Ray Of Hope

No タイトル 作詞 作曲 編曲 備考
希望という名の光(Prelude) 山下達郎 山下達郎 山下達郎 コーラス部分アカペラ
NEVER GROW OLD 山下達郎 山下達郎 山下達郎  
希望という名の光 山下達郎 山下達郎 山下達郎 40thシングル 最高9位 売上1.4万枚
街物語(NEW REMIX) 山下達郎 山下達郎 山下達郎 41stシングル 最高13位 売上2.0万枚
プロポーズ 山下達郎 山下達郎 山下達郎  
僕らの夏の夢 山下達郎 山下達郎 山下達郎 39thシングル 最高8位 売上2.2万枚
俺の空 山下達郎 山下達郎 山下達郎  
ずっと一緒さ 山下達郎 山下達郎 山下達郎 38thシングル 最高3位 売上11.2万枚 
HAPPY GATHERING DAY 山下達郎 山下達郎 山下達郎 40thシングルC/W
10 いのちの最後のひとしずく 山下達郎 山下達郎 山下達郎  
11 MY MORNING PRAYER 山下達郎 山下達郎 山下達郎  
12 愛してるって言えなくたって(NEW REMIX) 山下達郎 山下達郎 山下達郎 42ndシングル 最高15位 売上1.3万枚
13 バラ色の人生〜ラヴィアンローズ Mark David Pierre Louiguy 山下達郎 38thシングルC/W 洋楽カバー
14 希望という名の光(Postlude) 山下達郎 山下達郎 山下達郎 コーラス部分アカペラ

Strings Arranged by 服部克久(3,8,12)、後藤勇一郎(4,6,11)
Original Words by Edith Piaf(13)

初回特典ライブCD「Joy 1.5」
No タイトル 作詞 作曲 編曲 備考
素敵な午後は
Live at 神奈川県民ホール 1985年2月24日
吉田美奈子 山下達郎 山下達郎 16thシングル『おやすみロージー 』C/W収録音源
2ndアルバム『SPICY』収録曲
THE THEME FROM BIG WAVE
Live at 神奈川県民ホール 1985年2月24日
ALAN O'DAY 山下達郎 山下達郎 17thシングル『Endless Game』C/W収録音源
10thシングル
ONLY WITH YOU
Live at 郡山市民文化センター大ホール 1986年10月9日
ALAN O'DAY 山下達郎 山下達郎 19thシングル『ターナーの汽罐車』C/W収録音源
サントラ『BIG WAVE』収録曲
二人の夏
Live at 中野サンプラザホール 1994年5月2日
浜田省吾 浜田省吾 山下達郎 24thシングル『世界の果てまで』C/W収録音源
愛奴のカバー
こぬか雨
Live at 中野サンプラザホール 1994年5月2日
伊藤銀次・山下達郎 伊藤銀次 山下達郎 25thシングル『愛の灯〜STAND IN THE LIGHT〜』C/W収録音源
Sugar Babe時代の未CD化曲
砂の女
Live at 中野サンプラザホール 1994年5月2日
松本隆 鈴木茂 山下達郎 26thシングル『DREAMING GIRL』C/W収録音源
鈴木茂のカバー Sugar Babe時代の未CD化レパートリー曲
アトムの子
Live at 中野サンプラザホール 1992年3月15日
山下達郎 山下達郎 山下達郎 30thシングル『JUVENILEのテーマ〜瞳の中のRAINBOW〜』C/W収録音源
20thシングル

リリースデータ

2011年8月10日 初登場1位 売上20.5万枚 Produced by 山下達郎 MOON/WARNER MUSIC

山下達郎13thアルバム。05年の前作『SONORITE』から6年ぶりの新作。前作以降、06〜07年は一切のリリースが無く、08年以降のシングルA面5曲とC/W2曲を収録。ライブ音源以外では「僕らの夏の夢」と両A面だった「ミューズ」と「ずっと一緒さ」のC/W「ANGEL OF THE LIGHT」2曲が未収録となった。当初10年9月15日に『Woo Hoo』というタイトルで発売日まで発表されていた。2010年はSugar Babeとしてのデビューから35周年というタイミングだったが、制作の都合で延期を発表し、そのまま1年経過してタイトルや収録曲を変更してのリリースとなった。なお『Woo Hoo』として発売を予定していた際には「ANGEL OF THE LIGHT」「ミューズ」もラインナップに含まれていたという。初回盤にはライブアルバム『Joy 1.5』が付属する。これは89年に発売されたライブアルバム『Joy』の続編(というかいつかリリースされる(?)予定の『Joy2』への繋ぎ)という扱いになる。実際にはアルバム未収録になっている8センチシングルC/Wに収録されていたライブ音源を集めたものである(ただし31stシングルのみマキシシングル)。以降のシングルにも合計で4曲ライブ音源がC/Wとして収録されていたが全て未収録となっている。

今作はアルバム全体通して1つの統一感があって聞きやすい。実際にインタビューでも触れていたけど、イメージに沿って自然体な印象である。バラードばかりで「ずっと一緒さ」「愛してるって言えなくたって」の2曲は特にほとんど印象が丸被りしているものの、どちらも確かな名曲。ノスタルジーな気分になる「僕らの夏の夢」とアルバムテーマにもなっている「希望という名の光」の地に足の着いた感じは深みがあって地味だけど確かな風格がある。冒険を辞めたわけではなく「俺の夢」では歌い方を変えたりエフェクト入れたりといつもとは違うチャレンジ精神も失っていないように思う。今回も前作と同様に本人とサポートのシンセ技師だけで構成した曲が半分くらいはあり、比率は大体同じながら前作ほど打ち込みっぽさが気になったり、方向が違うように感じないのは打ち込みの使い方にだいぶ慣れてきたというのもあるのかもしれない。というかシングルだと「街物語」「僕らの夏の夢」以外の3曲は打ち込みだったりするのだが、バンドっぽいサウンドになっているのでクレジット見なければよく分からないくらいである。前2作は個人的に通して聞くにはデコボコしている印象があったが、今回はアルバム全体通してすっきりしていて非常に好印象。個人的には2011年を代表するであろう確かな名盤

ライブ盤の方は結果的に80年代の3曲が『Joy』発売時に存在していたものの未収録だった音源で、残りが『Joy』発売後ではあるものの、1番新しくても94年であり相当に古い音源である。機械的に未収録C/W音源を集めただけなのであまり有名曲が無く、選曲はコアファン向けとなっている。だが丁寧なバンドサウンドにブレない歌声なのでクオリティは高い古い音源なのに楽曲に古さを感じさせないのはさすがだ。

Ray Of Hope (初回限定盤) 初回盤『Joy1.5』付属   Ray Of Hope 通常盤  Ray Of Hope (アナログLP2枚組) [Analog] アナログ盤 

印象度★★★★☆

戻る