SONORITE

No タイトル 作詞 作曲 編曲 備考
MIDAS TOUCH 山下達郎 山下達郎 山下達郎 35thシングル両A面曲
KISSからはじまるミステリー
<feat.RYO(from ケツメイシ)>
松本隆 山下達郎 山下達郎 KinKi Kidsへ提供 セルフカバー
FOREVER MINE 山下達郎 山下達郎 山下達郎 35thシングル 最高8位 売上5.4万枚
忘れないで 竹内まりや 山下達郎 山下達郎 34thシングル 最高14位 売上3.4万枚
風がくれたプロペラ 山下達郎 山下達郎 山下達郎  
ラッキー・ガールに花束を 山下達郎 山下達郎 山下達郎 34thシングルC/W、37thシングル両A面曲(カット)
SECRET LOVER 山下達郎 山下達郎 山下達郎  
フェニックス(2005 REMIX) 山下達郎 山下達郎 山下達郎 33rdシングルC/W
LIGHTNING BOY 山下達郎 山下達郎 山下達郎  
10 白いアンブレラ 山下達郎 山下達郎 山下達郎 37thシングル(カット) 最高49位 売上0.3万枚
11 太陽のえくぼ(ALBUM REMIX) 山下達郎 山下達郎 山下達郎 36thシングル 最高29位 売上1.3万枚
12 2000トンの雨
(2003 NEW VOCAL REMIX)
山下達郎 山下達郎 山下達郎 4thアルバム『GO AHEAD!』収録曲
33rdシングル(リメイク) 最高16位 売上1.7万枚  
13 WHEN YOU WISH UPON A STAR
〜星に願いを〜
NED WASHINGTON LEIGH HARLINE 服部克久 29thシングル『LOVE CAN GO THE DISTANCE』C/W
カバー曲

4=Horn&Strings Arranged by 服部克久、10=Horn Arranged by 服部克久

※シングル200位以内データ

リリースデータ

2005年9月14日 初登場2位 売上24.2万枚 Produced by 山下達郎 ワーナー

山下達郎12thアルバム。99年に3rdアカペラアルバム『ON THE STREET CORNER 3』、02年に裏ベスト『RARITIES』はあったがオリジナルは前作同様に7年ぶり。前作以降から02年までのシングル2曲は『RARITIES』に収録されたのでそれ以降のシングルを収録し、さらに今回はC/Wまで全て収録し、発売後にはシングルカットまでされたので最終的にシングル曲だらけのアルバムになってしまった。なお『ラッキー・ガールに花束を』は04年のC/W収録当時にタイアップがついていたが、05年に新たなCMタイアップがついたので今度は両A面でカット。短い期間に2度2曲目収録でシングルカットされるというという不思議な事態になっている。

当時話題になったのはケツメイシRyoとのコラボでのKinKi Kids提供曲『KISSからはじまるミステリー』のセルフカバー。ラップ部分の歌詞は長くなり丸々変更されている。このラップをRyoが担当、山下達郎はあくまでメロディーパート部分のみ担当しているのだがRyoのラップ声は山下達郎がちょっとラッパー気取ってみました的な声に聞こえるため、パッと聞くと山下達郎がついにラップに手を出したのか?と勘違いする。当時ラジオでよくかかっていたというこの曲を聞いたカーネル・S・マルオ氏も「山下達郎がラップしちゃったよ」と言っていたくらいだし、俺も最初に聞いた時はそうだと思っていた(そうなるとRyoがどこにも参加してない事になっちゃうんだけど)。そんな面白いコラボが聞けるのはいいのだが、その他の曲はあまりにまったりスローで暗い曲が多い。ここ数年の傾向だが、本人がホーン系の楽器以外をほとんど1人で演奏している。それだけならいいのだが、打ち込みを使った曲も多くなっていてかつてのような実力派裏方ミュージシャンが集っての丁寧な生音バンドサウンドが聞ける曲がほとんどなくなってしまった。『FOREVER MINE』は個人的にツボにはまる名バラードだったので3曲目までは期待していたのだが以降は地味で暗くてスローな曲が多いので正直少し辛かった。

SONORITE(初回限定盤) 初回盤は紙ジャケ仕様     SONORITE(通常盤) 通常盤

印象度★★★☆☆

戻る