GO-WILD

No タイトル 作詞 作曲 編曲 備考
ONE NIGHT HEAVEN 高山征輝 栗林誠一郎 栗林誠一郎  
NO RETURN LOVE 高山征輝 栗林誠一郎 栗林誠一郎 4thシングル 最高20位 売上4.9万枚
STARTING OVER NOW 高山征輝 栗林誠一郎 栗林誠一郎  
SMILE AGAIN 高山征輝 栗林誠一郎 栗林誠一郎  
壊したい現実 高山征輝 栗林誠一郎 栗林誠一郎 3rdシングル 最高24位 売上7.1万枚
RUNNING WAY 高山征輝 栗林誠一郎 栗林誠一郎  
遠い日のメロディー 高山征輝 栗林誠一郎 栗林誠一郎  
風にまぶしい 高山征輝 栗林誠一郎 栗林誠一郎 2ndシングル 最高6位 売上17.4万枚
Song for Brother 高山征輝 栗林誠一郎 栗林誠一郎  
10 I Wanna good bye 高山征輝 栗林誠一郎 栗林誠一郎  
11 君が欲しくてたまらない 高山征輝 織田哲郎 栗林誠一郎 1stシングル 最高3位 売上70.3万枚

リリースデータ

1994年7月13日 初登場13位 売上6.6万枚 Sound Produced by ZYYG
Produced by B.M.F
B-Gram Records

メンバー

Vocal,Backing Vocals 高山征輝
Bass、Keyboards,Backing Vocals 栗林誠一郎
Electric Guitar,Acoustic Guitar 後藤康二(5,8,11除く)
Drums 藤本健一(5,8,11除く)

ZYYG1stアルバム。高山と栗林のユニットでスタートし、3rdシングルで正式に後藤と藤本が加入し4人組バンドとなった。全面的に栗林誠一郎が作曲とアレンジを担当しているが、今作を最後に脱退することになる。高山主導の第2期ZYYGとしてのスタートまでは1年以上開く事となった。ライナーノーツが封入され、アルバム解説と1曲ごとの解説が記載されている。20曲以上の候補の中から選ばれた11曲とされている。またメンバーの入れ替わりについては触れられていない。

DEENやWANDS、ZARDでさえも1stアルバムの時点では方向性が定まっていなかったが、ZYYGはロックという方向で一応固まってはいる。ただ後に見られるような高山のロック魂は半分も発揮されていないような印象だし、栗林のソロ作品はあまり聞いた事が無いがもっとソフトなロックをやっている人だったと思うのでこの路線があまり似合っていたとは思えない。一応適度にロックしているがロックしきれていないし、かといってキャッチーでヒット性があるかというとそれもあまり無い。高山の歌声にはもっと激しいサウンドが必要だし、栗林のメロディーにはもっとスッキリした歌声が必要である。この後の展開を知った上で聞くとやっぱり高山と栗林の音楽性は化学反応を起こすことは無く、噛み合わなかったのかなという気がする。

「at the BEING studio」によれば栗林はREVを出口雅之とやるつもりだったが、音楽性が合わずにREVは出口のソロとなり栗林はZYYGに行ったとのことだったが…。元々ソロで活動してたし無理に誰かと組ませる必要なかったのでは…。1番合ってたのはZARDだったろうし。

GO‐WILD

印象度★★★☆☆

戻る