カメレオン

No タイトル 作詞 作曲 編曲 備考
それだけなんだけど 前田由紀 坂井紀雄 坂井紀雄  
桜並木道 Whiteberry Whiteberry 伊藤銀次&Whiteberry 5thシングル 最高16位 売上5.5万枚
かくれんぼ 川村恵里加 たなかひろかず たなかひろかず 6thシングル 最高20位 売上3.2万枚
ときめきラブコール Whiteberry Whiteberry 坂井紀雄 7thシングルC/W
中国四千年の恋 Whiteberry Whiteberry 坂井紀雄  
夜と霧 Whiteberry Whiteberry 坂井紀雄  
どろぼうヒゲマニア 川村恵里加 森永直樹 伊藤銀次  
立入禁止 Whiteberry Whiteberry 坂井紀雄&Whiteberry 7thシングル 最高59位 売上0.5万枚
正直者 前田由紀 たなかひろかず たなかひろかず  
10 炭酸水 Whiteberry 馬場一嘉 坂井紀雄  
11 10 years after Whiteberry 坂井紀雄 坂井紀雄  

リリースデータ

2002年1月23日 初登場48位 売上0.6万枚 Produced by 坂井紀雄
2,7Produced by 伊藤銀次
3,9Produced byたなかひろかず
ソニーレコード

メンバー

Vocal 前田由紀
Drums 川村恵里加
Keyboards 水沢里美
Guitar 稲月彩
Bass 長谷川ゆかり

Whiteberry2ndアルバム。結果的にこれが最後のオリジナルになってしまった。ZONEのブレイクとキラキラポップバンド路線を反抗期ロック路線へ変化させたことで、シングル『立入禁止』が過去最低の売上を記録。その流れで今作の売上も大暴落となった。02年は秋になってビジュアル露出を一切排除したイラストのみでカバー3シングルを連続リリースするも、03年はリリースが一切停止、04年年明けに解散を発表したので、結局このまま次のオリジナルアルバムを出すことはできなかった。

いろんな意味で衝撃作。自作曲が増え前作と違いギターサウンドが派手になってロックバンドへ変化している。タイトルはいろんなタイプの曲があってカメレオンみたいに変化しているからなどと言っていたがそこまでバッラバラな印象ではない。8はC/Wの4のほうがファンの間でも人気が高いほどの曲でギターサウンドを始めとしたサウンドはかっこいいのだが詞はただ思春期のモヤモヤした怒りみたいのをぶつけた破壊的な詞でさすがに共感を通り過ぎてしまった。また5と8などコーラスが果てしなくユルくてそれだけで苦笑。このインパクトが強くてどうにも好きになれないアルバムなのだが、実はそれい以外はそこそこいいアルバム。特に2,3と最後の10、11は前作の雰囲気にサウンドがパワーアップした感じで非常に良い。破壊的な曲のイメージが強すぎて前作のポップなキラキラしたイメージとはほぼ正反対な感じになったが、バンドとしてはこの方がいいと思う。ただ自作曲はまだイマイチかなぁ。ていうかバンドがやりたい方向性と会社がやらせたい方向性が微妙に違ってきてるような気がしないでもない。ここからWhiteberryの方向性を確立していくのだろうと思っていたが結果的には、個性を完全に押さえつけられ、アルバムさえも出せずに解散してしまった。本当にここからだったじゃないか…。

カメレオン

印象度★★★☆☆

戻れ