life-sized portrait

No タイトル 作詞 作曲 編曲 備考
YELLOW YeLLOW Generation KAOS 西川進 7thシングル 100位圏外(147位)
扉の向こうへ YeLLOW Generation 森元康介 長岡成貢 6thシングル 最高14位 売上3.6万枚
うたかた おちまさと marhy 中村修司 4thシングル 最高22位 売上1.2万枚
Listen! ユキ Stevie Bensusen Stevie Bensusen  
トリトマ YeLLOW Generation meister meister 8thシングル 最高99位 売上0.1万枚
レモナーデ ヒトミ 小西康陽 小西康陽  
あのね… YeLLOW Generation 田中直 4106  
チョコレイト
〜鮮烈な味わい魅惑の世界〜
ユウコ 平松愛理 清水信之  
夜空に咲く花
〜eternal place〜
YeLLOW Generation
,aki
森元康介 松浦晃久 5thシングル 最高49位 売上0.2万枚
10 春雷 おちまさと 渡辺未来 渡辺未来 4thシングル両A面曲
11 終わりのない道 YeLLOW Generation 日比野元気・
華原大輔
松浦晃久  
12 扉の向こうへ
-FULLMETAL mix-
    新井仁 リミックス曲

リリースデータ

2005年8月10日 初登場100位 売上0.2万枚 ソニー

メンバー

ユキ
ユウコ
ヒトミ

YeLLOW Generation2ndアルバム。02年12月以来2年8ヶ月ぶりのアルバムとなったが結果的に最後のアルバムになった。。その間に発売されたシングル6曲(1曲両A面なので枚数は5枚)と新曲2曲、各自が作詞したソロ3曲、さらに『扉の向こうへ』のリミックスが収録されている。元々おちまさとに見出され彼の作詞とコンセプトの基で始まったプロジェクトながら『うたかた/春雷』を最後におちまさとを卒業という扱いでおちまさとは手を引いた。スペシャルサンクスにさえ名前が載ってないところを見るとあまり感謝はしていないのか…?この後12月にリリースしたシングル『Dual』を最後にリリースは停止。1年後の06年末にブログ上で解散を発表。解散当時ベスト盤はリリースされず、『Dual』はアルバム未収録のままだったが、2010年12月に『GOLDEN☆BEST』シリーズの一環で初のベストが発売され『Dual』もアルバム初収録となっている。。

シングル以外、大した曲は『終わりのない道』くらいしかないと個人的には感じたのだがシングルが多いのでシングルが気になったなら十分聞けるアルバムになっていると思う。ただし最後のリミックスは蛇足。新井仁というのは99年にドラマ『チープラブ』主題歌を歌って少しだけヒットしたバンドNORTHERN BRIGHTのボーカル。バンドのボーカルがリミックスなんて珍しいが普通にリミックス曲。終盤では恐らくタイアップ先の『鋼の錬金術師』のものと思われる声優たちのセリフが挿入されているがさっぱり意味が分からない。『終わりのない道』で十分アルバムは完結している。一応この曲のエンディングがフェードアウトしてからも必要以上に長く時間を取っているのでオマケ的扱いにはなっているんだけど。

おちまさとがいなくても全く問題なし。前作ではおちまさとの作り上げたコンセプトの元で彼の作った歌詞を歌う操り人形状態だったが彼がいなくなったことで自分達の言葉を歌うようになった。とはいえグループの雰囲気はさほど変わらなかった。基本的には前作と同じく力強い歌声で生きる事を歌うといったマジメな歌が多い。しかし力みすぎていた作風も徐々に変化の兆しが見えてきている。ソロ曲などでは甘甘なラブソングを歌ってみたり、最新シングル『トリトマ』も切ない恋心を歌ってみたりとわずかに曲に幅が出て来た。サウンドや歌い方も少し力を抜いたようなものもあり『終わりのない道』なんかは歌詞こそ生きる事を歌っているのだが歌い方やサウンドは以前ほど力んでいない。ジャケット写真などを見ても『トリトマ』辺りから女の子っぽさを少し前面に出し始めている。

この後のシングル『Dual』などでは小西康陽をアレンジに招いてポップな雰囲気に仕上がり、笑顔なども見え始めておりようやく張り続けていた力が抜けて幅が出てきたような感じがする。そんな中で公式ページもリニューアルされたりしていたのだが…変化が楽しみになってきたところでのまさかの解散宣言。残念ではあるが、元々おちまさとの思想で作られただけにグループとしてのコンセプトがもう分からなくなっていたのかも。

life-sized potrait

印象度★★★☆☆

戻る