Best of TUBEst〜All Time Best〜(初回盤)

Tropical
No タイトル 作詞 作曲 編曲 発売年・備考
1 シーズン・イン・ザ・サン 亜蘭知子 織田哲郎 織田哲郎 1986 3rdシングル 最高6位 売上31.0万枚
2 SUMMER DREAM 亜蘭知子 織田哲郎 織田哲郎 1987 5thシングル 最高3位 売上21.9万枚
3 Beach Time 亜蘭知子 織田哲郎 織田哲郎 1988 7thシングル 最高4位 売上17.7万枚
4 N・A・T・S・U 前田亘輝 春畑道哉 TUBE 1990 10thアルバム『N・A・T・S・U』収録曲
5 湘南 My Love 前田亘輝 春畑道哉 TUBE 1991 12thシングル 最高7位 売上22.3万枚
6 夏だね 前田亘輝 春畑道哉 TUBE 1992 14thシングル 最高2位 売上65.0万枚
7 夏を待ちきれなくて 前田亘輝 春畑道哉 TUBE 1993 16thシングル 最高1位 売上79.7万枚
8 夏を抱きしめて 前田亘輝 春畑道哉 TUBE 1994 18thシングル 最高1位 売上93.9万枚
9 ゆずれない夏 前田亘輝 春畑道哉 TUBE 1995 21stシングル 最高2位 売上44.7万枚
10 Only You 君と夏の日を 前田亘輝 春畑道哉 TUBE 1996 23rdシングル 最高9位 売上31.6万枚
11 Let's go to the sea〜OASIS〜 前田亘輝 春畑道哉 大島こうすけ
・TUBE
2004 40thシングル 最高5位 売上3.0万枚
12 ジラされて熱帯 前田亘輝 春畑道哉 TUBE 2005 25thアルバム『TUBE』収録曲、DVDシングル(カット)
13 SUMMER TIME 前田亘輝 春畑道哉 鳥山雄司 2015 57thシングル 最高5位 売上2.2万枚

 

Unique
No タイトル 作詞 作曲 編曲 発売年・備考備考
1 ベストセラー・サマー 三浦徳子 鈴木キサブロー 武部聡志・
鈴木キサブロー
1985 1stシングル 最高13位 売上11.4万枚
2 センチメンタルに首ったけ 三浦徳子 鈴木キサブロー 長戸大幸 1985 2ndシングル 最高64位 売上0.9万枚
3 ダンス・ウィズ・ユー 亜蘭知子 栗林誠一郎 長戸大幸 1987 6thシングル 最高3位 売上11.4万枚
4 あー夏休み 前田亘輝 春畑道哉・
前田亘輝
TUBE 1990 11thシングル 最高10位 売上23.6万枚
5 ウルトラバイオレットNo.1 前田亘輝 春畑道哉 TUBE 1991 11thアルバム『湘南』収録曲
6 さよならイエスタデイ 前田亘輝 春畑道哉 TUBE 1991 13thシングル 最高3位 売上57.5万枚
7 裸天女〜Latin Girl〜 前田亘輝 春畑道哉 TUBE 1992 1stミニアルバム『Smile』収録曲
8 ガラスのメモリーズ 前田亘輝 春畑道哉 TUBE 1992 15thシングル 最高5位 売上65.6万枚
9 湘南盆踊り 前田亘輝 春畑道哉 TUBE 1992 15thシングルC/W
10 だって夏じゃない 前田亘輝 春畑道哉 TUBE 1993 17thシングル 最高1位 売上61.9万枚
11 恋してムーチョ 前田亘輝 春畑道哉 TUBE 1994 19thシングル 最高6位 売上36.9万枚
12 海の家 前田亘輝 春畑道哉 TUBE 2004 24thアルバム『夏景色』収録曲

 

