渡り廊下をゆっくり歩きたい(通常盤)

DISC-1
No タイトル 作詞 作曲 編曲 備考
1 初恋ダッシュ/渡り廊下走り隊 秋元康 カイタツヤ KnocKout 1stシングル 最高10位 売上1.7万枚
2 青い未来/渡り廊下走り隊 秋元康 鈴木大輔 野中"まさ"雄一 1stシングル両A面曲
3 やる気花火/渡り廊下走り隊 秋元康 多田慎也 fink bro. 2ndシングル 最高9位 売上1.6万枚
4 完璧ぐ〜のね/渡り廊下走り隊 秋元康 藤本貴則 KnocKout 3rdシングル 最高7位 売上3.2万枚
5 アッカンベー橋/渡り廊下走り隊 秋元康 藤本貴則 安部潤 4thシングル 最高1位 売上3.4万枚
6 青春のフラッグ/渡り廊下走り隊 秋元康 高木洋 生田真心 5thシングル 最高4位 売上4.7万枚
7 ギュッ/渡り廊下走り隊 カシアス島田 Voice of Mind 安部潤 6thシングル 最高2位 売上4.9万枚
8 バレンタイン・キッス/渡り廊下走り隊7 秋元康 瀬井広明 大内正徳 7thシングル 最高2位 売上12.7万枚
9 へたっぴウィンク/渡り廊下走り隊7 秋元康 ray.m&Dr.owl 生田真心 8thシングル 最高2位 売上9.8万枚
10 希望山脈/渡り廊下走り隊7 秋元康 ray.m 増田武史 9thシングル 最高3位 売上11.9万枚
11 少年よ 嘘をつけ!/渡り廊下走り隊7 秋元康 山下和彰 生田真心 10thシングル 最高3位 売上8.1万枚

※シングル200位以内データ

DISC-2
No タイトル 作詞 作曲 編曲 備考
1 風のバイオリン/渡辺麻友 秋元康 渡辺卓 安部潤 3rdシングルC/W
2 やさしくさせて/渡辺麻友 秋元康 ムラマツテツヤ 安部潤 4thシングル初回盤A,B,CのみC/W
3 軟体恋愛クラゲっ娘/渡辺麻友 秋元康 藤本貴則 安部潤 5thシングルC/W
4 猫だまし/渡り廊下走り隊 秋元康 熊上雅明 木之下慶行 1stアルバム『廊下は走るな!』収録曲
5 ドジ/渡り廊下走り隊 秋元康 筑田浩志 佐久間誠 1stアルバム『廊下は走るな!』収録曲
6 骨折ロマンス/渡り廊下走り隊 秋元康 大西とおる 平沢敦士 1stアルバム『廊下は走るな!』収録曲
7 麻友のために/渡辺麻友 秋元康 西賢二 kudoking 1stアルバム『廊下は走るな!』収録曲
8 柊の通学路/渡り廊下走り隊 秋元康 ムラマツテツヤ 浜崎裕司 1stアルバム『廊下は走るな!』収録曲
9 夕陽のいじわる/渡辺麻友 秋元康 畑野嘉男 小西貴雄 7thシングル通常盤のみC/W
10 未来の恋人/渡辺麻友 秋元康 小川コータ KUDOKING 8thシングル通常盤のみC/W
11 恋は心配性/渡辺麻友 秋元康 川浦正大 増田武史 9thシングル通常盤のみC/W
12 へそが曲がる/多田愛佳 秋元康 熊上雅明 平沢敦士 10thシングル通常盤のみC/W

リリースデータ

2013年12月25日 初登場3位 売上4.4万枚(300位集計) Total Produce:秋元康 ポニーキャニオン

メンバー

メンバー 在籍期間
渡辺麻友 全部
多田愛佳 全部
仲川遥香 全部
菊地あやか 4thシングル〜(1stアルバム含む)
岩佐美咲 7thシングル〜
浦野一美 10thシングル(暫定扱い)、今作
平嶋夏海 〜9thシングル、今作で復帰
小森美果 7th〜10thシングル、引退していたため今作には不参加(クレジットも無し)

