ZONE 7年振りツアー「2人になりましたけど…NANIKA?」

No タイトル 備考
OPENING オープニング映像
7thシングル
夢ノカケラ… 5thシングル、2ndアルバム『O』収録のAlbum Version
一雫 6thシングル
僕の手紙 11thシングル
For Tomorrow 7thシングルC/W
さらりーまん 2ndアルバム『O』収録曲
ユメノカナタ 16thシングルC/W 再結成後楽曲
太陽のKiss 13thシングル アコースティック(メンバーは演奏せずピアノを加えたサポート3名が演奏)
10 アルバム 12thシングル『卒業』C/W アコースティック(メンバーは演奏せずピアノを加えたサポート3名が演奏)
11 ZONEメドレー(mind〜BeaM〜新・僕はマグマ) 11thシングルC/W〜3rdアルバム『N』収録曲〜3rdシングルC/W カラオケ・ダンス曲
12 H・A・N・A・B・I〜君がいた夏〜 10thシングル
13 true blue 9thシングル
14 笑顔日和 15thシングル
15 glory colors〜風のトビラ〜 14thシングル
16 secret base〜君がくれたもの〜 3rdシングル
17 一緒にいたかった 6thシングルC/W
18 約束〜August,10years later〜 『ZONEトリビュート〜君がくれたもの〜』期間限定生産盤のみDISC-2収録曲 再結成後楽曲(TOMOKA在籍時)
アンコール
19 treasure of the heart〜キミとボクの奇跡〜 16thシングル 再結成後楽曲
20 Arigato 16thシングルC/W 再結成後楽曲
Wアンコール
21 Once Again 14thシングルC/W カラオケ
  特典映像 舞台裏メイキング

リリースデータ

2012年10月10日 音楽Blu-rayチャート初登場4位
音楽DVDチャート初登場11位
売上0.06万枚
売上0.08万枚
ソニー

メンバー

Vocal&Guitar MIYU
Vocal&Bass MAIKO
SUPPORT
Guitar HAYATO KOGURE
Drums KENJI OYAMA

ZONE3rdライブ映像作品。再結成後2作目、2人になってからは最初で最後の作品。Blu-rayとDVDで発売された。今回は内容が同じで初回盤も無い。全国5ヵ所5公演のうち3公演目である2012年6月16日Zepp Diver Cityでのライブの模様を全曲収録。MCは大幅にカットされている。特典映像の中身は10分未満の舞台裏メイキング映像となっている。サポートメンバーはギターとドラムの男性メンバーだが2011年に参加していたメンバーとは異なる。またアコースティックコーナーではキーボードの男性メンバーが演奏陣中央の位置に加わっているが彼に関しては一切クレジットが無く、映像中でも紹介もされていない。ソニーの公式サイトでは一切の宣伝が行われず、発売後もシングル「treasure of the heart〜キミとボクの奇跡〜」発売時のトップ画面のまま更新されなかった。更新はディスコグラフィーに自動的に加えられたのみだったためディスコグラフィーを開くと最初に表示されるのは昨年のDVDという異常事態となっている。年明けに長瀬実夕の解雇が伝えられ、2013年4月にMAIKO1人でファイナルイベントを開催し、ZONEは木端微塵に空中分解した完全消滅を迎えた。

挑戦的なタイトルだが、本人たちの姿勢は謙虚そのもの。昨年の再結成ライブが半分ソロで埋まる(ZONEを期待するファンの前で堂々と脅威のソロ11連発)というのはさすがに不評だったようで、全曲ZONEナンバーでソロコーナーが無くなっている。再結成後の曲は4曲しかないので(TOMOKAがいる3人時に去年の1曲、リリース直後のシングル収録曲が3曲)、冒頭で「新生ZONEです」と名乗るものの、心機一転での新たなZONEを提示するのではなく、本来こうあるべきだった再結成ライブがようやく実現したという感じ。昨年より演奏中心のラインナップになっているのもしっかり準備期間があったのと、楽器のカンが戻ってきたというところだと思う。ただ2人になるとさすがに歌割りがソロパートばかりになり、かなり寂しい感じは漂う。個人的にはそこが全てだった。やはりこれは元ZONEのMIYUとMAIKOがZONEのヒットパレードをやっているという認識しか持てない。なお演奏はMIYUが元々TOMOKA加入後の体制の時に演奏していたギターソロは弾いているが、TOMOKAが弾いていたギターソロはサポートに任せる形になっている。

今作だけ見るとあれだけ復興復興言っていたのに再結成の理由が「昨年いろいろあって」に切り替わっていたりして、被災地で交流した小学生に向けて書かれた新曲「ARIGATO」披露前に少し震災の話題が出るのみとかなり不自然なことになっているがこれはかなり大部分のMCがカットされているからのようだ。ライブに参加した人のレポを検索してみると、かなり長くZONEの昔話を語ったというのはどこのレポでも書いてあるし、震災についても語ったし、2人「2人になりましたけど」→観客「NANIKA〜〜!!」というやり取りもあった模様。削っちゃいけないところ削ってないかそれは…。今作には入ってるのは「新生ZONEで〜す」っていう挨拶だけで、挑戦的なタイトルについて一切触れてないんだけど。

というわけで
2人になりましたけど…NANIKA?
・このタイトルのコール&レスポンスがカットされていて挨拶は「新生ZONEで〜す」だけでタイトルに触れませんけど…NANIKA?
・04年8月のツアー時はMIYUとMAIKOの2人でアコギ2本で「Like」をアコースティックでやったことあるのに、アコースティックコーナーの演奏がサポート丸投げですけど…NANIKA?
・12の前にサポートメンバー2人だけの演奏があるのに、肝心のメンバー2人が現役時代のように演奏だけで魅せる場面がありませんが…NANIKA?
・あれだけ復興復興言ってたのにMCカットの影響なのか再結成した理由は「いろいろあって」と曖昧になってますが…NANIKA?
・前作に続いて曲頭にしかチャプター設定されてないので、曲前MCや11の前のリミックス映像メドレーが頭出しできませんけど…NANIKA?

これらに耐えられる人、割り切れる人、2人でもいいからZONEの曲を今の姿で聞きたい人以外には正直あまりお勧めしない。ただ論外だった前作と違ってちゃんと「ZONEの曲だけ」やっているので、前作よりは今作の方がいいと思うけど、形はどうあれ「再結成」という1度限りの感動が既に無くなっている分だけ、個人的には前作より微妙だった。やるのであればもっと新たなZONE像を提示していってほしいと思う。もうこれでヒットパレードは需要も十分満たしたと思うので、今後新作を出して2人のZONEのカラーを示していけるのかどうかが、単なる過去の懐メロアーティストになるか、現役でいられるかの分かれ道になるのは確実なんじゃないかと思っていたが…これが最後だったか…。

ZONE7年振りツアー「2人になりましたけど…NANIKA?」 [Blu-ray] Blu-ray  ZONE7年振りツアー「2人になりましたけど…NANIKA?」 [DVD] DVD 

印象度★★★☆☆

戻る