Ballad
No タイトル 作詞 作曲 編曲 発売年・備考備考
1 Remember Me 前田亘輝 栗林誠一郎 明石昌夫 1988 8thシングル 最高12位 売上6.3万枚
2 Stories 前田亘輝 春畑道哉 TUBE 1989 10thシングル 最高21位 売上3.7万枚
3 十年先のラブストーリー 前田亘輝 春畑道哉 TUBE 1991 11thアルバム『湘南』収録曲
4 君となら 前田亘輝 春畑道哉 TUBE 1992 12thアルバム『納涼』収録曲
5 抱きしめてAgain 前田亘輝 春畑道哉 TUBE 1993 13thアルバム『浪漫の夏』収録曲
6 もう負けないよ 前田亘輝 春畑道哉 TUBE 1994 14thアルバム『終わらない夏に』収録曲
7 Purity〜ピュアティ〜 前田亘輝 春畑道哉 TUBE 1997 25thシングル(カット) 最高33位 売上2.9万枚
8 きっと どこかで 前田亘輝 春畑道哉 TUBE・
池田大介
1998 28thシングル 最高2位 売上42.2万枚
9 風に揺れるTomorrow 前田亘輝 春畑道哉 TUBE 2002 38thシングル 最高8位 売上4.9万枚
10 プロポーズ 前田亘輝 春畑道哉 TUBE 2004 42ndシングル 最高8位 売上6.8万枚
11 a song for love 前田亘輝 春畑道哉 TUBE 2005 25thアルバム『TUBE』収録曲
12 最後のLove Song 前田亘輝 春畑道哉 TUBE 2010 30thアルバム『Surprise!』収録曲

 

Exciting
No タイトル 作詞 作曲 編曲 発売年・備考備考
1 Hot Night 織田哲郎 織田哲郎 春畑道哉 1988 7thアルバム『Beach Time』収録曲
2 Keeping The Face 前田亘輝 春畑道哉 春畑道哉 1988 8thアルバム『Remember Me』収録曲
3 夏よ走れ 前田亘輝 春畑道哉 TUBE 1991 11thアルバム『湘南』収録曲
4 Smile 前田亘輝 春畑道哉 TUBE 1992 1stミニアルバム『Smile』収録曲
5 この胸のRainbow 前田亘輝 春畑道哉 TUBE 1993 2ndミニアルバム『Say Hello』収録曲
6 浪漫の夏 前田亘輝 春畑道哉 TUBE 1993 13thアルバム『浪漫の夏』収録曲
7 傷だらけのhero 前田亘輝 春畑道哉 TUBE 1994 14thアルバム『終わらない夏に』収録曲
8 Horizon 前田亘輝 春畑道哉 TUBE 1994 14thアルバム『終わらない夏に』収録曲
9 終わらない夢に 前田亘輝 春畑道哉 TUBE 1994 14thアルバム『終わらない夏に』収録曲
10 You'll ve the champion 前田亘輝 春畑道哉 TUBE 2001 34thシングル『月と太陽』C/W、21stアルバム『Soul Surfin' Crew』収録曲
11 涙を虹に 前田亘輝 春畑道哉 TUBE 2004 43rdシングル両A面曲 最高5位 売上5.0万枚
12 Miracle Game 前田亘輝 春畑道哉 大島こうすけ
・TUBE
2004 44thシングル 最高10位 売上2.3万枚
13 太陽のサプライズ 前田亘輝 春畑道哉 TUBE・佐藤晶 2010 30thアルバム『Surprise!』収録曲

 

初回盤DVD
30th Summer-Precious Video Collection-
No タイトル 備考
1 BEACH PARTY VOL.2(Special medley)[Documentary Video(1987)]
BOYS ON THE BEACH〜ス・テ・キなサタデーナイト〜ピンナップ・サーファーガール〜
MORNING CALL FROM THE BEACH〜シーズン・イン・ザ・サン〜Tears
アコースティックメドレーによるドキュメント映像
2ndビデオ『SUMMER DREAM』収録映像
2 SUMMER DREAM[Video Clip](1987) 5thシングルPV 2ndビデオ『SUMMER DREAM』収録映像
3 Beach Time[Video Clip](1988) 7thシングルPV 5thビデオ『5th Summer』収録映像
4 あー夏休み[Video Clip](1990) 11thシングルPV 7thビデオ『N・A・T・S・U』収録映像
5 湘南 My Love[Video Clip](1991) 12thシングルPV 9thビデオ『暑中見舞』収録映像
6 さよならイエスタデイ[Video Clip](1991) 13thシングルPV 10thビデオ『夏だね//さよならイエスタデイ』収録映像