渡り廊下走り隊ベストアルバム。1stアルバム以降は「渡り廊下走り隊7」として岩佐美咲、小森美果が加入。当初ラジオ限定の企画だったがそのまま「7」でリリースが継続していた。しかし12年1月にスキャンダルにより平嶋夏海がAKB48を脱退したことで、渡り廊下走り隊7も脱退。続く12年5月の10thシングルでは同事務所で元AKB48/元SDN48の浦野一美が暫定扱いで加入。これが結果的に最後のリリースとなり活動休止状態となっていた。12年秋には組閣で仲川遥香がJKT48完全移籍となり、ジャカルタへ移住。13年8月には小森美果がAKB48を卒業し芸能界を引退するなど、このままフェードアウトするかと思われた中で、今作のリリース発表がされ、同時に正式な解散を発表した。名義は「渡り廊下走り隊」に戻り、平嶋夏海がメンバーに復帰最終メンバーは小森以外の7人となり、今作には小森のみ不参加。クレジットもされていないが、ブックレット最初のページでは"写真撮る日に欠席してた子"扱いの丸枠にて1枚だけ映っている。超コンプリート盤は発表した全楽曲をリリース順に収録した3枚組全曲集CD、PVを網羅したPV集DVD、新たに収録した映像などを収録したDVDの合計5枚組。超コンプリート盤に封入されていた応募券で2月9日に行われた解散コンサートに抽選で参加できる仕様になっており、この解散ライブには引退していた小森も参加。関わった全メンバー8人で活動を締めくくった。また翌年4月にAKB48卒業を発表した菊地あやかはこの解散がAKB48卒業への1つの区切りとなった事を明かしている。通常盤は全シングルA面を収録したDISC-1、C/Wとアルバムから渡辺麻友のソロ曲を中心にセレクトしたDISC-2の2枚組

妹系ユニットみたいな扱いだったのと、渡辺麻友を中心にしたグループだったので非常にブリブリなアイドル色全開。かわいらしいガヤが随所に入ったり、歌詞のお花畑色が強かったりとAKB48本体よりも明確に幼い雰囲気になっている。かなりアイドル的にぶっ飛んだ楽曲が多いので耐性が無いと少々しんどいが、慣れると案外そうでもない。Buono!でもそうだったがポニーキャニオンはアイドルであっても音源制作に一定のこだわりがあるのか、演奏クレジットをしっかり1曲ごとに明記したり、安部潤が編曲している一部楽曲ではフルの生バンド編成にしていたりと意外とオケに人件費を割いているのが好印象。それだけに各楽曲意外とクオリティが高く、ぶりっ子アイドル的なイメージほどに安っぽくない。またメンバーが増えても全員でソロパート回しをして、全員に出番を与えるなど(渡辺麻友の歌唱パートだけ多少長いようだが)歌割りに極端な偏りは無いようだ。シングルに関してはどれも強烈なインパクトがあるし、気がついたらけっこう好きな曲が多くなっていた。「ギュッ」だけは歌詞のせいでどうにも受け付けないのとエイベクシーな「青い未来」だけ極端に印象が薄いのをのぞけば後は概ね耳に残って好印象。

DISC-2に関してはどうしてこうなった?としか。何故かまゆゆソロ曲ばかり抜粋しており、ソロDISC状態。グループ名義の曲や渡辺と他のメンバー数人で歌った曲もあるというのに、改めてまゆゆと愉快な仲間達感をここで強調しなくたっていいじゃないか…。文字通り"麻友のために"頑張ってくれと応援する「麻友のために」だけでなく、1曲目の「風のバイオリン」でも"MA・YU・YU!そう呼んで!"などと非常にまゆゆ色が強いので、渡辺麻友に関心が無いとけっこうしんどい。個人的に別に渡辺麻友は嫌いではないが、ソロデビューもしているのでいくらでもソロの歌声を聞く事ができる。他のメンバーはソロでの歌声を聴く機会などまずないし、個人的にも順番で行くと平嶋を筆頭に他のメンバーの方が渡辺麻友よりも好きだったので(非常にどうでもいいが個人的には平嶋、菊地、仲川、岩佐、多田、浦野、渡辺、小森の順)もう少しスポットを当てて欲しかった。

DISC-2は正直これはベストとは言えないんじゃないかと思うけど、DISC-1はシングルコレクションなのでこれだけで十分満足な1作だった。

渡り廊下をゆっくり歩きたい 超コンプリート盤超コンプリート盤  渡り廊下をゆっくり歩きたい 通常盤通常盤 

印象度★★★★☆

戻る