YUI Tribute SHE LOVES YOU

No タイトル 作詞 作曲 編曲 原曲
How Crazy/SCANDAL YUI YUI 西川響 2ndアルバム『CAN'T BUY MY LOVE』収録曲
Tomorrow's way/ねごと YUI YUI ねごと 2ndシングル
Good-bye days/miwa YUI YUI 松浦晃久 5thシングル
LIFE/Goose house YUI YUI Goose house 3rdシングル
Rolling star/中川翔子 YUI YUI 松隈ケンタ 7thシングル
Namidairo/井出綾香 YUI YUI Dr.kyOn 11thシングル
My Generation/Kylee YUI YUI 涌井啓一 9thシングル
again/ステレオポニー YUI YUI 新井大樹 13thシングル
I remember you/沢井美空 YUI YUI Kota Hashimoto 6thシングル
10 HELLO/Dancing Dolls YUI YUI シオカワミツキ 19thシングル
11 GLORIA/藍井エイル YUI YUI 新井大樹 15thシングル
12 feel my soul/joy YUI YUI 天田優子 1stシングル
13 CHE.R.RY〜Bossa Live Version〜/YUI YUI YUI   8thシングル 本人セルフカバー ライブ音源

リリースデータ

2012年10月24日 初登場7位 初動1.9万枚、売上2.5万枚 Sony

YUIのトリビュート盤。YUIの後輩女性アーティストが1曲ずつカバーしている(中川翔子はキャリアや年齢は上だがCDデビューはYUIの後)。ビクター所属の井出綾香以外は全てソニーレーベル所属。YUI監修とされており、本人もセルフカバーで参加している。これは2012年1月19日の日本武道館でのライブ音源である。

ガールポップ&ロック的なメンツで固めており、基本的にバンドかソロ歌手だが、Dancing Dollsのみダンスグループ。アレンジまで自作しているのはねごととGoose houseとjoyの3組のみで、自分で演奏しているのも加えるとSCANDAL、miwa(アコギ弾き語り)が加わる。このためロックバンドスタイルかアコースティックでのカバーが多い。個人的に普段のYUIのアレンジはギター以外アレンジャーだけでほとんどオケを完成させてしまうような打ち込みの多さやプロデューサーの意向らしき迫力に欠けるこじんまりしたサウンドに物足りなさがあった。今作も原曲以上にガツンとロックしているのはSCANDALや藍井エイル程度で、わりと打ち込みやアコースティック方面に処理した曲も多いんだけど多彩なアレンジやボーカルで聞くことでけっこう各楽曲の良さを改めて感じることができたので予想していたよりも好印象だった。JUDY AND MARY、ZONEに続いてしっかりとゲーム/アニメタイアップ楽曲を選曲させてもらっている中川翔子はロックバンド、アイドルカバー、女性シンガーソングライターカバーのどこでも呼ばれるフットワークの軽さ(3作に参加しているのは中川とSCANDALだけ)と柔軟性を見せているのが地味に凄い。気になるところではブックレットの紹介では触れられていないものの既に解散が決定していたと思われるステレオポニーで、普段はアレンジも自分たちとその時期のプロデューサーとやっているのに今回は完全にお任せコース。サウンドの方向性もステレオポニー初関与の人物だけに相当雰囲気が異なり、何だか違和感がある。そして「CHE.R.RY」はもう1組ダンスグループ(9nine辺りとか)でも呼んでカバーさせた方が面白かったと思うのに自分でカバーしちゃってるのは少し残念。本人参加はいいけど、誰かのカバーとボーナス的に本人カバーという配置なら「CHE.R.RY」が重複しても別に良かったのに。そしてそういえばZONEもいない事に気づいた。実は年齢的にはYUIと同世代ではあるが、圧倒的に先輩なので呼ばれなかったのだろうか。

SHE LOVES YOU  

印象度★★★★☆

戻る