I LOVED YESTERDAY

No タイトル 作詞 作曲 編曲 備考
Laugh away YUI YUI northa+  
My Generation YUI YUI northa+ 9thシングル 最高1位 売上13.5万枚
Find me YUI YUI northa+  
No Way YUI COZZi COZZi  
Namidairo YUI YUI northa+ 11thシングル 最高3位 売上11.5万枚
Daydreamer YUI COZZi COZZi  
Love is all YUI YUI northa+  
I will love you YUI COZZi COZZi  
We will go YUI YUI northa+  
10 OH YEAH YUI YUI northa+  
11 My friend YUI YUI SHIGEZO  
12 LOVE&TRUTH YUI YUI northa+ 10thシングル 最高1位 売上14.5万枚
13 Am I wrong? YUI YUI northa+  

※シングル200位以内データ

リリースデータ

2008年4月9日 初登場1位 売上47.4万枚 ソニー

YUI3rdアルバム。ドラマタイアップ(2,5)、映画タイアップ(12)と相変わらずの好待遇が続くが、9thシングル両A面曲で映画タイアップのあった『Understand』は未収録となった。『Laugh away』はCMタイアップがついて、1ヶ月前に着うた先行配信され、PVも制作されるなどシングル級の扱いだった。初回盤DVD付は前作に続いて「1つ前のアルバムのシングルPV収録」+ライブ映像収録らしい。

1stと2ndで打ち込みと生ドラムの使用頻度が綺麗に逆転して生のバンドサウンド化が進んでいたのだが、今回はなんと11曲のドラムが打ち込み。『My friend』と『LOVE&TRUTH』以外はYUIのギター演奏アレンジャーであるnortha+かCoZZiによるギターとベース演奏及びプログラミングのみで楽曲が構成されている。よく見ると生ドラムを使っている『LOVE&TRUTH』もベースクレジットが無いのでベースが打ち込みになっているっぽい。まさかここまでほぼアレンジャー1人でのオケ制作に傾くとは予想外の展開。人件費を削っているのか、この方が早く済むのでこうしているのか、ライブで聴いたときの生バンドでの迫力が増すからあえてCDでは打ち込みにしたのか。基本的なサウンドは、アレンジャーも変わってないしアコースティックを生かしつつロック風という感じで大きな変化は無い。アルバム全体としてもまあ普通にいい感じ。シングルが気に入ったなら文句の無いアルバムだと思う。個人的にはシングルの時点で少し好みではなくなってきたので借りなくなっていたのだがアルバム全体としても前作のときに比べて少し興味は引いてきてしまった感じ。夢を追いかける系の歌詞も、すっかりブレイクして成功を手にしてしまったこれからは少し響きが変わってきてしまったようにも感じた。叶ってしまった以上はかつてのような「目指してる者の強い想い」みたいなのは感じられなくなってきた。音楽への強い想いは変わっていないにしても、16の時の自分を回想して夢への強い想いを歌う『My Generation』などもう過去になってしまったわけで。忘れちゃいけない想いではあっても、既にリアルタイムの感情ではない。いきなりラブソングばかりになる事はないと思うけど(ていうか恋愛に関しては「CHE.R.RY」みたいな曲が精一杯でまだ興味無さそうなイメージがあったのでいきなり『LOVE&TRUTH』みたいな曲は少し違和感さえ感じた)、次回以降変わってくるんじゃないかな〜と思う。

I LOVED YESTERDAY(初回生産限定盤)(DVD付) 初回盤DVD付   I LOVED YESTERDAY 通常盤 

印象度★★★☆☆

戻る