ZARD ALBUM COLLECTION〜20th ANNIVERSARY〜

アルバム名 区分 オリジナル発売日
Good-bye My Loneliness 1stアルバム 1991年3月27日
もう探さない 2ndアルバム 1991年12月25日
HOLD ME 3rdアルバム 1992年9月2日
揺れる想い 4thアルバム 1993年7月10日
OH MY LOVE 5thアルバム 1994年6月4日
forever you 6thアルバム 1995年3月10日
TODAY IS ANOTHER DAY 7thアルバム 1996年7月8日
永遠 8thアルバム 1999年2月17日
「時間の翼」 9thアルバム 2001年2月15日
止まっていた時計が今動き出した 10thアルバム 2004年1月28日
君とのDistance 11thアルバム 2005年9月7日
PREMIUM DISC 未発表音源集 初出

リリースデータ

2012年1月1日 初登場26位 初動0.4万枚、売上0.7万枚 Producer:長戸大幸 B-Gram Records

ZARD20周年アルバムコレクション。11年2月10日の20周年記念日にリリースされた『SINGLE COLLECTION』に続く作品。20周年期間はデビュー日からカウントして2011年2月10日〜2012年2月9日までであるということで、今作も20周年企画の一環とされている。全オリジナルアルバム11作をリマスター、さらにレア音源集をつけた全12枚。『SINGLE COLLECTION』と同じサイズのLPサイズジャケットとなっている。

パッケージ
基本的にシングルコレクションの時のデザインと同様。シングルでは見開きジャケットの中にCDが全て入っていたが、今回は1作ごとにどでかいLPジャケットに入っている。LPを入れるサイズの透明シートにLPサイズの丸い厚紙が入っており、その中央に12cmCDがポツンと入っている。これはレコードであればタイトル等が表記されていたレーベルに位置する部分である。この光景はレコードに馴染みがないので豪華というよりはなんて贅沢!もったいない作り!という感情が勝った。レコード世代であれば懐かしさがこみ上げるのかもしれないが、CD世代のファンには何となく高級感はあるものの「でかくて場所取るなぁ」「いちいち出すのめんどいなぁ」というのが正直なところではないだろうか。

ブックレット
アルバム1作ごとではなくLPサイズの分厚いのが1冊。シングルコレクションが104ページで今回は108ページなのでほぼ同じ厚さである。1stから順番にでっかく載っている。当時のブックレット写真も巨大化して掲載されているがかなり抜粋されており写真数は減っている。また歌詞と写真以外にはバイオグラフィー、ディスコグラフィーがそれぞれ見開きで掲載されているものの、作詞作曲編曲クレジットはラストにアルバムごとの一括掲載。1曲1曲の歌詞のところには何故か全て「作詞:坂井泉水」(3曲除く)としか記載されていない。作詞が坂井さんなのは分かっている。正直くどすぎるにも程がある。作編曲を歌詞と一緒に掲載してほしかった。さらに当時のブックレットに掲載されていた演奏クレジットなど作編曲以外の制作スタッフクレジットはすべてカットされている。シングルコレクションであった短い解説すら一切無い。特に未発表曲はどんな音源なのかとか、サブタイトルつけただけで全部放置するのはあんまりじゃないか…。正直見かけの豪華さはハンパ無いもののそれだけという感じで少々残念な仕様である。見かけが質素でも丁寧な解説書がついている方が個人的には嬉しい。レコード型の厚紙などスペース有り余っているんだからそこにクレジットも歌詞も記載しておいてくれれば良かったのに…。コンパクトな旧盤のブックレットの方が情報量・実用性の両面で優れているので旧盤も手元に残しておいた方が良さそうだ。

CD全体の印象
リマスタリングはシングルと同様に島田勝弘となっており、音の雰囲気も大体同じような印象。初期のアルバムほど音が良くなったように聞こえる。値段の高さが相当なネックではあるものの、思い切って買った人にとってはこれだけの音で聞ければ満足するんじゃないかと思う。正直もう旧盤には戻れない。ただしオリジナルアルバムだけだとC/Wだけでなく、A面でも数曲の漏れがあるのでシングルコレクションをスルーして今作で一気に網羅しようと思っている人は注意が必要である。

また今回のシングル/アルバム両方のBOXでも『ZARD BLEND』等ベスト盤に入っていた別バージョンの楽曲が未収録。特に「クリスマスタイム」はシングルコレクションに栗林誠一郎が歌っているBarbierバージョンが入ったのに坂井泉水が歌っているZARDバージョンは『ZARD BLENDU』でしか聞けないというねじれ現象が発生してしまった。未発表音源のあからさまにまだまだ余地ありの超小出し戦法からはまだ25周年、30周年と何か出す気満々のようにも思える。まあこの辺りは商売的な面になるので仕方ない部分ではあるし、純粋にオリジナルアルバムがリマスターで聞けたというだけで十分に満足である。

ZARD ALBUM COLLECTION~20th ANNIVERSARY~

印象度★★★★★

戻る