ZONEトリビュート〜君がくれたもの〜(期間限定生産盤)

DISC1-tribute side-
No タイトル 作詞 作曲 編曲 備考・原曲
true blue/ClariS 町田紀彦 町田紀彦
・吉松隆
湯浅篤 9thシングル
夢ノカケラ…/Tomato n' Pine 千空,
n machida
町田紀彦 玉井健二、
飛内将大
5thシングル
白い花/中川翔子 町田紀彦 町田紀彦 松隈ケンタ 8thシングル
secret base〜君がくれたもの〜/SCANDAL 町田紀彦 町田紀彦 宮永治郎 SCANDALカバーミニアルバム『R-GIRL's ROCK!』収録曲
3rdシングル
証/ステレオポニー 町田紀彦 町田紀彦 ステレオポニー&
BOND×ippei
7thシングル
卒業/bump.y 町田紀彦 町田紀彦 Nao Tanaka 12thシングル
僕の手紙/東京女子流 町田紀彦 町田紀彦 松井寛 11thシングル
glory clolors/スフィア 渡辺なつみ、
渡辺未来
渡辺未来 古川貴浩 14thシングル
一雫/やなぎなぎ 町田紀彦 羽岡佳 玉井健二、
飛内将大
6thシングル
10 GOOD DAYS/PEACEFUL たくや 原一博 小森雄壱 1stシングル
11 secret base〜君がくれたもの〜(10 years after Ver.)
/あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。
(本間芽衣子(茅野愛衣)、安藤鳴子(戸松遥)、鶴知里子(早見沙織)
町田紀彦 町田紀彦 とく シングル 最高10位 売上4.5万枚
3rdシングル
期間限定生産盤のみ収録

※「true blue」作詞は町田紀彦単独のはずだが、クレジットでは作詞作曲が「町田紀彦・吉松隆」に誤表記

DISC2-original best side-(期間限定生産盤のみ)
No タイトル 作詞 作曲 編曲 備考
白い花 町田紀彦 町田紀彦 大坪直樹 8thシングル 最高3位 売上7.7万枚
H・A・N・A・B・I〜君がいた夏〜 町田紀彦 町田紀彦 ha-j 10thシングル(限定生産) 最高3位 売上7.7万枚
僕の手紙 町田紀彦 町田紀彦 山原一浩 11thシングル 最高2位 売上7.1万枚
glory colors〜風のトビラ〜 渡辺なつみ・
渡辺未来
渡辺未来 山原一浩 14thシングル 最高7位 売上4.6万枚
大爆発No.1 和田勝彦 和田克比古 彦磨呂 2ndシングル 最高33位 売上1.2万枚
一雫 町田紀彦 羽岡佳 長岡成貢 6thシングル 最高3位 売上10.4万枚
一緒にいたかった 櫻井真一 櫻井真一 高橋KATSU 6thシングルC/W
愛花 町田紀彦 町田紀彦 genepool 15thシングルC/W
世界のほんの片隅から 一色そらん KAIDO KAIDO,
JIN NAKAMURA
4thシングル 最高8位 売上11.8万枚
10 卒業 町田紀彦 町田紀彦 ha-j 12thシングル 最高5位 売上6.1万枚
11 太陽のKiss 町田紀彦 町田紀彦 山原一浩 13thシングル 最高8位 売上5.1万枚
12 笑顔日和 MIYU 町田紀彦 山原一浩 15thシングル 最高7位 売上4.7万枚
13 secret base〜君がくれたもの〜 町田紀彦 町田紀彦 虎じろう 3rdシングル 最高2位 売上74.4万枚
14 約束〜August,10years later〜 ZONE ha-j ha-j 新曲

※シングル200位以内データ(03年以降)

