Noizy Beat

No タイトル 作詞 作曲 編曲 備考
JULIA 高山征輝 高山征輝 ZYYG 6thシングル 最高35位 売上1.9万枚
Noizy Beat 高山征輝 高山征輝 ZYYG  
Rendezvous 高山征輝 高山征輝 ZYYG  
REAL IMITATION 高山征輝 高山征輝 ZYYG  
最初で最後のLOVE SONG 高山征輝 高山征輝 ZYYG 5thシングルC/W
Dreamer 高山征輝 後藤康二 ZYYG  
POOR BOY 高山征輝 後藤康二 ZYYG  
たった一度のHONESTY 高山征輝 高山征輝 ZYYG  
NO MERIT LOVE 高山征輝 後藤康二 ZYYG  
10 ECSTASY 高山征輝 後藤康二 ZYYG  
11 ぜったいに誰も 高山征輝 織田哲郎 ZYYG 5thシングル 最高3位 売上28.7万枚

リリースデータ

1996年2月26日 初登場24位 売上3.1万枚 Sound Produced by ZYYG B-Gram Records

メンバー

Vocal 高山征輝
Guitar 後藤康二
Bass 加藤直樹
Drums 藤本健一

ZYYG2ndアルバム。1stアルバムの後にメインライターだった栗林誠一郎が脱退。1年間の休止を経て、新たにベースの加藤が加入、高山が主導権をとって新たに活動が再開された。ファンの間では1stまでを第1期、以降を第2期と呼んでいるがそれくらい方向性は変わっている。アニメ「スラムダンク」OPタイアップの『ぜったいに誰も』で早速ヒットを飛ばしたものの、1stシングルのビーイングブーム時の完全曲先行ヒットによる影響か、固定ファンが全くつかず1stアルバムまでの時点で回を追うごとに激減していた売上は一向に下げ止まらず、続く『JULIA』が最後の1万台ヒットとなる。アルバムではもう少し売れたがこれも1stから半減。最後のチャートイン作となっている。今作にはライナーノーツがついていて、アルバム全体の解説、曲ごとの解説、メンバー使用機材が記載されている。今作のためにデモ50曲、候補20曲が制作されて最終的に11曲に絞られたという。

2ndにして織田哲郎による「ぜったいに誰も」以外は完全自作。ユニット形式だったこれまでと違って、ロックバンド的な方向にシフトチェンジされた。言い換えればビーイング側からは、売る気なしで放置されていたとも取れるが、自分達でほとんど作っていることで2ndにしてかなり統一感のあるサウンドが展開している。ビートロックとでもいうのか、個人的にはBOOWYに対して抱いていたイメージがまさにこのアルバムの音楽性だった(実際のBOOWYはもう少しフォンフォンしてた…)。硬派なロックという感じで、固いバンドサウンドで統一されているが、意外といろんなジャンルも入っていてにぎやかにコーラス入れた曲もあれば、ロックバラードもある。根本のところがしっかりしているので中心がズレていない感じ。外部からの提供プロデュースやテコ入れがなかったのが、この全体的な統一感を生み出したのかも。ボーカルは意外と音域が広いのだが、個人的にはいかにもロック的な歌い方で声がこもり気味なのがあまり好みではない。ただバンド全体の雰囲気はけっこう気に入った。

Noizy Beat

印象度★★★★☆

戻る