BEST OF WANDS HISTORY

No タイトル 作詞 作曲 編曲 備考
1 世界が終るまでは…         上杉昇 織田哲郎 葉山たけし 8thシングル 最高1位 売上122.1万枚
2 時の扉                  上杉昇 大島康祐 明石昌夫 4thシングル 最高1位 売上144.3万枚 
3 もっと強く抱きしめたなら 上杉昇&
魚住勉
多々納好夫 葉山たけし 3rdシングル 最高1位 売上166.3万枚
4 愛を語るより口づけをかわそう 上杉昇 織田哲郎 明石昌夫 5thシングル 最高1位 売上112.1万枚
5 恋せよ乙女 上杉昇 大島康祐 葉山たけし 6thシングル 最高1位 売上81.9万枚
6 Jumpin' Jack Boy 上杉昇 栗林誠一郎 葉山たけし 7thシングル 最高2位 売上82.7万枚
7 Secret Night〜It's My Treat〜 上杉昇&
栗林誠一郎
栗林誠一郎 池田大介 9thシングル 最高1位 売上63.1万枚
8 Same Side 上杉昇 上杉昇&
柴崎浩
WANDS 10thシングル 最高2位 売上23.4万枚
9 WORST CRIME
〜About a rock star who was a swindler〜
上杉昇 柴崎浩 柴崎浩 11thシングル 最高9位 売上13.5万枚
10 錆びついたマシンガンで今を撃ち抜こう 小松未歩 小松未歩 池田大介 12thシングル 最高4位 売上21.3万枚
11 明日もし君が壊れても 坂井泉水 大野愛果 WANDS 14thシングル 最高8位 売上11.4万枚
12 世界中の誰よりきっと〜Live Version〜 上杉昇&
中山美穂
織田哲郎 WANDS 2ndアルバム『時の扉』収録曲 未発表ライブ音源(アコースティック)
13 太陽のため息 上杉昇 柴崎浩 葉山たけし 2期未発表曲
14 Baby Baby Baby 上杉昇 大島康祐 大島康祐 2ndシングル『ふりむいて抱きしめて』C/W 
15 FREEZE 杉元一生 杉元一生 WANDS 15thシングル『「今日、ナニカノハズミデ生きてる」』C/W
16 DON'T CRY 上杉昇 川島だりあ 葉山たけし 3rdアルバム『Little Bit...』収録曲
17 Please tell me a Jesus 和久二郎 宇徳敬子 WANDS 5thアルバム『AWAKE』収録曲
18 AWAKE 木村真也 杉元一生 WANDS 5thアルバム『AWAKE』収録曲

紫色=第1期 黄緑色=第2期 水色=第3期

リリースデータ

2000年6月9日 初登場17位 売上3.8万枚 Sound Produced by WANDS
Produced by Daikoh Nagato,Daiko Nagato&Kazuo Yoshie,BMFC
B-Gram

メンバー

第1期(紫)
Keyboard 大島康祐(1991〜1992)
Vocal 上杉昇(1991〜1997)
Guitar 柴崎浩(1991〜1997)
第2期(黄緑)
Vocal 上杉昇(1991〜1997)
Guitar 柴崎浩(1991〜1997)
Keyboards 木村真也(1992〜2000)
第3期(水色)
Keyboards 木村真也(1992〜2000)
Vocal 和久二郎(1997〜2000)
Guitar 杉元一生(1997〜2000)

WANDS3rdベストアルバム。『AWAKE』リリースから8ヶ月ほど沈黙を守っていたが、WANDS解体(解散)を発表してのラストベスト盤。3期主導のベスト盤ではあるが、未発表曲「太陽のため息」は上杉ボーカル時代(2期)のものとなっている。シングル曲の中で2期の楽曲は両A面曲以外は収録されたが、1期の「寂しさは秋の色」「ふりむいて抱きしめて」、3期の「Brand New Love」「「今日、ナニカノハズミデ生きている」」が未収録。初回盤はスリーブケース仕様。PVと2期のライブ映像を収録したVHS『BEST OF WANDS VIDEO HISTORY』と同時発売(2ヶ月後にDVD化)。

今作の特徴

・ミックス変更なしのリマスターで「Same Side」や「WORSC CRIME」がようやくアルバム初収録
2期未発表曲「太陽のため息」は今作のみの収録
・「世界中の誰よりきっと〜Live Version〜」は初公開音源(後にDVD『WANDS BEST LIVE&CLIPS』で映像化)
・「Baby Baby Baby」と「FREEZE」はアルバム初収録

これからWANDSを聞こうという人にはこれが一番分かりやすいと思う。他のベストアルバムでは3期の曲が入らないか、入ってもシングルヒット2曲だけだったりするが今作は一応全期の曲が入っていてバランスはいい。シングルは揃わなないがヒット曲は全部入っているし。ただ曲順に凸凹がありすぎて特に終盤にかけては上杉ボーカルと和久ボーカルの曲が混在していたり、この流れで「Baby Baby Baby」はギャグだろ…というくらい作風が変わりすぎたりゴチャゴチャすぎる。普通に1期→2期→3期と時系列に並べればよかったと思うんだけど『WANDS BEST』で総括と称して時系列をやってしまったのであえて混在させたのだろうか…。初めて聞いた時はボーカルの違いが良く分からなかった。

未発表曲の「太陽のため息」では「ペットショップの子犬じゃあるまいし飼いならされたくはない」や「だから だけど 不自由になり 何も手につかなくなり 気がつけば もはや手遅れで 僕は プロデュースされているよ・・・」などと脱退への心境を思わせる詞が目立つ。WANDS脱退の状況を考えればほとんどそのまんまな歌詞なんだけど会社側もよくこれをこの場で出す気になったな…。『PIECE OF MY SOUL』前後の頃のWANDSが好きなリスナーなら気に入る曲だと思う。個人的にもベスト盤で小出しにされた未発表曲の中でもこれが1番いい。

BEST OF WANDS HISTORY

印象度★★★★★

2015.10修正

戻りぃ