UNDER GRAPH

No タイトル 作詞 作曲 プロデュース 備考
心の瞳 真戸原直人 真戸原直人 松岡モトキ+アンダーグラフ 9thシングル 最高34位 売上0.3万枚
ツバサ 真戸原直人 真戸原直人 島田昌典 1stシングル 最高6位 売上30.1万枚
遠き日 真戸原直人 真戸原直人 アンダーグラフ+島田昌典 1st配信限定シングル、3rdシングルC/W
ピース・アンテナ 真戸原直人 真戸原直人 アンダーグラフ+宅見将典 6thシングル両A面曲
夏影 真戸原直人 真戸原直人+
本間昭光
本間昭光+アンダーグラフ 10thシングル 最高112位 売上0.08万枚
ユビサキから世界を 真戸原直人 真戸原直人 アンダーグラフ+島田昌典 5thシングル 最高30位 売上0.7万枚
遥かなる道 真戸原直人 真戸原直人 アンダーグラフ+宅見将典 2nd配信限定シングル
4thアルバム『この場所に生まれた僕達はいつも何が出来るかを考えている』収録曲
真面目過ぎる君へ 真戸原直人 真戸原直人 アンダーグラフ+島田昌典 4thシングル 最高15位 売上1.8万枚
2111〜過去と未来で笑う子供達へ〜 真戸原直人+
SoulJa
真戸原直人 アンダーグラフ+DJ SUZUKI
+吉田とおる
4th配信限定シングル、10thシングルC/W
10 君の声 真戸原直人 真戸原直人 島田昌典 2ndシングル 最高7位 売上7.1万枚
11 ジャパニーズ ロック ファイター 真戸原直人 真戸原直人 アンダーグラフ+宅見将典 8thシングル 最高54位 売上0.2万枚
12 また帰るから 真戸原直人 真戸原直人 アンダーグラフ 6thシングル 最高38位 売上0.4万枚
13 パラダイム 真戸原直人 真戸原直人 アンダーグラフ+島田昌典 3rdシングル 最高9位 売上3.9万枚
14 セカンドファンタジー 真戸原直人 真戸原直人 アンダーグラフ+宅見将典 7thシングル 最高79位 売上0.2万枚
15 時流 真戸原直人 真戸原直人 アンダーグラフ 未発表曲
16 スカイホール 真戸原直人 真戸原直人 アンダーグラフ 新曲

※シングル200位以内データ

DISC-2(初回限定盤のみ)
No タイトル 作詞 作曲 プロデュース 備考
フリージア 真戸原直人 真戸原直人 アンダーグラフ+宅見将典 9thシングルC/W
言葉 真戸原直人 真戸原直人 アンダーグラフ+島田昌典 2ndアルバム『素晴らしき日常』収録曲
おんなじキモチ 真戸原直人 真戸原直人 アンダーグラフ+宅見将典 3rd配信限定シングル 初CD化
純心サイクル 真戸原直人 真戸原直人 アンダーグラフ+島田昌典 5thシングルC/W
君の日、二月、帰り道 真戸原直人 真戸原直人 アンダーグラフ 3rdシングルC/W
アカルキミライ 真戸原直人 真戸原直人 島田昌典 2ndシングルC/W
ティアラ 真戸原直人 真戸原直人 アンダーグラフ+宅見将典 3rdアルバム『呼吸する時間』収録曲
ユメノセカイ 真戸原直人 真戸原直人 アンダーグラフ+島田昌典 4thシングルC/W
9 真戸原直人 真戸原直人 アンダーグラフ+宅見将典 7thシングルC/W
10 自然と君へ 真戸原直人 真戸原直人 アンダーグラフ+宅見将典 9thシングル通常盤のみC/W
11 エレクトロワード 真戸原直人 真戸原直人 アンダーグラフ 新曲
12 ロックスター(Rare Track) 真戸原直人 真戸原直人   未発表音源 8thシングルの原曲

リリースデータ

2010年9月15日 初登場63位 売上0.2万枚 フォーライフ

メンバー

Vocal,Guitar 真戸原直人
Guitar,Chorus 阿佐亮介
Bass,Chorus 中原一真
Drums,Percussion,Chorus 谷口奈穂子

アンダーグラフ初のベスト盤。公式には「シングルベスト」としている。メジャーデビュー以降の全シングルA面曲を網羅。さらに配信で出ていた3曲(C/Wかアルバムには収録済み)と新曲を加えた構成。初回盤にはDISC-2が付属し、アルバム未収録のC/W中心の選曲となっている。初CD化、新曲、レア音源(『ジャパニーズ ロック ファイター』の原曲)も収録されている。ブックレットには各楽曲2行ずつ程度だが、全曲に真戸原のコメントが掲載されている。今作を持ってフォーライフとの契約が終了したようで、2011年には所属事務所に新レーベルを作ってインディーズで活動を継続している。2012年には阿佐が当初は活動休止するとしていたが、数ヶ月後に脱退し、3人組となった。

当時「世界の中心で、愛をさけぶ」で大ブレイクした直後の長澤まさみをPVに起用した『ツバサ』が半年以上かけてのロングヒットとなりいきなり大ヒットを記録したものの、その後下がっていく一方で、リリースも鈍ってきて気がつけばチャートから消える寸前、最新シングルではついにトップ100落ちとなるなど忘れかけていたのだがベストということで聞いてみた。1発屋という認識だったが、その1発だけが目立っているというようなことも、この1発だけが一風変わった作風という事も無い印象。変わらぬ良い曲を連発しており、『ツバサ』の良さが分かるなら他の曲の良さが何で分からなかったの?という感じ。ただ『ツバサ』の時点でそうだったが、派手さがあまりなく、全体的な印象はかなり地味である。作風は基本的にミディアム中心で大人になっていくことへの葛藤などを歌っており、同世代のもがき苦しむ若者の心情を代弁したかのような歌詞はその世代の多大なる共感を呼ぶものだと思うが、いかんせんそんな真面目な曲ばかり続くのでシングルとして並べると、暗くて地味な印象が加速する。はじけたり、冒険した曲もあるんだけどどこか抜け切れてないというか心底真面目というか、大きく印象が変わることは無い。かなりいい歌を歌ってはいるんだけど、やはりこの地味さ具合が人気が続かなかった理由なのだろうか。

ただ期待しないで聞いたDISC-2ではそういったもがき苦しんでいるような歌詞以外にも普通にラブソングがあったり、もう少し自由に色々やっている印象やっぱり地味ではあるんだけど意外といい曲が並んでおり、C/Wやアルバム曲がシングルとさほど変わらない。世間向けのシングルはとびきりキャッチーで、アルバムやC/Wが一段以上落ち着いて聞こえてしまうミュージシャンは多いが、このバンドに関してはあまり大きな違いが無いようだ。あえて言うならシングルの方が少し真面目な路線にこだわりすぎているというくらいか。『スカイホール』は他の曲には無く少し突き抜けた1曲だし、『エレクトロワード』はタイトル通り異色の楽曲となっており、今後に期待できる終わり方となっているのも好印象だった。

UNDER GRAPH (初回限定盤) 初回盤DISC-2付   UNDER GRAPH 通常盤1枚のみ 

印象度★★★★☆

戻る