Good-bye My Loneliness

No タイトル 作詞 作曲 編曲 備考
1 Good-bye My Loneliness 坂井泉水 織田哲郎 明石昌夫 1stシングル 最高9位 売上20.9万枚 
2 愛は暗闇の中で 坂井泉水 栗林誠一郎 ZARD,寺尾広 1stシングルC/W
44thシングル両A面曲(リメイク)
3 恋女の憂鬱 川島だりあ 川島だりあ 明石昌夫  
4 Oh! Sugar Baby 坂井泉水 栗林誠一郎 葉山たけし  
5 女でいたい 川島だりあ 川島だりあ 葉山たけし  
6 It's a Boy 坂井泉水 栗林誠一郎 明石昌夫  

リリースデータ

1991年3月27日 初登場34位 売上25.4万枚 Produced by DAIKOH NAGATO(BEING) b.gram

Zard1stアルバム。この頃は表記がZardとなっている。2月10日に1stシングルをリリースし立て続けに今作がリリースされた。C/Wも収録されている。この時点ではジャケ写、ブックレット共に坂井泉水1人しか映っておらずメンバー表記もない。しかし全楽曲中唯一のZARD編曲が存在する。ドラマタイアップもあってシングルがヒットしたものの、今作は5週ランクインして100位圏外となった。だがその後92年9月にトップ100復帰すると12月まで連続ランクイン。「負けないで」リリース後の93年2月に再びトップ100復帰して9月まで延々と50〜100位の間にランクインし続けたため最終的には45週チャートインとロングヒットを記録した。「愛は暗闇の中で」は坂井泉水死後にリアレンジされてシングル化されている。

全体的な雰囲気はダーク。かなり激しいギターサウンドが炸裂しており、後のZARDの一般イメージとは異なり、ロックバンドとして売り出すつもりだったようでかなり印象が異なる作品。今作では声もかなり違う上に、歌詞の印象までもが少々違うし(ZARD作品で唯二となる提供された歌詞があったりもする)ので本当に方向性は定まっていなかったものと思われる。打ち込みの音色からはさすがにやや古さを感じるところもあり、2012年BOXでのリマスターでもいかんともしがたい。後追いで聞いたリスナーの方が圧倒的に多かったと思われるが、さわやかな王道のイメージを持って聞くと驚くと同時に新鮮な1作でもあると思う。00年代になってから聞いた時は逆にかなり新鮮に感じて、今でもたまに聞きたくなる1枚。

Good-bye My Loneliness

印象度★★★☆☆

戻る