forever you

No タイトル 作詞 作曲 編曲 備考
1 今すぐ会いに来て 坂井泉水 栗林誠一郎 明石昌夫  
2 ハイヒール脱ぎ捨てて 坂井泉水 栗林誠一郎 明石昌夫  
3 Forever you 坂井泉水 織田哲郎 明石昌夫  
4 もう逃げたりしないわ 想い出から 坂井泉水 栗林誠一郎 明石昌夫  
5 あなたを感じていたい 坂井泉水 織田哲郎 織田哲郎 13thシングル 最高2位 売上73.8万枚
6 気楽に行こう 坂井泉水 栗林誠一郎 池田大介  
7 I'm in love 坂井泉水 織田哲郎 池田大介  
8 こんなにそばに居るのに 坂井泉水 栗林誠一郎 明石昌夫・
池田大介
12thシングル 最高1位 売上78.8万枚
9 Just believe in love 坂井泉水 春畑道哉 葉山たけし 14thシングル 最高2位 売上65.6万枚
10 瞳そらさないで 坂井泉水 織田哲郎 明石昌夫 DEENに歌詞提供 セルフカバー

リリースデータ

1995年3月10日 初登場1位 初動62.0万枚、売上177.4万枚 Produced by B.M.F B-Gram Records

ZARD6thアルバム。シングル3作を収録。またこの頃から歌詞を提供した曲のセルフカバーを始めるようになりDEENへ提供した「瞳そらさないで」をセルフカバーしている。『揺れる想い』以降から品番がBGCHに変更されていたものの、まだポリドールとの関係が続いていたがJ-DISCが設立されてB-Gram Recordsが完全にビーイング自社として独立した最初のアルバムでもあり、品番はこれ以降JBCJに切り替わった。「こんなにそばに居るのに」は冒頭にアカペラサビが追加され全体のアレンジも変更されたアルバムバージョン。

1曲目「今すぐ会いに来て」がいきなりフォークっぽさ(?)も漂うシンプルなアレンジで新境地かと思わせる。だが2曲目以降はいつものZARD王道路線へ戻る。ジャケ写などセピアのイメージになっており、発売が春なのに秋みたいな雰囲気が漂っているが、聞いてみると冬の曲や夏の曲もあり季節はそんなに限定されていない。3シングルは前後の時期と比べるとやや印象が薄く、「瞳そらさないで」もアコースティックなシンプルアレンジで地味な仕上がりになっている上に、アルバム曲でもやや歌謡曲っぽさが強くなってロック感は後退しているので派手さに欠ける。ちょっと勢いが落ちた感じで長年これといった印象が無いアルバムだったが…意外とじわじわ効いてくるところがありしばらくしてから印象がかなり変わってきた。表題曲「Forever you」も「OH MY LOVE」に比べて圧倒的に地味ではあるが、長年応援しているファンの間ではけっこうな人気曲で、ファン投票のベストだと2回とも収録を果たしている。まさにこの曲がこのアルバムを象徴しているように思う。前2作と違って1発では判断できない深い1作だ。

forever you

印象度★★★★☆

戻る