リリースデータ

2011年8月10日 初登場5位 売上5.7万枚 ソニー

ZONEメンバー

Vocal&Guitar MIYU
Vocal&Bass MAIKO
Vocal,Guitar&Keyboards TOMOKA(4、10〜12、14)
再結成不参加メンバー
Vocal&Guitar TAKAYO(1〜3、5〜7、9、13)
Vocal&Drums MIZUHO(1〜13)

ZONEトリビュートアルバム。『secret base〜君がくれたもの〜』の歌詞にある「10年後の8月」が2011年8月ということで、8月限定での再結成を受けてソニーが企画。ZONE世代のガールズグループが参加している。実質的にはソニー系列のアーティストで固まっており(PEACEFULはレコード会社未所属)、東京女子流(エイベックス)、スフィア(ランティス)(スフィアのソロは4人ともソニー所属)の2組が外部からとなっている。SCANDALは2010年にリリースしていた音源をそのまま収録。4月にアニメでカバーされてヒットした「あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。」とは便乗に近い状態でコラボしており、限定生産盤のジャケットにはカバーを歌っている3人のキャラクターが描かれている。この3人のうちの1人である戸松遥はスフィアのメンバーでもあるため1人だけ2曲参加している。「白い花」にはMAIKOがコーラス参加しており、DISC1におけるZONEメンバーの関与はこれのみである。またClariSとPEACEFULは事務所の後輩。PEACEFULは結成されたばかりで事務所レーベルからシングル1枚を出していたが、結局2012年7月に突如解散してしまったため、これが最後の音源となる。

期間生産限定盤には当初予定になかった「あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。」による『secret base〜君がくれたもの〜(10 years after Ver.)』が追加収録された。また期間生産限定盤のみDISC2が付属。これはZONEセレクトによるオリジナル音源のベスト盤となっている。MIYU→MAIKO→TOMOKAの順に4曲ずつセレクトし、それぞれ4曲ずつ時系列に並べた後に、『secret base〜君がくれたもの〜』、そしてアンサーソングとなる新曲『約束〜August,10years later〜』を収録している。再結成には解散時のメンバーだったMIZUHOは参加を打診されながらも結婚して子供もいてドラムも叩けないことを理由に断ったことが明かされているがTAKAYOに関しては一切言及されていない。ブックレットでは選曲者の1曲ずつのコメント、「secret base」はZONE名義のコメントが記載されている(新曲はクレジットのみ)。

DISC-1
ガールズバンドではなく、アイドルとしてのZONEのトリビュート盤である。アイドル/アニメ系ばかりになっており、同じソニー系のねごと、チャットモンチーといった女性バンドも参加していない。ほとんどが軽い打ち込みポップになってしまっており、とてもではないが原曲を越えるどころか違う解釈で大化けしたという曲もほとんどない。各アーティストの宣伝にもならないような無難なカバーが並んでいる印象である。アイドル/アニメ系のファンであれば特に気にならないかもしれないが、ZONEファンにとっては非常に厳しい内容だと思う。

各曲の印象

ClariS…無難な打ち込みポップ。ボーカルはいいし、悪くないが軽くて薄い。★★★☆☆

Tomato n' Pine…なんちゃってPerfume的なテクノ風ポップ。軽い。★★☆☆☆

中川翔子…けっこう歌もアレンジもいいが、やはり無難。それでも今作の中ではかなりいい方。★★★☆☆

SCANDAL…HARUNAの歌声はMIYUに似ているし原曲に忠実なアレンジなのだが、原曲に相当気を遣った感がありSCANDALらしさが無く、印象としては無難。★★★☆☆

ステレオポニー…パンク風な強烈なロックサウンドで気合が入っている。が、打ち込みで軽い曲ばかりの今作の中では逆に浮きまくり。そもそもこのメンツの中で並んでいる事自体が間違っていたんじゃないかという状況に。ねごと、チャットモンチー辺りが参加してくれればバランスが良かったんだけど…。★★★★☆

bump.y…超絶に薄く軽い。同じソニーだったら9nineを参加させた方が良かったんじゃないかと思う。★☆☆☆☆

東京女子流…打ち込みながら無駄に凝りまくったフュージョン系サウンドを展開。明らかに異色であり、正直「僕の手紙」という曲には全く合っていない怪カバーではあるが、東京女子流とはいったいどんな音楽をやっているんだ!?と興味をそそられること間違いなしの超絶インパクト。★★★★☆