リリースデータ

2015年7月15日 初登場2位 売上11.2万枚 Sony Music Associated Records

メンバー

Vocal 前田亘輝
Guitar 春畑道哉
Bass 角野秀行
Drums 松本玲二

TUBE4thベストアルバム。バラードベスト含めて通算6作目。『TUBEst』シリーズとしては00年以来4作目となるが、過去3作の続編ではなくデビュー30周年を記念したオールタイムベストアルバム。バンド名の頭文字からTropical、Unique、Ballad、Exitingに分けて全50曲を選曲している。過去5作のベスト盤ではプロデュース表記があったが今作は初めてプロデュース表記が無い。またSpecial Thanksとして長戸大幸がクレジットされているがこれは08年以来となる。リマスターはソニーの鈴木浩二が担当。楽曲解説は無いが、歴代&現役スタッフによるコメント集が封入されている。初回盤は87〜91年のVHS/LD等でリリースされたままDVD/Blu-ray化されていない初期の映像作品の中から6作を初DVD化。音源はリマスタリングされたものを使用している。1位こそ逃したものの、久々にトップ10に5週ランクインするなど好調で『TUBE』以来10年ぶりに10万枚を突破した。2015年12月15日〜2016年2月末までジャケットを冬仕様に変更したスリーブケース付属のウィンターパッケージ仕様で出荷された(通常盤のみ)。

30年のオールタイムなのに前半15年の曲が38曲で、後半15年の曲は12曲しかない(06年以降は3曲)という偏った選曲は本当にそれで良かったのか?とどうしても思ってしまう。2013、2014年に新作を出さなかったとはいえそこまで27年間休まずにアルバムをリリースし続け、20周年も25周年ももっと売れていたであろう時期にベスト盤に走らずに現役にこだわってきたTUBEが最近の曲をここまでおろそかにするものだろうか。30周年で懐かし需要を狙うことで開き直ったのかもしれないが、「Produced by TUBE」になっていない(プロデュース表記なし)のと関係があるのかないのか…。

4枚組なのでかなり重量級だが、各DISC収録時間ははかなり余裕を残していてどれも60分前後。4枚の余った収録時間だけでCD1枚分(80分)を少し越える。1枚あたりを長くしすぎずに適度な曲数に抑えたので、昨今の入るだけ詰め込んだ重量級ベストよりは案外聞きやすい。しかしあの曲が無い、この曲が無いを言えば正直キリが無い。まずもって00年代ダントツ最大のヒットシングル「虹になりたい」が未収録だし、最新作「SUMMER TIME」を除くとシングルで1番新しいのが「Miracle Game」になってしまい11年も前の曲(DVDシングル「ジラされて熱帯」を入れても05年なので10年前)になってしまうとか、アルバム曲では2010年の「太陽のサプライズ」「最後のLove Song」が最新だけどその次は05年の「ジラされて熱帯」と「a song for love」になってしまう。いくらなんでも直近10年を冷遇しすぎだ。後半15年からも自信を持ってもっと選曲して欲しかったし、こうなるならシングル58曲並べるだけで良かったと思う。同じ4枚組で収録しきれたはずだ。C/Wやアルバム曲はファン投票でもやってリクエストベストとして別に出せばどこからも文句は出なかったと思う。

このため前半15年のシングル曲が網羅できる『TUBEst』3作を既に所持していてその続きを聞きたい場合、『TUBEst』3作以降のシングルは6曲しかないので今作ではその役目をほとんど果たせない。何せ厳密には前半15年どころか前半10年に偏っているので『TUBEstV』の時期でもうかなりすっ飛ばされている。どちらかというと『TUBEst』『TUBEstU』の頃のシングルを改めて聞き直して同時期(主に『TUBEstU』の頃)のアルバム曲を新たに大量に聞ける、という感じになる。

それでも圧倒的にしょぼかった80年代の楽曲がリマスターされたのは大きいし、最近TUBEから遠ざかっていて改めて懐かしくあの頃をもう1度聞き直したいリスナーはドンピシャ。TUBEは良く知らないけど1番人気があった頃中心(≒最近)にたっぷりと聞いておきたいリスナーにもお勧めできるベスト盤だ。

