Road Show

No タイトル 作詞 作曲 編曲 備考
1 ひとつの恋が終るとき 松任谷由実 松任谷由実 松任谷正隆  
2 Mysterious Flower(Album Version) 松任谷由実 松任谷由実 松任谷正隆 オリジナルは未発売
3 I Love You 松任谷由実 松任谷由実 松任谷正隆  
4 今すぐレイチェル 松任谷由実 松任谷由実 松任谷正隆  
5 夏は過ぎてゆき 松任谷由実 松任谷由実 松任谷正隆  
6 太陽と黒いバラ 松任谷由実 松任谷由実 松任谷正隆  
7 コインの裏側 松任谷由実 松任谷由実 松任谷正隆  
8 夢を忘れたDreamer 松任谷由実 松任谷由実 松任谷正隆  
9 GIRL a go go 松任谷由実 松任谷由実 松任谷正隆  
10 バトンリレー(Album Version) 松任谷由実 松任谷由実 松任谷正隆 40thシングル両A面曲
11 ダンスのように抱き寄せたい(Album Version) 松任谷由実 松任谷由実 松任谷正隆 40thシングル 最高15位 売上1.4万枚

Horn Orchestration: Jerry Hey(3,5,6,7)
Strings Orchestration: David Campbell(3,4,5,7)、松任谷正隆(10,11)

リリースデータ

2009年4月8日
2013年10月2日(廉価再発)
初登場2位 売上8.0万枚 All songs Produced by 松任谷正隆 EMI RECORDS

松任谷由実36thアルバム。前作から2年ぶり。前年リリースのシングル「ダンスのように抱き寄せたい/バトンリレー」は2曲ともミックス変更で収録されている(Album Versionと表記されているがアレンジ変更はされていない模様)。「Mysterious Flower」は今作が初収録の楽曲でオリジナルバージョンは未発売。同年発売されたニンテンドー3DSソフト「レイトン教授と奇跡の仮面」エンディングテーマに起用されていてタイアップ版がオリジナルという扱いのようで、一部歌詞が変更された事からバージョン表記がされたものと思われる。初回盤はデジパック仕様だったが、通常盤はレンタルでしか流通しなかった模様。次回作『POP CLASSICO』発売前の2013年10月に1stから今作まで+セルフカバー『Yuming Compositions: FACES』の37作が一斉に廉価再発された。

またマスタリングは84年以降Bernie Grundmanが手掛けるようになり、旧作リマスターもベスト盤も全てBernie Grundmanが一貫して担当していたが、今作ではDoug Sax and Sangwook “Sunny” Namが担当している。ついに交代かと思いきや、次回作以降は再びBernie Grundmanに戻ったので、現存する公認アルバムで今作のみマスタリングエンジニアが異なる

映画のような雰囲気は今までの作品にもあったが今作は改めてそれを意識したようで、上質な短編映画集のような味わい。リードしていくようなこれぞという曲はないがアルバムトータルではユーミンらしくて今回も盤石といったところ。シングルになったラスト2曲は年齢相応の視点で描かれていてさみしい感じもするが避けて通れない老いを意識。50代も終盤となり、還暦を控えてユーミンもいよいよ老いを意識する段階に達して新たな深みが生まれていると思う。

Road Show  Road Show2013年廉価盤 

印象度★★★★☆

2016.9.14更新

戻る