SPACY

No タイトル 作詞 作曲 編曲 備考
1 LOVE SPACE(ラブ・スペイス) 吉田美奈子 山下達郎 山下達郎  
2 翼に乗せて 吉田美奈子 山下達郎 山下達郎  
3 素敵な午後は 吉田美奈子 山下達郎 山下達郎  
4 CANDY(キャンディー) 吉田美奈子 山下達郎 山下達郎  
5 DANCER(ダンサー) 山下達郎 山下達郎 山下達郎  
6 アンブレラ 吉田美奈子 山下達郎 山下達郎  
7 言えなかった言葉を 吉田美奈子 山下達郎 山下達郎  
8 朝の様な夕暮れ 山下達郎 山下達郎 山下達郎  
9 きぬずれ 吉田美奈子 山下達郎 山下達郎  
10 SOLID SLIDER(ソリッド・スライダー) 吉田美奈子 山下達郎 山下達郎  
<Bonus Track>(02年リマスター盤のみ)
11 LOVE SPACE[カラオケ-Karaoke-]
(未発表-Previously Unreleased-)
  山下達郎 山下達郎 未発表カラオケバージョン
12 アンブレラ[別ヴァージョン-Alternate Version-]
(未発表-Previously Unreleased-)
吉田美奈子 山下達郎 山下達郎 未発表別アレンジバージョン
13 SOLID SLIDER[ショート・ヴァージョン-Short Version-] 吉田美奈子 山下達郎 山下達郎 1stベスト盤『GREATEST HITS! OF TATSURO YAMASHITA』収録Ver.

Horn Arrangement:CHARLES CALELLO(7)

リリースデータ

1977年6月25日(LP)
1984年8月5日(初CD化)
1986年8月15日
1990年9月21日
1997年6月4日
1999年5月21日(紙ジャケ再発)
2002年2月14日(リマスター盤)
最高59位
-
-
-
-
-
初登場29位
売上0.6万枚
-
-
-
-
-
売上1.3万枚
Produced by 山下達郎 RCA/RVC

山下達郎2ndアルバム。前作から半年でのリリース。前作のNew York Sideのアレンジを担当したCHARLES CALELLOのスコアを持ち帰ることができたため、これを研究し、今作ではセルフプロデュース、セルフアレンジとなっている。B面にあたる「言えなかった言葉を」「朝の様な夕暮れ」「きぬずれ」はバンドメンバーを起用せずピアノを中心とした本人の1人演奏+コーラス+αの編成となっているが、これは予算の関係であるとされている。

初CD化以降、移籍していたため基本的に無許可での再発が続いていた。旧盤での再発は99年の紙ジャケット盤が最後(普通のプラケースでは97年盤)となっている。02年にはRCA/RVC時代の7作のアルバムを本人監修によるリマスター盤として一斉再発(02年当時はBMGファンハウスになっていた)。この際に各アルバムにボーナストラックが追加された。今作には「LOVE SPACE」のカラオケ(当時作っていないので今作用にボーカルを抜いてリミックスしたもの)、「アンブレラ」の別バージョンといった初収録音源に加えて、「SOLID SLIDER」のベスト盤収録用に制作していたショートバージョンを収録。このショートバージョンは後のベスト盤『OPUS』でも採用された。また直後に7作をまとめ、さらにCD未収録のボーナスディスクも付属したLPによるBOXセット『THE RCA/AIR YEARS LP BOX 1976-1982』も発売された。現在はBMGがソニーに買収されたため、ソニーによるサイトが制作され今作が紹介されている。

全体的に内省的で地味な感じがするアルバム。後半でバンドメンバーを起用しない1人演奏の曲が続いてくるのもより地味な感じがしてしまいどうにも苦手なんだけど、1人多重録音によるコーラスは後にそれだけのアルバムがシリーズ化されるなど山下達郎の武器の1つになっていき、その原点がここという事もあって古くからのファンの間では今作を最高傑作に挙げる人も多いらしい。それよりは雄大な雰囲気がブレイク以降を思わせる「LOVE SPACE」、凝った演奏が楽しめる「SOLID SLIDER」辺りの作風の方が個人的には好きなんだよなぁ…。

SPACY (スペイシー)02年リマスター盤  スペイシー97年盤  SPACY (紙ジャケット仕様)99年紙ジャケ盤 

印象度★★★☆☆

2017.9.8更新

戻る