BEST OF BEST 1000 ZYYG

No タイトル 作詞 作曲 編曲 備考
君が欲しくてたまらない 上杉昇 織田哲郎 栗林誠一郎 1stシングル 最高3位 売上70.3万枚
ぜったいに誰も 高山征輝 織田哲郎 ZYYG 5thシングル 最高3位 売上28.7万枚
JULIA 高山征輝 高山征輝 ZYYG 6thシングル 最高35位 売上1.9万枚
風にまぶしい 高山征輝 栗林誠一郎 栗林誠一郎 2ndシングル 最高6位 売上17.4万枚
壊したい現実 高山征輝 栗林誠一郎 栗林誠一郎 3rdシングル 最高24位 売上7.1万枚
NO RETURN LOVE 高山征輝 栗林誠一郎 栗林誠一郎 4thシングル 最高20位 売上4.9万枚
Something 高山征輝 高山征輝 ZYYG 8thシングル 最高83位 売上0.5万枚
GYPSY DOLL 高山征輝 高山征輝 ZYYG 7thシングル 最高90位 売上0.4万枚
この情熱のそばで 高山征輝 高山征輝 ZYYG 10thシングル 100位圏外
10 LULLABY 高山征輝 高山征輝 ZYYG 9thシングル 最高100位 売上0.3万枚

リリースデータ

2007年12月12日 初登場246位 売上0.1万枚 B-Gram Records

メンバー

Vocal 高山征輝
Guitar 後藤康二(1,4以外)
Bass 加藤直樹(1,4〜6以外)
Drums 藤本健一(1,4以外)
Bass 栗林誠一郎(1,4,5,6)

1050円の廉価で10作まとめて発売された90年代ビーイングのBEST OF BEST 1000シリーズのZYYG版。02年〜03年にかけて発売されたat the BEING studioのさらに簡易版のような作品集でZYYG以外は収録曲含めて内容がかなり被っている。シングルサイズのジャケットでライナーノーツが付属されている。このライナーはat the BEING studioのライナーを流用した箇所が大半となっており、at the BEING studioでリリースされていないZYYGの場合は楽曲解説が記載されていない。93年デビュー、97年のリリースとライブを最後に突然凍結。99年に解散のみ告知されたが、06年に一夜限りで復活し正式な解散ライブを行った。現役時代はベスト盤さえリリースさせてもらえず解散してしまい、at the BEING studioでも今作収録の1,2が男性コンピ盤に収録されたのみで単体では無視されていたため活動停止から10年にして初のベスト盤となる。全シングル収録。アルバム未収録の唯一のマキシ仕様で発売されていた『GYPSY DOLL』はアルバム初収録。シリーズの特設サイト(http://beinggiza.com/bob/index.html)も用意され、封入されているライナーノーツが発売間もなくして全作分公開されていたが、2016年後半になりサイトごと削除されている。

初ベスト、全シングル収録ということでオリジナルアルバム3枚の入手もちょいと困難(中古でも数が少ない)な今、このリリースはありがたい。at the BEING studioや他のベスト盤と散々被った選曲が多い中で、BEST OF BEST 1000で最も価値のあるリリースはこれだろう。ただこうしてシングルを並べてみると、ロック色の強い硬派なビートロックのサウンドはがっしりしててかなりカッコイイし、ZYYG編曲になってからはビーイングらしさ皆無で自分たちのロックを追及していたりと他のビーイングとは一線を画した存在であるのが分かる。なのだが、2ndアルバムや3rdアルバム程の良さがないように感じた。彼らがアルバムアーティストだったからなのか、アルバムでは好印象だったのにシングル並べて聞くと、単純に音はかっこいいのにメロディーにインパクトがないバンドという印象。売れなかったのも納得…みたいな。シングルで魅力を出し切れたバンドではなかったのかなというのが個人的な感想である。たぶん2ndか3rdを聞いたほうがはまる人はまると思う

BEST OF BEST 1000 ZYYG

印象度★★★★☆

戻る