Single collection

No タイトル 作詞 作曲 編曲 備考
How? 矢井田瞳 矢井田瞳 Diamond◆Head インディーズシングル『Howling』収録 最高50位 売上2.7万枚
B'coz I Love You 矢井田瞳 矢井田瞳 Diamond◆Head 1stシングル 最高16位 売上11.8万枚
My Sweet Darlin' 矢井田瞳 矢井田瞳 Diamond◆Head 2ndシングル 最高8位 売上23.3万枚
I'm here saying nothing 矢井田瞳 矢井田瞳 Diamond◆Head 3rdシングル 最高4位 売上23.2万枚
Look Back Again 矢井田瞳 矢井田瞳 Diamond◆Head 4thシングル 最高3位 売上39.4万枚
Over The Distance 矢井田瞳 矢井田瞳 Diamond◆Head 4thシングル両A面曲
Buzzstyle 矢井田瞳 矢井田瞳 Diamond◆Head 5thシングル 最高3位 売上12.4万枚
Ring my bell 矢井田瞳 矢井田瞳 Diamond◆Head 6thシングル 最高6位 売上5.7万枚
アンダンテ 矢井田瞳 矢井田瞳 Diamond◆Head 7thシングル 最高5位 売上9.3万枚
10 未完成のメロディ 矢井田瞳 矢井田瞳 Diamond◆Head
&矢井田瞳
8thシングル 最高9位 売上4.0万枚
11 孤独なカウボーイ 矢井田瞳 矢井田瞳 Diamond◆Head
&矢井田瞳
9thシングル 最高9位 売上4.5万枚
12 一人ジェンガ 矢井田瞳 矢井田瞳 片岡大志/村田昭
/矢井田瞳
10thシングル 最高6位 売上4.8万枚

※03年以降のシングル200位以内データ

リリースデータ

2004年7月28日 初登場3位 売上39.1万枚 東芝EMI

矢井田瞳シングルコレクションCCCD。CCCDに否定的だった矢井田瞳の作品においてはこのベスト盤関連作が唯一CCCDで発売されている。当時本人からの否定的コメントもあったように記憶している。アルバム曲からの本人セレクション『Yaiko's selection』とDVDがついた6000円(どっちかというとセット販売的意味合い)の初回限定盤もリリースされた。同年12月には『Yaiko's selection』が単独で発売されている。この翌年に5thアルバムをリリース後に東芝EMIを離脱し、インディーズ扱いで活動する事となる。また今作収録の10thシングルまでを最後にシングルトップ10ヒットは出ていない。編曲を担当しているDiamond◆Headとは制作チームの事で片岡大志・西川進・浦清英・村田昭の4人がメンバー。担当楽器はギター、ベース、キーボード、プログラミング等でドラマー不在。このためドラムは全て打ち込みとなっている。

売れたときは声も曲調も当時の椎名林檎にそっくりだったし、自ら愛称として使っているYaikoはaikoと被る。それでも楽曲の良さで売れたといった感じだった。実際しばらくしてみればまあそんなに似てるわけでもない。基本はドラムだけ打ち込みのバンドサウンドでアコースティックギターを生かしたサウンドもあるがけっこうエレキを鳴らしている曲も多い。歌い方で好みが分かれると思うがこの歌い方だからこのメロディーでインパクトが増している部分も大きい。後半の曲はあまり記憶に無かったのだが聞けば覚えている曲ばかりだった。とりあえず最初の1枚には分かりやすくていいのだろう。ファンからすればこんなのはあくまで一面に過ぎないというのだろうけど、確かにアルバムでさらに個性を見せそうなタイプに感じた。個人的にはまあ好きでも嫌いでもない感じだったが、ひとまず1番いいと思ったのは『Look Back Again』かな。それにしてもCCCDだったのは痛い。ソニーやビクターがCCCD(LGCD)を通常CDで順次再発してきた中でエイベックスと東芝EMIあたりは放置したままなので現行盤もCCCDのままである。

また09年にはデビュー10周年で2枚組ベスト『THE BEST OF HITOMI YAIDA』がリリースされているのでこれから聞く人はそちらの方がオールタイムに網羅できると思う。

Single collection (CCCD) 通常盤(CCCD)       Single collection / Yaiko's selection (CCCD) 初回盤『Yaiko's selection』とDVD付(CCCD)

印象度★★★☆☆

その他のベスト盤

Yaiko's selection
『Yaiko's selection』(CCCD)
初回盤のみの付属CDを12月に単独発売したもの。アルバム曲からのセレクション。やっぱりCCCDだったのであまり意味が無かった。

THE BEST OF HITOMI YAIDA
『THE BEST OF HITOMI YAIDA』
09年発売。2枚組でこの時点までの全シングルを網羅し、通常CDである決定盤的内容。

ゴールデン☆ベスト 矢井田瞳 ゴールデン☆ベスト 矢井田瞳[スペシャル・プライス]
『ゴールデン☆ベスト』
11年発売。企画ベストシリーズの一環でEMIが勝手にリリースしたもの。EMI在籍時どころかさらにヒットしていた時期だけに絞り込んで00年〜02年の楽曲のみで構成されている。リマスターも売りだったが…。元々2000円という廉価だったが、2013年には999円で限定再発されている。

 

戻る