after school

No タイトル 作詞 作曲 編曲 備考
Fightberry-Instrumental-   坂井紀雄 坂井紀雄 インスト
通学路 Whiteberry 恩田快人 坂井紀雄&恩田快人 1stアルバム『(初)』に再度収録
AKUBI 前田由紀 坂井紀雄 坂井紀雄 4thシングル『あくび』としてリメイク
最高29位 売上2.5万枚
あそびたいの Whiteberry 恩田快人 坂井紀雄&恩田快人  
アニマル・ラブ よしの 小野祐司 坂井紀雄  

リリースデータ

1999年8月4日 100位圏外 Produced by 坂井“パパさん”紀雄
2,4はProduced by 坂井紀雄&恩田快人
ソニーミュージック

メンバー

vocal 前田由紀
guitar,chorus 稲月彩
drums,chorus 川村恵里加
keyboard,chorus 水沢里美
bass,chorus 長谷川ゆかり

Whiteberryデビューミニアルバム。結成は小学3,4年生のころで「ストロベリーキッズ」として地元でライブ活動をしていた。稲月彩が父親の影響で小1からギターをやっていてその父親がメンバー募集の張り紙を出したことが結成のきっかけ。この稲月の父親の名前はスペシャルサンクスの欄にいつも名前が載っている。何回かメンバーチェンジがあり前田由紀は最後の加入者らしい。何でも前のボーカルが転校したとかでしばらく長谷川ゆかりが兼任していた時期もあったとか。ストロベリーキッズ時代の97年に日本テレビ系「特ホウ王国」に出たのが関係者の目にとまりソニーと契約。水面下で準備が進められこのたびデビューとなった。このアルバムリリース時には前田、稲月、長谷川が中2、川村、水沢が中3。

真夏の発売だが何故かジャケット写真は真冬。デビューの時期が半年ほどズレ込んだのだろうか?冬に撮られた写真だとすれば学年が1つ前の時期ということになるが…。当初は「通学路」A面の1stシングルにする予定だったとも言われている(この曲はPVも制作され、PVはちゃんと夏の映像)。実際のところ、思春期の煌めきとJUDY AND MARYの恩田快人がプロデュースによるガールポップ&ロックなサウンドが眩しいシングル級の楽曲は「通学路」だけで、後はC/Wといった印象。その「通学路」が1stアルバムにもそのまま収録され、ベスト盤にも入っているので、後追いでわざわざ今作を入手しなくてもいいような気はする。もちろん全曲コンプしたいなら必須だけど。「AKUBI」は「夏祭り」がヒットした次のシングルとして1年数ヶ月後にリメイク(歌詞追加&リアレンジ)して「あくび」としてリリース。初期の名曲と呼び声の高いなどと銘打ってリリースしたが激しくコケた。何故にわざわざ使いまわしてせっかくのブレイクイメージを破壊したのかは未だに謎である。

after school

印象度★★☆☆☆

戻る