Little Bit...

No タイトル 作詞 作曲 編曲 備考
1 天使になんてなれなかった 上杉昇 柴崎浩 葉山たけし  
2 恋せよ乙女 上杉昇 大島康祐 葉山たけし 6thシングル 最高1位 売上81.9万枚
3 DON'T CRY 上杉昇 川島だりあ 葉山たけし  
4 君に もどれない 上杉昇 柴崎浩 葉山たけし  
5 声にならないほどに愛しい 上杉昇 織田哲郎 明石昌夫 4thシングル『時の扉』C/W
MANISHへ歌詞提供曲 セルフカバー
6 Little Bit... 上杉昇 柴崎浩 葉山たけし  
7 愛を語るより口づけをかわそう 上杉昇 織田哲郎 明石昌夫 5thシングル 最高1位 売上112.1万枚

リリースデータ

1993年10月6日
1994年2月2日(再発)
初登場2位 売上95.2万枚 Sound Produced by WANDS 東芝EMI
B-Gram Records

メンバー

Vocal 上杉昇
Guitar 柴崎浩
Keyboards 木村真也

WANDS3rdアルバム。前作と同時発売だった「愛を語るより口づけをかわそう」、6月には『果てしない夢を』をZYYG,REV,ZARD&WANDS名義でリリース。7月に「恋せよ乙女」をリリースし10月に今作、11月には次のシングル、と93年はすごい勢いで活動していた。今作では初めてサウンドプロデュースがWANDS名義になっているが、メンバー(柴崎)作曲は半分の3曲で、WANDS名義での編曲参加はない。ミリオンに迫る売上を記録するもミリオンはギリギリで達成できなかった。東芝EMIでの最終作となり、翌年から自社のレーベルB-Gramへ移動した。今作もB-Gram設立後にB-Gramから再発されている。

前作からあまり時間が経っておらず、シングルとして先に出ていた曲に大きな変化は無かったが、アルバム曲において上杉の自我というか少しロック色が強くなってきたかな、とも感じる。ただ「恋せよ乙女」は「時の扉」にどことなく似てるし(最初から大島に「時の扉」のような曲でというオファーを出したらしい)、「声にならないほどに愛しい」と「愛を語るより口づけをかわそう」も非常に似通った印象を受ける。共に作曲者が同じで似たような曲でヒットを狙っていったたせいかもしれないけど、ただでさえこの当時は似たようなキャッチーな曲を連発していたのでどれも同じような曲といった印象がかなり強くなる。後にZYYGに歌詞提供した「君が欲しくてたまらない」が収録候補に挙がっていたがお蔵入りしていたことが判明しているが、わざわざC/Wだった「声にならないほどに愛しい」をギターソロ変えて引っ張ってくるより、「君が欲しくてたまらない」の方がアルバムが締まったんじゃないだろうか。これらシングル発表済みの曲が正直あまり好きではないが、「DON'T CRY」「Little Bit...」の2曲を筆頭にアルバム用に用意された4曲はシングルよりも好印象で後の片鱗もわずかながら見えるので侮れない1作。

Little Bit・・・

印象度★★★☆☆

2015.10修正

戻りたいな