ASTRO Girlz&Boyz

No タイトル 作詞 作曲 編曲 備考
科学の子/西村朝香
(コーラス:AYUKA,HITOMI,MAMI)
HIKARI HIKARI HIKARI  
空を越えて/神&瞬矢 from BON'Z
(コーラス:SANAE&Run Time All Stars)
尾上文 櫻井真一 櫻井真一  
星の彼方/半澤悠&栞 町田紀彦 町田紀彦 HIKARI  
アトムの子/TAKAYO from ZONE&Run Time All Stars 山下達郎 山下達郎 山原一浩 山下達郎のカバー
誕生/鈴の音
(コーラス:Run Time All Stars)
鈴の音 鈴の音 Ocean Born  
鉄腕アトム/ZONE&Run Time All Stars 谷川俊太郎 高井達雄 ha-j アニメ主題歌カバー
後に11thシングル『僕の手紙』C/Wにバラードリメイクして収録
鉄腕アトム(Inst.)   高井達雄 ha-j カラオケバージョン

リリースデータ

2003年7月16日 初登場42位 売上0.6万枚 ソニー

メンバー

ZONE
Vo.&G. TAKAYO
Vo.&Dr. MIZUHO
Vo.&B. MAIKO
Vo.&G. MIYU
Run Time All Stars 川上桃子、菊池咲来、佐々木美波、高柳汐希、金内彩乃、石田真歩、星静那、
神代明子、大内あすか、奈良安由加、千石真実、瀧川瞳、石橋紗苗

西村朝香、鈴の音(れいな、みさこ)、神&瞬矢 from BON'Z、半澤悠&栞はクレジットには表記されていない。

ZONE with Girlz&Boyz〜Run Time All Stars〜ミニアルバム。ZONEと所属する事務所の後輩たちによるオムニバスミニアルバム。03年にリメイク版が開始したアニメ「鉄腕アトム」のOPをZONE「true blue」が担当したのが縁で、「鉄腕アトム」をモチーフに作られた新曲と関連楽曲のカバーを収録した内容。ZONEはTAKAYOによる山下達郎カバーと「鉄腕アトム」主題歌という2曲カバーでしか参加しておらず、残りの新曲は全て当時所属していた事務所のアーティストがそれぞれ歌っている。西村朝香はこの半年後のTAKAYO脱退を受けて、ZONEにTOMOKAとして加入している。

半年後にはZONEに加入する西村朝香は1曲目を単独で歌わせてもらっているだけあってやはり期待値は高かったと思われ、実際最も曲も歌も勢いがある。男性4人組バンドBON'Zはこの後にメジャーデビューも果たすこととなるが、ここでは「secret base〜君がくれたもの〜」PVに出演していたあの少年2人のみが参加。唯一の男性参加だが、まだ変声期といった感じの少年ボイスで素朴に歌われている印象。BON'Zはアルバムも出せずシングル数枚がさっぱり売れずに契約切れとなり、自然消滅的に休止のまま解散になってしまった。半澤悠は83年生まれと10代ばかりのメンバーの中で1つ抜けて年齢が高く、この後にはZAQというバンドを結成したり、リリースがシングルアルバム1枚ずつで解散、09年にはソロでリリース停止状態になっていた元ZONE長瀬実夕とユニットを組んだりしつつ事務所を離脱。また新しいバンドに加入→即脱退などしながらソロで活動している。栞は期待の新人だったようだが、その後の足取りは不明。この2人での曲は…まあ特に感想も無い普通にいい曲。鈴の音はこの1週間後にシングルをリリースし、地元インディーズでは人気だったアコースティックデュオ。結局このシングルのみで解散してしまうが、唯一自作の曲を披露しているのが印象的。その他Run Time All Starsのメンバーのうち、奈良安由加と瀧川瞳は後のMARIAのメンバーである。2人とも西村朝香の曲にコーラス参加しているので事務所のその他大勢の中では期待された存在だったと思われる。TAKAYOは山下達郎の曲をカバー。楽曲の格が違い、TAKAYOもソロで生き生きと歌っている。「鉄腕アトム」はスカパンクアレンジでカバー。装飾音も多くポップでにぎやかなアレンジになっている。

そんなわけで、全員がその後に活躍…できそうなデビューは果たすも芽が出ずに模索を続けるか消滅ということになっている。ほとんど作品も残されていないのでZONE以外のメンバーが残した作品を探すのも大変だし、当時も2011年現在でも全員誰?状態のままである。1人でもその後に成功した人がいればこんなところに参加していたのか!という驚きと共に今作の価値も上がったと思うのだが、それが半年後の西村朝香だけとは…。またアトムの企画盤という趣旨だが、正直そこまでアトムにこだわる必要があったのか、何故こだわったのかも疑問である。アトムってもう少し考えさせる部分もあった気がするんだけど、とにかく元気でポジティブな側面しか抽出してないし。新曲はどれもそこそこにいいものの、実際のところZONEはカバーでしか参加していないので、さっぱり売れない後輩勢をZONEを通して知ってもらおうということだったのかもしれない。何かきっかけが欲しくてアトムをテーマにした事務所コンピということだったのかもしれないが、結果的にはリスナーを極端に絞り込んでしまったわけだし、発売当時の時点で既にスルーしてしまったが、年月を経るとますますよく分からない企画だったなと思う。

ASTRO Girlz&Boyz

印象度★★☆☆☆

戻る