Wings of Winter, Shades of Summer

No タイトル 作詞 作曲 編曲 備考
1 Bonne annee 松任谷由実 松任谷由実 松任谷正隆  
2 Wings of Winter 松任谷由実 松任谷由実 松任谷正隆  
3 Northern Lights 松任谷由実 松任谷由実 松任谷正隆 36thシングル付属DVD収録(カット)
4 ただわけもなく 松任谷由実 松任谷由実 松任谷正隆  
5 Rodeo 松任谷由実 松任谷由実 松任谷正隆  
6 雪月花 松任谷由実 松任谷由実 松任谷正隆 36thシングル(カット) 最高59位 売上0.9万枚
7 Painting the sea 松任谷由実 松任谷由実 松任谷正隆  

Orchestration:David Campbell(1,3,6)

リリースデータ

2002年11月20日
2013年10月2日(廉価再発)
初登場2位
-
売上18.2万枚
-
Produced by 松任谷正隆 東芝EMI
EMI RECORDS

松任谷由実32ndアルバム。82年の10thアルバムSURF & SNOW』のVol.2として制作された。時代情勢の変化を踏まえてリゾートミュージックを確立した『SURF & SNOW』を踏襲するのではなく、近未来の精神リゾートをテーマとし、楽曲も厳選されフルアルバムでは無くミニアルバム形式の7曲の新曲で構成された。03年2月に「雪月花」がシングルカットされた。このシングルは初めてのDVD付となったが、映像というよりドルビーデジタル5.1chサラウンド音声での収録という部分に重点が置かれ、DVDにはリニアPCMと両音源が収録された。CDの方は「雪月花」(とそのインスト)だけだったが、DVDには「Northern Lights」も収録された。

リゾートミュージック、バブルの象徴のような時代性の強い代表作の1つである『SURF & SNOW』、実はそのジャケットには思いっきり「SURF & SNOW・VOLUME ONE」と記載されていた。このためファンの間では第2弾への期待が持たれていて、本人も忘れてなくて気にはしていたようでついにVol.2に挑んだ、というのが今作だ。不況全開で変わってしまった時代を踏まえて、さすがにリゾートミュージックを再現するような作風にはなっておらず、全体に落ち着いた大人の装いのアルバム。というかもうほとんど別物。絞り込んだ7曲は派手さは無いが、どれも非常に味わい深い。10曲以上でフルアルバムという既定のフォーマットに捕らわれずにこのくらいにまとめるのもコンセプトがしっかりしていれば物足りなさよりも満足感が上回るなと改めて思う。特に中盤過ぎの「ただわけもなく」「Rodeo」「雪月花」の流れが個人的に好き。高音ギリギリの今作唯一のアップナンバー「Rodeo」もいいアクセントになっている。

結果的に全く違う新たな名作が生まれたように思うし、少なくとも不況全開な世の中にセレブなユーミンがリゾートミュージックを現代風に解釈してもう1回やり直したみたいな庶民感覚とかけ離れたような作品では全く無いと思う。『SURF & SNOW』の続編的な売り出し方をしたばかりに、過去の栄光やバブルにしがみついているとか、時代遅れすぎるとか、7曲しかないから枯れた…とかどうも例によって「落ち目」前提の先入観が強くなってしまったような…。着想は『SURF & SNOW』の現代版だったのかもしれないけど、もっと独立した作品としてプロモーションした方が良かったのでは。

Wings of Winter, Shades of Summer  Wings of Winter, Shades of Summer2013年廉価再発盤 

印象度★★★★☆

2016.4.22更新

戻る