YAMA-P

No タイトル 作詞 作曲 編曲 備考
1 愛、テキサス ティカ・α 永井聖一 やくしまるえつこ、
永井聖一
5thシングル 最高1位 売上16.8万枚
2 LOVE CHASE Blaise,Maynard,tax Blaise,Maynard Maynard Plant,
Zen Nishizawa
6thシングル 最高2位 売上14.1万枚
3 ERO-2012 version- 野島伸司 前山田健一 前山田健一 2ndアルバム『エロ』収録曲
4 怪・セラ・セラ 大胡田なつき、成田ハネダ 成田ハネダ パスピエ 7thシングル 最高2位 売上11.2万枚
5 SUMMER NUDE'13 桜井秀俊・倉持陽一 桜井秀俊 CHOKKAKU+
OKAMOTO'S
8thシングル 最高1位 売上13.1万枚
真心ブラザーズのカバー
6 原始的じゃナイト〜アナログ ラブ〜 和田唱 久保田利伸 大沢伸一 3rdアルバム『A NUDE』収録曲
7 HELLO 秦基博 BACHLOGIC,
TAKUYA HARADA,
BASIM
BACHLOGIC 1stミニアルバム『遊』収録曲
8 YOUR STEP ナオト・インティライミ
英訳詞:Jeff Miyahara
Andy Platts,
Christian Fleps,
Anthony Galatis
Jeff Miyahara 4thアルバム『YOU』収録曲
9 抱いてセニョリータ-2014 version- zopp 渡辺未来、真崎修 akkin.,corin. 4thアルバム『YOU』収録Ver.、1stシングルのリメイク
10 Dreamer-New Recording Version- 山下智久 ヒロイズム 亀田誠治 初CD化曲
11年のライブDVD/BD特典の期間限定動画で公開されていた未発売曲

リリースデータ

2016年1月27日 初登場1位 売上5.9万枚 Producer:飯島三智 ワーナー

山下智久、初のベストアルバム。NEWS脱退後、ワーナーに移籍した2012年以降のシングル4作、アルバム3作、ミニアルバム1作から選曲されている。ジャニーズ・エンタテイメント在籍時の1st〜4thシングル、1stアルバムは対象外となっているが、最大のヒット曲である「抱いてセニョリータ」は移籍後の4thアルバムのリメイクバージョンがあったためそちらで収録された。「Dreamer」は2011年のライブDVD/BD『TOMOHISA YAMASHITA ASIA TOUR 2011 SUPER GOOD SUPER BAD』の特典として期間限定で公開されていた動画内にて未発表の新曲として発表されていた楽曲。期間限定だったのでそのまま幻となっていたが、今回新たにレコーディングして初CD化となった。初回盤Aにはこの期間内に制作されたMV8作を収録したDVD付。今作には未収録の8thシングルC/Wの「Nocturne」も収録されている。初回盤Bはボーナストラックとして「Dreamer」のリミックス「Dreamer-banvox Remix-」を追加収録した全11曲仕様。

ベスト盤を出す際は意外としっかりやる事が多いジャニーズの中では移籍後(NEWS脱退後完全にソロ歌手になってから)の権利楽曲だけで構成する、明らかに曲数も少ない…などなんとも奇妙なベストアルバム。一応「抱いてセニョリータ」でのソロデビューからは10周年ではあるんだけど、迎えるのは5月だし、今作では特段10周年をアピールしている形跡は無く、「抱いてセニョリータ」はワーナーでリメイクしていたおかげで何とか収録できたものの、それこそ本気で10周年ベストを出すなら当然レコード会社の垣根など越えて、修二と彰「青春アミーゴ」、GYM「フィーバーとフューチャー」、The MONSTERS「MONSTERS」などのジャニーズ内コラボ楽曲も詰め込めばもっと話題になったはずだし、ベストアルバム出すならその方が当然魅力はあったと思う。

タイミング的にはSMAP独立騒動の最中であり、発売決定時(2015年晩秋頃?)には既にキムタクの残留表明により状況が悪化し始めた頃と思われる。退社が確定的になってきている中で飯島三智マネージャーがジャニーズで担当した作品としても恐らくこれが最後の置き土産的な作品になっているはず。そうなると山下智久は早々にジャニーズ残留を決めた=飯島マネにはついていかないという報道もあったので、プロデューサーとして最後の作品として今作が用意されたということだろうか。実際のところ、2015年はCDリリースが無く、シングルは2013年が最後、アルバムも『YOU』が14年10月にリリースされ、それ以来のCDが今作である。あまりに唐突過ぎる。

昨今の重量級ベストブームに反して入門編としてあえて聞きやすい曲数に絞ったわけではなさそうだけど、結果的にはまさかの40分にも満たない軽量級ベストアルバム。これが実に聞きやすい。さらに生音ロックバンド、打ち込み全開のダンスナンバー、ポップスなど一貫性皆無でかなりメチャクチャにあちこち飛び回ったような(褒め言葉)提供陣による個性あふれる楽曲が並んでいて、1曲1曲がしっかり残るベストアルバムだと思う。ドラマで聞いてはいたけどCDを手に取った事が無かったので初めてちゃんとCDで聞いたけど改めていい曲が多かったんだなと思った。どうも見た目のカッコよさに反して、歌声があまりカッコよくないというか鼻声のような素人っぽい歌声で、典型的な上手に聞こえない(下手というほどじゃないけど下手と言われがち)タイプ。これでだいぶイメージ的に損していたような気がするがちゃんと聞いていればこの歌声も気にならなくなってきた。

YAMA-P<初回限定盤A>初回盤DVD付A  YAMA-P<初回限定盤B>初回盤B(1曲多い)  YAMA-P<通常盤>通常盤 

印象度★★★★☆

2016.6.6更新

戻る