GREATEST HITS! OF TATSURO YAMASHITA

No タイトル 作詞 作曲 編曲 備考
LOVELAND,ISLAND 山下達郎 山下達郎 山下達郎 6thアルバム『FOR YOU』収録曲
32ndシングル(カット) 最高26位 売上3.2万枚
愛を描いて-LET'S KISS THE SUN- 吉田美奈子 山下達郎 山下達郎 2ndシングル 100位圏外
4thアルバム『MOONGLOW』収録曲
あまく危険な香り 山下達郎 山下達郎 山下達郎 6thシングル 最高12位 売上23.6万枚
6thアルバム『FOR YOU』02年再発盤のみBonus Trackに収録
RIDE ON TIME(SINGLE VERSION) 山下達郎 山下達郎 山下達郎 4thシングル 最高3位 売上41.7万枚
シングル再発(03年) 最高13位 売上7.7万枚
5thアルバム『RIDE ON TIME』収録曲(再発版にはSINGLE Ver.も収録)
夏への扉(The Door Into Summer) 吉田美奈子 山下達郎 山下達郎 5thアルバム『RIDE ON TIME』収録
FUNKY FLUSHIN' 吉田美奈子 山下達郎 山下達郎 3rdシングルC/W(アルバム同時発売)
4thアルバム『MOONGLOW』収録曲 再録音
WINDY LADY 山下達郎 山下達郎 Charles Calello 1stアルバム『CIRCUS TOWN』収録曲
BOMBER 吉田美奈子 山下達郎 山下達郎 1stシングルC/W
3rdアルバム『GO AHEAD!』収録曲
SOLID SLIDER 吉田美奈子 山下達郎 山下達郎 2ndアルバム『SPACY』収録曲
10 LET'S DANCE BABY 吉岡治 山下達郎 山下達郎 3rdアルバム『GO AHEAD!』収録曲
1stシングル(カット) 100位圏外
11 潮騒(The Whispering Sea) 吉田美奈子 山下達郎 山下達郎 3rdアルバム『GO AHEAD!』収録曲
2ndシングルC/W(カット)
12 YOUR EYES アラン・オディ 山下達郎 山下達郎 6thアルバム『FOR YOU』収録曲
32ndシングルC/W(カット)
<BONUS TRACK>(97年正規再発時収録)
13 LOVE SPACE 吉田美奈子 山下達郎 山下達郎 2ndアルバム『SPACY』収録曲
14 SPARKLE 吉田美奈子 山下達郎 山下達郎 6thアルバム『FOR YOU』収録曲
15 9 MINUTES OF TATSURO YAMASHITA       13曲メドレー 初CD化
『FOR YOU』プロモーション用ピクチャーレコード収録音源

リリースデータ

1982年7月21日(LP)
1997年6月4日(正規再発盤)
最高2位
初登場18位
売上33.9万枚
売上5.7万枚
Produced by 山下達郎 BMG

山下達郎1st公認ベストアルバム。RCA/AIR時代の本人監修による唯一の正規ベスト盤。ソロデビュー76年から82年まで在籍していたレコード会社から現在所属しているムーンレーベルへ移籍時に本人監修でリリースされた。当時はLPでの発売で、84年に初CD化、さらに90年にもCD化された。しかし90年のCD化では今作用にリミックスやリテイクした作品が全て元の音源に差し替えられてしまったため、山下達郎本人が抗議して裁判沙汰に。95年に和解して、97年になってちゃんとした形でリマスター再発された。その際にボーナストラックが3曲追加され、本人による作品解説と楽曲解説がブックレットに付属された。この移籍前の時期のベスト盤は他にも『BEST PACK』シリーズで2枚、『TASURO COLLECTION』などが出ているが(何度も再発されているが、今作と同時発売で過去作品が一斉再発されたのが最後)、公式には載っていない。今作でしか聞けなかった音源は基本的に02年のオリジナルアルバムリマスター化の際にボーナストラックで各アルバムに収録されており、「9 MINUTES OF TATSURO YAMASHITA」のみが今作でしか聞けない音源となる。

02年の一斉再発に合わせてドラマ『ロングラブレター」主題歌に起用された『LOVELAND,ISLAND』がシングルカットされたり、03年にはキムタク主演の「Good Luck!!」主題歌で『RIDE ON TIME(SINGLE VERSION)』がリバイバルヒットしたりしたので生まれる遥か前の作品ながら、知っている曲が2曲も入っていた。また、サウンドに関しても全く古さを感じさせない。丁寧に作りこまれており、非常に聞き心地が良い。これぞまさに普遍的なポップス。この時期は、MOONレーベル移籍後に比べればもう少し開放的な曲が多いとはいえ、作りこまれたサウンドはけっこう大人なポップスという感じで、ヒット路線ともまた少し違う。本当に時代にとらわれない独自の道を突き進んでいる感じだ。上記2作のリバイバルヒットで知った若い世代も十分に時代を感じずに聞けるアルバムだと思う。

GREATEST HITS! OF TATSURO YAMASHITA

印象度★★★★★

戻る