U-miz

No タイトル 作詞 作曲 編曲 備考
1 自由への翼 松任谷由実 松任谷由実 松任谷正隆  
2 HOZHO GOH(ホジョンゴ) 松任谷由実 松任谷由実 松任谷正隆  
3 真夏の夜の夢 松任谷由実 松任谷由実 松任谷正隆 24thシングル 最高1位 売上143.2万枚
4 この愛にふりむいて 松任谷由実 松任谷由実 松任谷正隆  
5 XYZING XYZING 松任谷由実 松任谷由実 松任谷正隆  
6 11月のエイプリルフール 松任谷由実 松任谷由実 松任谷正隆  
7 只今最前線突破中 松任谷由実 松任谷由実 松任谷正隆  
8 Angel Cryin' X'mas 松任谷由実 松任谷由実 松任谷正隆  
9 July 松任谷由実 松任谷由実 松任谷正隆  
10 二人のパイレーツ 松任谷由実 松任谷由実 松任谷正隆  

Horn Arrangement:Jerry Hey,松任谷正隆(5)、Jerry Hey(6,7)

リリースデータ

1993年11月27日
2013年10月2日(廉価再発)
初登場1位
-
売上138.2万枚
-
Produced by 松任谷正隆 東芝EMI
EMI RECORDS

松任谷由実25thアルバム。89年を最後にシングルリリースが無く、3年連続シングルなしのオリジナルアルバムリリースが続いていたが、4年ぶりにして90年代初となるシングル「真夏の夜の夢」が発売され、シングルでの初ミリオン、最大のヒット曲となった。一方でアルバムは前作よりダウンし、シングル売上に及ばない結果となった。初回盤は黒ケース仕様。

久々にリリースされたシングル「真夏の夜の夢」の印象がやはりずば抜けている。というか「真夏の夜の夢」以外はベスト盤に選曲されたことが無く、残り9曲は今作でしか聞けない状態なのでよりそう感じてしまう。今作は全体的にこれまでとは一風変わった雰囲気。ドラムが「Angel Cryin' X'mas」「July」しか使われてないんだけどパーカッションは使っていたり、"Hi-Hats,Cymbals"というクレジットがされた曲が一部あったりと打ち込みと生を組み合わせたらしき変則的な使い方をしていて、全体には打ち込みメイン。少なくとも数年前のザ・コンピューター音みたいな機械的な響きではなくなっているのでそこまで古さを感じなくなってきているのは良かった。テーマとしてはサイケデリックだったらしいけど、実験サウンドが展開しているというほどではない、だけどここまでとはちょっと雰囲気が違って色々やっている、というのが今作だろうか。全体通していいんだけど、やはり「真夏の夜の夢」が1曲だけ強すぎるかなぁ…。

U‐miz  U-miz2013年廉価盤 

印象度★★★☆☆

2016.1.25更新

戻る