CARPE DIEM

No タイトル 作詞 作曲 編曲 備考
Open Your Heart   前嶋康明   インスト
CARPE DIEM〜今、この瞬間を生きる〜 おちまさと 熊田晃典 大八木弘雄 3rdシングル 最高30位 売上0.9万枚
北風と太陽 おちまさと 渡辺未来 家原正樹 2ndシングル 最高5位 売上15.3万枚
逃げ水〜Like a road mirage〜 おちまさと Motoko Harada 米光亮
Motoko Harada
1stシングルC/W
LOST Generation おちまさと 泉川そら 吉又良 1stシングル 最高53位 売上1.0万枚
Another “Myself” おちまさと Motoko Harada Watari  
裸の王様 おちまさと 大八木弘雄 大八木弘雄 3rdシングルC/W
2880316〜地球最後の日の皆様へ〜 おちまさと Watari Watari 2ndシングルC/W
Christmas Card おちまさと 大八木弘雄 大八木弘雄  
10 鬼灯 おちまさと 渡辺未来 渡辺未来  
11 I will never forget.〜もうひとつの理由〜 おちまさと 泉川そら 吉又良 3rdシングルC/W(シングルでは詞の朗読のみ)
12 And Just Open Your Heart   前嶋康明   インスト

リリースデータ

2002年12月11日 初登場11位 売上3.8万枚 Total Produced by おちまさと DefSTAR RECRDS

メンバー

ユキ
ユウコ
ヒトミ

YeLLOW Generation1stアルバム。01年6月にデビュー。Whiteberry、ZONEをロングヒット&ブレイクに導いた夏のTBS昼ドラ13時30分〜14時枠のこの年は『ドレミソラ』主題歌で一躍ブレイクしたものの次の曲に繋げず。アルバムでもギリギリでトップ10入りを逃した。11はC/W時は詞の朗読だったが今回はメロディーがついた。

1と12は歌入ってないストリングス曲だし、実質新曲3曲だけ。帯には「全曲詞先言葉責め」と書いてある通り、おちまさとによる詞に重点を置いたグループである。恋愛よりも生きることを歌った詞が多い。共感できる詞も確かにあるのだけど、曲は最終的にはメロディー。そのメロディーも決して悪くないのだがなんかなぁ…。おちまさとっていうのはクリエイティブプロデューサーということでバラエティーとか時には脚本とかも手がけてて実際過去にもTOKIO『メッセージ』とか作詞したことあるけど、結局のところ詞だけで全面的にプロデュースされてもな。詞のない1と12のクレジット欄にはConcept,Titleでおちまさとの名をクレジットしてるしトータルプロデュースで自分の名前を出すなど散々主張しておいてスタッフクレジット欄には3人のメンバー表記がないという…。曲はそこそこいいのだけど詞先とか言葉を大事にすると言うならばプロデューサーの詞じゃなく肝心の歌ってる3人の言葉を聞きたいというのもある。けっこうアーティストっぽい雰囲気をまとっているだけにおちまさとの言葉を伝えるだけの操り人形状態はコンセプトとしては微妙だったのではないだろうかおちまさとの実験材料というか企画モノに過ぎないような気もする。曲の方もほとんど同じような力んだ感じの曲調なのでどの曲も名曲風ではあるのだがバランスとして少し飽きる。

最大の問題点としては詞を大事にしているわりにはブックレットの歌詞が恐ろしく細かい字で見難いことか。

CARPE DIEM

印象度★★★☆☆

戻る