロー 中島正雄  
5 Keeping The Face 前田亘輝 春畑道哉 春畑道哉  
6 After The Rain 松本玲二 清岡千穂 中島正雄  
7 I Think of You 春畑道哉 春畑道哉 春畑道哉  
8 Heart of Rock'n Roll 前田亘輝 前田亘輝 TUBE  
9 Lonely Revolution 亜蘭知子 織田哲郎 織田哲郎  
10 See You Again 森山進治 織田哲郎 織田哲郎  

リリースデータ

1988年12月21日
1991年7月1日(SRCL盤)
2003年5月2日(AICL盤)
初登場10位 売上7.8万枚 Sound Produced by TUBE
Produced by 長戸大幸
ソニー

TUBE8thアルバム。20日前にリリースされた先行シングル「Remember Me」を収録。前作リリース直後の5月にベース角野が交通事故を起こし(同乗していた交際していた女性が死亡)、解散も含めて話し合った結果、TUBEは活動を継続、角野は活動休止となった。今作に角野は参加しておらず、このためか今作にはメンバー表記そのものが記載されていない。またゲストミュージシャンはクレジットされているものの、アコギとパーカッションとコーラスのみで、当時ライブでは角野の代役でベースを担当していた栗林誠一郎の演奏参加を示すクレジットはない。ジャケットやブックレットのアートワークに写真は使用されず『BOYS ON THE BEACH』以来となるわたせせいぞうのイラストが使用された。また提供曲は今作が最後となり、同時に夏と冬の年間アルバム2作リリースという活動形態も今作をもって終了し、以降は夏のみとなった。なお今作以降の冬発売のオリジナルアルバムは07年『WINTER LETTER』のみ。91年にSRCL品番で一斉再発、03年にはAICL品番で一斉再発されているが、音源は全てそのままでリマスター等はされていない。

後追いで聞くと角野が参加していない事はよく分からないが、よく見るとジャケットの冬の海のイラストでは椅子が4つあるのに1つ空席になっており、男性3人、サーフボードも3つとなっている。ブックレット内部でも男性3人のイラストが他に2枚あるのが当時の状況を暗示しているようだ。一方で曲の序盤は単なる応援歌のような言葉が並んでいるものの曲終盤に出てくる"あせることないぜ""君のかわりは""誰にもできないから"といったフレーズから休養中の角野に捧げたと思われる「Keeping The Face」が入っているように、角野の復帰は信じていたようでブックレット内の最後は4人でのイラストになっていたり、ブックレット裏のイラストはジャケットのイラストと場所は同じながら季節や天候や時間が変わっており、サーフボードを掲げた3人に向かって手前からサーフボードを掲げた4人目の男性がやってくるといった角野復帰を暗示するようなイラストになっている。

角野休養だけでなく、提供曲が今作をもって終わる冬発売が今作で終わる、といった1つのターニングポイントでもある今作。作風自体はこれまでとさほど大きな変化はないが、冬発売らしくややバラードを中心に落ち着いた曲が多いか。「Remember Me」はシングルでは初の本格的バラード。これまでもバラードナンバー自体はあったけど、TUBEのもう1つの軸であり魅力でもあるバラードが初めて表に出てきたということでTUBEバラードの始まりというとこの曲が浮かぶ。冬発売のオリジナルアルバムは総じて夏のアルバムに比べてガクッと売れなかったみたいだけど、今作以降もたま〜にやれば面白かったのになとは思う。

リメンバー・ミー03年盤   

印象度★★★☆☆

戻る