君とのDistance

No タイトル 作詞 作曲 編曲 備考
1 夏を待つセイル(帆)のように 坂井泉水 大野愛果 葉山たけし 40thシングル両A面2曲目
2 サヨナラまでのディスタンス 坂井泉水 大野愛果 葉山たけし  
3 かけがえのないもの 坂井泉水 大野愛果 小林哲 38thシングル 最高4位 売上4.5万枚
4 今日はゆっくり話そう 坂井泉水 大野愛果 徳永暁人 39thシングル 最高5位 売上3.1万枚
5 君とのふれあい 坂井泉水 大野愛果 葉山たけし  
6 セパレート・ウェイズ 坂井泉水 大野愛果 古井弘人  
7 Last Good-bye 坂井泉水 多々納好夫 葉山たけし FIELD OF VIEWへ歌詞提供(95年) セルフカバー
8 星のかがやきよ 坂井泉水 大野愛果 葉山たけし 40thシングル 最高2位 売上7.5万枚
9 月に願いを 坂井泉水 大野愛果 小林哲  
10 あなたと共に生きてゆく 坂井泉水 織田哲郎 小林哲 テレサ・テンへ歌詞提供(93年) セルフカバー
11 I can't tell 坂井泉水 栗林誠一郎 葉山たけし  
12 good-night sweetheart 坂井泉水 徳永暁人 葉山たけし  
13 君と今日の事を一生忘れない 坂井泉水 徳永暁人 徳永暁人  

リリースデータ

2005年9月7日 初登場3位 売上14.8万枚 Produced&Directed by IZUMI SAKAI B-Gram Records

ZARD11thアルバム。1年8ヶ月ぶりで結果的にこれが生前最後のオリジナルとなった。歌詞ブックレットのラスト2ページにはスタッフによるアルバム全体解説、1曲ごとの解説が記載されている。購入者限定特設サイト(9月末まで)では坂井泉水本人のセルフライナーノーツが見れた。これは店頭チラシのものよりも長い完全版。楽曲解説に妙に力が入っているものの3作連続でついていた曲ごとの参加ミュージシャン表記はなくなり、ジャケットを開いたところに楽器ごとに一括表示されている。解説と参加ミュージシャンクレジットは2012年のアルバムBOXには付属していない。今回は10年以上前の歌詞提供曲を2曲セルフカバー。「I can't tell」はストック曲。これで栗林誠一郎だけがZARDオリジナルアルバム全作参加を唯一達成した。池田大介はアレンジに参加していないがProgrammingでクレジットされている。コーラスでは上木彩矢や竹井詩織里も参加。「君と今日の事を一生忘れない」のサビでは竹井のコーラスが坂井泉水を押しのけるように存在感を発揮している。

葉山たけし復帰。これによりバンド風の王道サウンドが復活した。それに合わせるように他のアレンジャーもこれまでより派手目なサウンドにしており、特に今回のアレンジャーでは唯一GIZA以降のアレンジャーである小林哲が奮闘しているように思う。前作で見せていたような少し大人なZARDの一面も見せていて単に過去に回帰したわけではないような印象。歌われている世界もこれまで以上に深みがあるというか、少し年齢を重ねた夫婦だったり、はたまた母性まで感じさせたりと割と色々な年齢ごとの愛情が描かれている感じがして幅広いように思う。ボーカル面では全体的にやや声が苦しげに聞こえる点は気になるが、同時に「かけがえのないもの」のラスト部分のようにこれまで以上に熱度の高い力の入った歌唱をしているので多少苦しげでも何か前よりも響くものがある。なお「I can't tell」の声が震えまくりに聞こえるのは遅いテンポで歌ったものを早送りにしてトラックにはめ込んだからである。解説に「機械の妙ともいえる独特の仕上がりになったためそのテイクをあえて選択、収録」などと書かれているのだが機械の妙どころか本当に奇妙なだけである。せっかくの栗林作品が王道アレンジで蘇ったというのになんともったいないことを…。

というわけで王道に回帰しながらも全体的に少し大人っぽくなったZARDも垣間見えるここまで来たからこその1作。全盛期ほど強烈なメロディーインパクトは無いかもしれないが、聞き込みがいのある1作で個人的には「永遠」に続くNo.2である。更なる深化が期待できたし今後のZARDがどうなっていくは非常に興味深いところだった…。まさかこれで最後になってしまうとは思いもよらなかった。唯一発表していなかったFOVへの歌詞提供最後の1曲である「Last Good-bye」を発表し、テレサ・テンが亡くなる2年前に歌詞提供した「あなたと共に生きてゆく」を結果的に坂井泉水も亡くなる2年前に発表したこと、最終曲となったのが「君と今日の事を一生忘れない」というのは偶然にしては出来過ぎである。

君とのDistance

印象度★★★★★

戻る