THE VERY BEST OF UNICORN

No タイトル 作詞 作曲 備考
Maybe Blue 奥田民生 奥田民生 1stアルバム『BOOM』収録曲
Pink Prisoner 奥田民生 奥田民生 1stアルバム『BOOM』収録曲
ペケペケ 川西幸一 奥田民生 2ndアルバム『PANIC ATTACK』収録曲
I'M A LOSER 奥田民生 奥田民生 2ndアルバム『PANIC ATTACK』収録曲
SUGAR BOY 奥田民生 奥田民生 2ndアルバム『PANIC ATTACK』収録曲
服部 奥田民生 奥田民生 1stシングルC/W、3rdアルバム『服部』収録曲
デーゲーム 手島いさむ 手島いさむ 3rdアルバム『服部』収録曲、2ndシングル(カット) 最高11位 売上5.1万枚
おかしな2人 川西幸一 奥田民生 3rdアルバム『服部』収録曲
大迷惑 奥田民生 奥田民生 1stシングル 最高12位 売上11.9万枚、3rdアルバム『服部』収録曲
10 人生は上々だ 川西幸一・
阿部義晴
奥田民生 3rdアルバム『服部』収録曲
11 自転車泥棒 手島いさむ 手島いさむ 4thアルバム『ケダモノの嵐』収録曲
12 働く男 奥田民生 奥田民生 3rdシングル 最高3位 売上27.0万枚、4thアルバム『ケダモノの嵐』収録曲
13 フーガ 堀内一史 堀内一史 4thアルバム『ケダモノの嵐』収録曲
14 スターな男 阿部義晴 奥田民生 4thアルバム『ケダモノの嵐』収録曲、5thシングル(カット) 最高6位 売上10.8万枚
15 ヒゲとボイン 奥田民生 奥田民生 5thアルバム『ヒゲとボイン』収録曲、7thシングル(カット) 最高23位 売上5.7万枚
16 雪が降る街 奥田民生 奥田民生 8thシングル 最高4位 売上23.6万枚
『雪が降る街“more bell mix”』(96年再発) 最高38位 売上2.2万枚
17 与える男 奥田民生 奥田民生 6thアルバム『SPRINGMAN』収録曲
18 すばらしい日々 奥田民生 奥田民生 9thシングル 最高6位 売上19.4万枚、6thアルバム『SPRINGMAN』収録曲

リリースデータ

1993年11月21日(初回盤)
1993年11月26日(通常盤)
初登場3位
初登場8位
売上27.2万枚
売上54.0万枚
プロデューサー:河合マイケル、原田光一 ソニー

メンバー

Vocal,Guitar 奥田民生
Guitar 手島いさむ
Bass 堀内一史
Keyaboard 阿部義晴(2ndアルバム時までサポートメンバー→3rdアルバムから正規メンバー)
Drums 西川幸一(初期は本名の「川西幸一」表記) 解散直前の93年2月脱退
Keyboard 向井美音里(1stアルバム後、脱退)

UNICORN初のベストアルバム。93年1月、アルバム制作中に西川が脱退。バンドとしてはその後に6thアルバム『SPRINGMAN』を5月にリリースするが同年9月に解散を発表。解散直後に初のベストとなる今作がリリースされた。それまでシングルもアルバムも30万程度が最高だった彼らにとっては最後になって急にこれまでの倍以上売れる結果となった。

奥田民生はこの後ソロになってから一気にミリオンセラーも出して大活躍。奥田楽曲が多いので、ワンマンバンドだったかと勘違いされるかもしれないが、聞けばメンバーそれぞれの個性が混ざり合ってユニコーンというバンドが構成されていたのがよく分かる1枚。一言で説明できないほど、色々な曲が入っている。ボーカルも奥田だけではなく、他のメンバーもけっこう取っているようだし、そもそも奥田の歌声もソロになってからの個性的な歌声がまだ見られないので、全く印象が違う。基本的にはハイテンションのアップテンポナンバーが多いのだが、遊び心の出た曲が多い。かなり80年代的な部分も感じるが、単純に面白い音楽がたくさん入っている。それでいてラストの「すばらしい日々」や全盛期のPUFFYもC/Wでカバーした事のある「雪の降る街」などはヒット路線の普遍的な名曲。パッと聞くと変なテンションの曲ばかりで何だか古臭くも感じるかもしれないが、何度か聞いているとこのバンドがけっこう面白いバンドだった事が分かってくると思う。とりあえず「すばらしい日々」だけでも是非。

ザ・ベリー・ベスト・オブ・ユニコーン

印象度★★★★☆

戻る