Say Hello

No タイトル 作詞 作曲 編曲 備考
1 Say Hello 前田亘輝 春畑道哉 TUBE  
2 Dream Of Love 前田亘輝 春畑道哉 TUBE  
3 イケ イケ'93 前田亘輝 春畑道哉 TUBE  
4 あずけてごらん 前田亘輝 春畑道哉 TUBE 全員ボーカル曲 17thシングル『だって夏じゃない』C/W(カット)
シングルでは"本気ヴァージョン"として前田単独ボーカル
5 この胸のRainbow 前田亘輝 春畑道哉 TUBE  

リリースデータ

1993年4月21日
2003年7月2日(再発盤)
初登場4位
-
売上31.9万枚
-
Sound Produced by TUBE
Produced by 長戸大幸
ソニー

メンバー

ボーカル 前田亘輝
ギター 春畑道哉
ベース 角野秀行
ドラムス 松本玲二

TUBE2ndミニアルバム。93年第1弾リリース。2年連続のミニアルバムとなり、前年同様に4月にミニアルバム、5月に先行シングル、6月にフルアルバム、7月にシングル(オリジナルアルバム未収録)というリリースパターンだったが、ミニアルバムのリリースは今作が最後となった。また今作よりレコーディングがT's studio、STUDIO BIRDMANだけでなく、ハワイのホノルルでも行われるようになった。「イケ イケ'93」のラストでMCをしているのはメンバーでは無く、サポートメンバーの伊藤一義(クレジットされており、MCで名乗ってもいる)。「あずけてごらん」ではサビ以外(サビは前田のソロボーカル)の平メロ4ブロックをメンバー4人それぞれがソロで歌唱している初の全員ボーカル曲となった。この曲は7月のシングル「だって夏じゃない」C/Wにて「あずけてごらん(本気ヴァージョン)」という前田単独ボーカルでシングルカットされている。03年にはAICL品番で一斉再発されているが、音源は全てそのままでリマスターはされていない。

今作では歌謡曲やラテン路線が無く、聞き手を元気づけるようなさわやかなTUBEを押し出した内容になっている。「イケ イケ'93」はタイトル通りイケイケ路線で終盤に謎のMCが入るなどテンションが高く随所に遊び心が見られるものの他のイケイケ路線曲に比べると案外そこまでふざけていない。前年の「ノッてけ'92」はナインティトゥーと英語で歌っていたのに、今回は'93を"きゅうじゅうさんねん"とまんま日本語で歌っているという変化も。これ以外はさわやか路線で、メンバー全員ボーカルの「あずけてごらん」もノリノリの曲かと思いきや大マジのアコースティックバラード。『納涼』ではおふざけ路線の方がメインになりかけていたので、さわやか路線メインの今作を続けて聞いたらけっこう安心した。楽曲単体としては前ミニアルバムの「Smile」の方が「Say Hello」より好きだけど全体では今作の方が好印象。

Say Hello03年再発盤  Say Hello  

印象度★★★★☆

戻る