Tropical
「T」から始まるそれらしき英単語が無くていきなり苦しいネーミングとなっているが、セールス的に最も成功した夏、爽快、さわやかな曲が並んでいる。ほぼシングルのみで構成されており、とりあえず聞いておきたい王道のヒット曲が一気に聞ける。TUBEを聞くならまずはここから!といった趣き。「湘南 My Love」が何故かバラードじゃなくてここに入っているのはまだいいとして、00年代になった途端「Let's go to the sea〜OASIS〜」「ジラされて熱帯」というユニーク枠の続きみたいな曲を選曲し始めるので急にノリが変わってしまう。ただでさえ冷遇されている00年代の代表がそれでいいのか、そこがちょっと違和感。

Unique
TUBEはかなりぶっ飛んだイケイケな曲を主にアルバム内でけっこうやっていてそれらを集めた内容…と思ったら、さわやか爽快と双璧を成すTUBEもう1つの王道路線であるラテン歌謡までユニーク扱いされてしまった…。これにより選曲が4DISCの中でも最もキツキツになり、80年代の織田哲郎以外のシングル曲と90年代前半のラテン歌謡系シングル、そしてアルバム曲だけで大半が埋まってしまい、前半15年どころか前半10年だけでほぼ一杯に。90年代後半の「情熱」「-純情-」などの生ギターとパーカッションを前に出したラテン全開路線や、以降のイケイケ路線を収録する余地が無くなってしまい、96年の「恋してムーチョ」を挟むと00年代が11年も前の04年「海の家」1曲ポッキリでおしまい。どうしてこうなった…。

Ballad
唯一そのままなネーミングなバラード集。TUBEにはバラードベスト『Melodies&Memories』シリーズが2作あるけどこれもまた改めての選曲なので被りも多い。バラードのTUBEに関しては前半は「十年先のラブストーリー」や「君となら」のようにド派手に歌い上げてバンド演奏も盛り上がるバラード曲が多いが、後半はもっと抑えた聞かせる楽曲が増える。年齢を重ねて芽生えた深みや優しさが最も感じられるのはやはりバラードだと思う。一応4曲選んでいるけど00年代の曲を自信持ってもっとドカドカ入れてほしかったのはダントツでこのバラード枠だ。それでもまあTUBEバラードの入門編にはいいと思う。

Exciting
熱さを感じる曲応援歌的な曲を主に90年代のアルバム曲中心にセレクションした内容。ただ応援歌ではない曲もあるし、Tropicalに収録されたようなさわやかな曲とどこで区別したのか良く分からない部分も目立つ。野外ライブの定番であるとかそういう基準もあるっぽいけど…。それにしたって30枚以上アルバムがあるのに何故に『終わらない夏に』1枚から3連発とかありえない事になっているのかこれまた謎。だったらシングル曲で最もエキサイトしている「IN MY DREAM」を…ただ4枚の中でこのディスクだけが過去の『TUBEst』シリーズとの被りが無く、シングル曲とはまた少し違った一面を主に歌詞の面から感じられるので、ここでTUBEの新たな魅力を発見するリスナーは多いかも。

初回盤DVD 30th Summer-Precious Video Collection-
30周年なので過去のPVを繋げたヒストリーダイジェストでも制作した方がふさわしかった気がするけど、DVD化されていなかった初期映像をDVD化したという初期特化な内容。メンバーが若いのはいいとして某2人(by 織田哲郎)の体型が現在と違いすぎて改めて健康状態が心配に…(今作に向けてのインタビューや封入のスタッフコメントで付き合いの長い一部スタッフや織田哲郎などは「そろそろ本気でライザップ」「健康に気を付けろ!太りすぎは良くないぞ!」などと某2人にかなりハッキリとダイエットを推奨するコメントを出している)。また海外で撮影されたバブリーな映像が並び、そのセンスも含めてかなり今では奇妙にも感じられる。「あー夏休み」でのおふざけっぷりは予想以上で黒歴史級だし、「さよならイエスタデイ」で外人たちと前田が踊り狂うというのもなんだか派手だけど一体何を考えてこういう内容に決定したのかは全く分からない。

BEST of TUBEst ~All Time Best~ (初回生産限定盤)(DVD付)初回盤DVD付  BEST of TUBEst ~All Time Best~通常盤 

印象度★★★★☆

戻る