ALL ABOUT Z-1

No タイトル 作詞 作曲 編曲 備考
Vibe! BANANA ICE 小西貴雄 小西貴雄/下町兄弟 1stシングル 100位圏外
Be My Love 高柳恋 金子隆博 金子隆博 5thシングル 最高90位 売上0.2万枚
スマートな恋じゃつまらない BANANA ICE 小西貴雄 小西貴雄/下町兄弟 2ndシングルC/W
BaKKAみたい!! 桑原永江 P.KAWAI P.KAWAI 3rdシングル 最高90位 売上0.2万枚
さよならの観覧車 桑原永江 P.KAWAI P.KAWAI 4thシングルC/W
きめてやるサマーラブ サンプラザ中野 P.KAWAI P.KAWAI 4thシングル 最高92位 売上0.2万枚
Dearest 田中花乃 P.KAWAI P.KAWAI 3rdシングルC/W
風にふかれて BANANA ICE 小西貴雄 小西貴雄/下町兄弟 1stシングルC/W
Winter Love 阿閉真琴 金子隆博 金子隆博 5thシングルC/W
10 You Your You BANANA ICE 小西貴雄 小西貴雄/下町兄弟 2ndシングル 最高95位 売上0.2万枚

リリースデータ

2003年3月29日 300位圏外 東芝EMI

メンバー

上戸彩
西脇愛美
根食真実
藤谷舞

Z-1ベスト盤。唯一のアルバム。98年の第7回全日本国民的美少女コンテストに出場していた4人で99年結成。活動当時のメンバーの年齢は15歳前後だった。99年〜00年にかけてシングル5枚をリリース後にリリース凍結。01年に上戸彩が「金八先生」で女優としてブレイクし、さらに02年にソロとして歌手デビューする頃にはすっかり無かった事になっており自然消滅となった。最後のリリースから3年が経過した頃になって今作がリリースされた。シングル5作のA面、C/Wを順不同で収録している。CD-EXTRA仕様で5作のPVもデータとして収録されている。

上戸彩が歌手デビューした際も「ソロデビュー」ではなくほとんど「歌手デビュー」扱いだったため闇に葬られた感もあるこのグループ。作編曲は3者によるものだが、必要以上にアイドルアイドルしていなければ、必要以上にアーティストぶってもいない。パッパラー河合作品だと少しアイドル寄りにはじけるが、小西貴雄作品だとややクール寄り、金子隆博作品はその中間といった感じ。第2のSPEEDを目指したわけではないようだが正直どっちつかずで中途半端である。楽曲面も無難という以上に印象が無く、パッパラー河合なんかはポケットビスケッツで大ヒットを記録していた直後の時期なのだが、ポケットビスケッツ程の圧倒的なパワーは感じられない。曲自体が総じて無難なところにまだ若くて軸が定まっていないかのようなボーカルも未完成そのもの。ユニゾンにしておけばいいのに、ソロパートが多いのでけっこう脱力モノである。しかも平メロだけでなく、サビのおいしいところでも頻繁にソロパートが出てくるし…。ラップまで飛び出す1stシングルのヘロヘロっぷりに比べればわずか2年間の活動ながら5thシングルではかなり成長している感はあるものの、売れなかったのは納得というか…。正直それぞれが単独で女優、歌手、タレント何でもいいから売れるまでの繋ぎであってあんまり売る気も無かったんじゃないだろうか。「上戸彩が初期に在籍していた」という興味や、アイドル音楽フリークなら聞いて損はない。

 

印象度★★★☆☆

戻る