水の中のASIAへ

No タイトル 作詞 作曲 編曲 備考
1 スラバヤ通りの妹へ 松任谷由実 松任谷由実 松任谷正隆  
2 HONG KONG NIGHT SIGHT 松任谷由実 松任谷正隆 松任谷正隆 松任谷正隆のカバー
3 大連慕情 松任谷由実 松任谷由実 松任谷正隆 萩尾みどりへ提供 セルフカバー
4 わき役でいいから 松任谷由実 松任谷由実 松任谷正隆  

リリースデータ

1981年5月21日(12インチEP)
1981年5月21日(カセット)
1985年6月1日(初CD化)
1999年2月24日(リマスターCD)
2013年10月2日(99年盤の廉価再発)
最高9位
最高20位
-
-
-
売上10.3万枚
売上4.0万枚
-
-
-
Produced by 松任谷正隆 東芝EMI
東芝EMI
東芝EMI
東芝EMI
EMI RECORDS

松任谷由実11thアルバム。LP(アルバム)やシングルではなく、発売当時は12インチEPとして発売された。現在公式サイトでも正式なオリジナルアルバムとしてカウントされている。前作から5ヶ月でのリリースで、間にシングル発売は無かった。「HONG KONG NIGHT SIGHT」は77年に発売された松任谷正隆の唯一のソロアルバム『夜の旅人』に収録されていた曲のカバー。このため作曲がユーミンでは無い。「大連慕情」は77年に萩尾みどりへ提供した楽曲のセルフカバー。99年に松任谷由実以降の80年代までのアルバムは一斉にバーニー・グランドマンによるリマスターで再発され、これが現行盤となる。2013年には全オリジナルアルバムが廉価盤で再発されている。アルバム一斉再発の際は各アルバム一律料金が設定されているが、今作のみ曲数が少ないため定価が安く設定されている。特に2013年廉価再発盤の際は1980円に対して今作は1050円となりシングルCD並の価格になっていた。

レコードには色々と種類があり、LP以外にSP、シングル(7インチ)、EP、12インチとかあってレコード世代じゃないと12インチEPという立ち位置が良く分からないが(12インチEPは通常のシングルよりも音がいいとされていたようだ)、CD以降の感覚ではミニアルバムとしてとらえられる作品。タイトル通り、どこか異国情緒(アジアンテイスト)が漂っていて、一風変わった雰囲気(厳密には最後の「わき役でいいから」は歌詞も曲調もアジアンテイストではない)。さらっと聞ける割にけっこう味わい深さがあって、何気に満足度の高い作品だ。

水の中のASIAへ99年リマスター盤  水の中のASIAへ2013年廉価再発盤 

印象度★★★☆☆

戻る