スフィア…さりげなくバンド2組以外で唯一ドラムを使用。原曲に忠実なわりかし厚みのあるサウンドに、コーラスワークを加えてレインボーな雰囲気に。東京女子流、ステレオポニーに続く良さである。★★★★☆

やなぎなぎ…動画サイト発で初音ミクを駆使していたクリエイターsupersellがメジャーデビューした際に招いた女性ボーカリストだが、超シンプルな歌を全面に出したアコースティックアレンジ。曲の雰囲気には合っていて解釈としてはアリだけど少々線が細すぎて印象は薄い。★★☆☆☆

PEACEFUL…事務所が北海道アイドルプロジェクトで発掘した7人組。にぎやかだけどスカスカに軽い打ち込みアレンジで正直同じ事務所なんだからもう少し頑張ってほしかった。新人なので仕方ないとはいえ歌声も普通。★☆☆☆☆

あの花…発売時無難にカバーしている印象しか無かったが、今作を聞いて最後にこれが来るとなかなかに名カバーに思えた。★★★☆☆

DISC-2
ZONEファンにとってメインは今作である。最後の1年(シングル4作)しか参加してないTOMOKAがいることもあって、後期寄りの選曲になっている。「secret base」に続くヒット作である「夢ノカケラ…」「true blue」が無いし、「証」も無いというのは意外である。まあシングルは全て『E〜Complete A side Singles〜』に収録されているので、今からZONE聞くならそっちで十分なんだけど、最大の注目点は新曲である。過去の楽曲名を歌詞にちりばめて、「10年後の再会目前」までを描いている。今回の再結成にはメンバー2人がいない状態な上にZONE楽曲最大の功労者である町田紀彦も参加していないため、正直なところ勝手にアンサーソングという感も否めない。その辺りを考慮しての期間限定盤のみの収録、再会を明確に描かないという事なのかもしれない。作曲はアレンジャーとして当時も参加していたha-jが担当。イメージを損なわず、成長を感じさせる現在のZONEを強く感じる1曲になっている。ただ歌い方がちょっと気取りすぎというかかっこつけすぎな印象もある。TOMOKAはライブでロックな曲では比較的こういう歌い方をしていたけど、MIYUやMAIKOまで揃ってそういう歌い方っていうのは…。やはり女性でも成長で声は変わってしまうのか。ただMAIKOはMARIAで喉潰して喋り声の時点で別人のようなハスキーな声に変わっちゃったしなぁ…。

また最大のポイントはこの楽曲、演奏クレジットが出ちゃっていることである。現役時代は一切の演奏クレジットが無く(=スタジオミュージシャン表記なし)、建前上レコーディングでは弾いているとも弾いてないとも明言せずに曖昧な立場を貫いていた(ライブでは生演奏)。今回は堂々とha-jがギターベースプログラミングと表記され、加えてスタジオミュージシャンのドラマーという演奏クレジットがされており、メンバーが演奏のレコーディングに参加してないことが明らかになってしまっている。現役時代に演奏しているとは思っていなかったが、成長した現在なら(特にMAIKOはMARIAも経ているし)演奏にも参加しているだろうと思っていたので、まさかあっさりクレジットしちゃうとは…。そこは無表記にしておいて欲しかった。

ZONEトリビュート~君がくれたもの~(期間生産限定盤) 期間生産限定盤(あの花カバー+DISC2付)  ZONEトリビュート~君がくれたもの~ 通常盤(DISC1の10曲のみ) 

印象度★★★★☆(期間限定生産盤)
★★★☆☆(通常盤)

戻る