時の扉

No タイトル 作詞 作曲 編曲 備考
1 時の扉 上杉昇 大島康祐 明石昌夫 4thシングル 最高1位 売上144.3万枚
2 このまま君だけを奪い去りたい 上杉昇 織田哲郎 葉山たけし DEENへ歌詞提供 セルフカバー
3 星のない空の下で 上杉昇 柴崎浩 WANDS  
4 もっと強く抱きしめたなら 魚住勉・
上杉昇
多々納好夫 葉山たけし 3rdシングル 最高1位 売上166.3万枚
ギターが違うアルバムバージョン
5 ガラスの心で 上杉昇 柴崎浩 明石昌夫  
6 そのままの君へと… 上杉昇 大島康祐 明石昌夫  
7 孤独へのTARGET 上杉昇 川島だりあ 明石昌夫  
8 Mr.JAIL 上杉昇 柴崎浩 葉山たけし  
9 Keep My Rock'n Road 上杉昇 上杉昇 葉山たけし  
10 世界中の誰よりきっと〜Album Version〜 上杉昇・
中山美穂
織田哲郎 明石昌夫 中山美穂&WANDS 最高1位 売上183.3万枚 セルフカバー
WANDSのみ(コーラス宇徳敬子)のバージョン

リリースデータ

1993年4月17日
1994年2月2日(再発)
初登場1位 売上162.6万枚 Produced by DAIKOH NAGATO(Being) 東芝EMI
B-Gram Records

メンバー

Vocal 上杉昇
Guitar 柴崎浩
Keyboards 木村真也

WANDS2ndアルバム。シングル「愛を語るより口づけをかわそう」と同時発売共に4週連続1位という快挙を達成した。前作以降の2シングルを収録。中山美穂&WANDSとしてリリースした「世界中の誰よりきっと」はWANDSのみの演奏でセルフカバーしたアルバムバージョンで収録。このバージョンでは宇徳敬子がコーラスを担当している。1ヵ月前にDEENのデビュー曲としてリリースされ大ヒット中だった上杉が歌詞を担当した「このまま君だけを奪い去りたい」は発売1ヵ月で早くもセルフカバーされている。アルバムでは今作が最高ヒットであり、唯一のミリオン作品。

「もっと強く抱きしめたなら」を最後に大島康祐は自身のユニットSo-Fi結成のため脱退。脱退後も「時の扉」のようにストック曲が残っていたり、作曲者として楽曲を発注するなどしていたため、93年の間は大島の作曲や編曲作品が発表され続けていたがメンバーは後任の木村真也にスルッと交代されている。初回盤はBOXケース入り仕様。今作も前作同様にB-Gram設立後に再発されている。

大島康祐は作曲では関与しているが、編曲にまで関わず、明石昌夫と葉山たけしが編曲を担当しているので当時「ビーイング系」と称され続々ブレイク&デビューしていた人たちと並ぶポップでキャッチーで聞き心地のいい作風に転換。どれも良メロ連発ではあるが、93年の売れ線ど真ん中の打ち込みサウンドは、いかにも当時限定の流行りの音といった感じで意外と耐用年数が短くすっかり古臭くなってしまった。どの曲も売れ線全開のキャッチーさでアルバム曲でも「星のない空の下で」のようにシングルよりシングルみたいな曲もあるんだけど、キャッチーすぎるせいか、サウンドが当時の売れ線すぎるせいか、ものすごく飽きがきやすい。00年頃に最初に聞いた際はまだ名盤だと思ったんだけど、すぐに飽きてしまいあまり聞く事も無くなってしまった。

時の扉

印象度★★★☆☆

2015.10修正

戻る