WANDS BEST-HISTORICAL BEST ALBUM-

No タイトル 作詞 作曲 編曲 備考
1 寂しさは秋の色 上杉昇 栗林誠一郎 明石昌夫 1stシングル 最高63位 売上6.1万枚 remix
2 ふりむいて抱きしめて 上杉昇 大島康祐 大島康祐 2ndシングル 最高80位 売上2.0万枚
3 もっと強く抱きしめたなら 魚住勉、
上杉昇
多々納好夫 葉山たけし 3rdシングル 最高1位 売上166.3万枚 remix
4 世界中の誰よりきっと〜Album Version〜 上杉昇、
中山美穂
織田哲郎 葉山たけし 2ndアルバム『時の扉』収録Ver.
中山美穂&WANDS 最高1位 売上183.3万枚
5 時の扉 上杉昇 大島康祐 明石昌夫 4thシングル 最高1位 売上144.3万枚 remix
6 愛を語るより口づけをかわそう 上杉昇 織田哲郎 明石昌夫 5thシングル 最高1位 売上112.1万枚 remix
7 恋せよ乙女 上杉昇 大島康祐 葉山たけし 6thシングル 最高1位 売上81.9万枚
8 世界が終るまでは… 上杉昇 織田哲郎 葉山たけし 8thシングル 最高1位 売上122.1万枚
9 Secret Night〜It's My Treat〜 上杉昇 栗林誠一郎 池田大介 9thシングル 最高1位 売上63.1万枚 remix
10 Same Side 上杉昇 上杉昇、
柴崎浩
WANDS 10thシングル 最高2位 売上23.4万枚 remix
11 WORST CRIME〜About a rock star who was a swindler〜 上杉昇 柴崎浩 柴崎浩 11thシングル 最高9位 売上13.5万枚 remix
12 錆びついたマシンガンで今を撃ち抜こう 小松未歩 小松未歩 池田大介 12thシングル 最高4位 売上21.3万枚
13 Try Again 木村真也 木村真也 WANDS 12thシングルC/W
14 MILLION MILES AWAY 上杉昇 木村真也 WANDS 4thアルバム『PIECE OF MY SOUL』収録曲 3期によるカバー新録音

9英補作詞“It's My Treat”栗林誠一郎

リリースデータ

1997年11月6日 初登場1位 売上37.9万枚 Sound Produced by WANDS
Produced by BMF,Daikoh Nagato,Daiko Nagato&Kazuo Yoshie
B-Gram

メンバー

1〜3(第1期WANDS)
Keyboards 大島康祐
Vocal 上杉昇
Guitar 柴崎浩
4〜11(第2期WANDS)
Vocal 上杉昇
Guitar 柴崎浩
Keyboards 木村真也
12〜14(第3期WANDS)
Keyboards 木村真也
Vocal 和久二郎
Guitar 杉元一生

WANDS2ndベストアルバム。前作を5th扱いしていたので公式には初のベストという扱いだったが、1年半でまたベストという異常事態となった。上杉、柴崎が97年初めに脱退を表明。木村1人が残され、新たにボーカル和久二郎、ギター杉元一生が加入し、97年9月に第3期WANDSとして復活を果たした。またこの新たなWANDSを公式に3期と形容したことで、初めて公式にWANDSを1期、2期、3期と分けるようになった。3期WANDSが始動してシングル「錆びついたマシンガンで今を撃ち抜こう」がリリースされたところでこれまでのWANDSを総括するという理由で今作が発売された。「Jumpin' Jack Boy」以外のシングルを順番に並べた構成で「Same Side」「WORST CRIME」はアルバム初収録。そして「MILLION MILES AWAY」は2期の楽曲だったが、3期によるカバーとなっている。このため3期WANDSの曲はラスト3曲のみ。ライナーノーツが封入されており、各楽曲解説と合わせてヒストリーも掲載されている。ミックス違いについても言及されているが、「WORST CRIME」のみミックス違いという言及が無い。上杉、柴崎からは「自分の意志であるかのように出されるのは本意ではない」「今回のベストにはビックリした」とコメントが出た。

今作の特徴
・ライナーでは曲ごとにミックス違いかどうかが書かれているが、クレジットと照らし合わせると野村昌之がミックスを担当している楽曲にのみリミックスが施されている模様。
・「寂しさは秋の色」は楽器の音がマスタリング効果以上にやたら持ち上げられて大迫力になった。
・「もっと強く抱きしめたなら」の1番と2番の間奏及びエンディングの「ジャ〜ラ〜ラ〜♪」という
ギターパートが完全消去
・「時の扉」「WORST CRIME」の演奏が右チャンネル、左チャンネルにほぼ完全にセパレートされた
・「Same Side」の爆音サウンドをガッツリ抑えこんでいる
・「愛を語るより〜」「Secret Night」は何となく違うかな?程度。
・3期がカバーした「MILLION MILES AWAY」はアレンジが葉山からWANDS名義に代わったが、生音だったのが打ち込みになったくらいでアレンジ自体はそこまで変わってない。
何故かハブられた「Jumpin' Jack Boy」

当時の明らかに揉め事に近いような脱退劇まさかのWANDS存続、それを隠そうとするかのようにメンバー表記をしなかったり、PVが影になっててよく見えなかった3期の初動体制という背景。さらに今作の内容でも「もっと強く抱きしめたなら」の間奏ギター消去、「Same Side」の爆音を抑えるというパッと聞いても違和感を感じるあからさまなサウンド変更(しかも表記一切なし)。様々なマイナス要因のオンパレードにより、当時ファンの間では問題作扱いされた。上杉、柴崎への嫌がらせか?とまで言われ、これまでのWANDSファンに少なくとも木村のファンなどほとんどいなかったため、ビーイングの姿勢に対するバッシングが元ファンの間で相次いだ。トドメに3期が上杉時代のカバーまでしちゃったもんだから(これも葉山たけしだった原曲からWANDSアレンジに変わったのに、アレンジがほとんど同じ)、3期への風当たりは強くなり、もう楽曲のクオリティうんぬんの問題ではなくなってしまうことになる。リミックスに関しても「寂しさは秋の色」の迫力が増したのと「時の扉」「WORST CRIME」の音の左右セパレートはまあこういうのも面白いかな程度。「もっと強く抱きしめたなら」の間奏ギター消去と「Same Side」のサビ部分で爆音サウンドが遠ざかってしまうミックス変更は最早嫌がらせににしか思えないし、ちょっとやりすぎだったと思う。あくまでここに収録されている楽曲を他のベスト盤やシングル音源で全て聴いた上で、「さてどんな違いがあるんだ?」と好奇心で聞いてみるという聞き方推奨。公式には"WANDSの統括的役割を果たした"とされている今作だが全くそんな気はしない1作。

BEST~HISTRICAL BEST ALBUM

印象度★★★☆☆

2015.10修正

戻る