SWEET PUNKS

No タイトル 作詞 作曲 編曲 備考
SO WHAT? 高山征輝 後藤康二 ZYYG 10thシングルC/W
MAD CITY GANG 高山征輝 高山征輝 ZYYG  
WEATHER LOVE 高山征輝 後藤康二 ZYYG  
渾身 高山征輝 高山征輝 ZYYG  
TOKIO SLUM 高山征輝 高山征輝 ZYYG  
LULLABY 高山征輝 高山征輝 ZYYG 9thシングル 最高100位 売上0.3万枚
BORN TO BE COOL 高山征輝 高山征輝 ZYYG  
SERIOUS 高山征輝 高山征輝 ZYYG  
Something 高山征輝 高山征輝 ZYYG 8thシングル 最高83位 売上0.5万枚
10 LADY MOON 高山征輝 高山征輝 ZYYG  
11 この情熱のそばで 高山征輝 高山征輝 ZYYG 10thシングル 100位圏外

リリースデータ

1997年8月20日 100位圏外 Sound Produced by ZYYG B-Gram Records

メンバー

Vocal 高山征輝
Guitar 後藤康二
Bass 加藤直樹
Drums 藤本健一

ZYYG3rdアルバム。結果的にラストリリースとなった。7thシングルで唯一の3曲入りマキシだった『GYPSY DOLL』は未収録(前作収録候補から外れた前作時の曲だったからだとも言われている)。売上ダウンは止まらず、ついにはシングルアルバム共に100位圏外というところまで落ちてしまった。前作リリース以降、本格的にライブ活動も開始して、96、97年の2年間で他のビーイングバンドと比べるとかなりの本数をこなしたが、年末を持ってライブ活動も停止。ビーイングお決まりの沈黙の98年を経て、99年12月31日付での解散が告知された(当時のアーカイブスはこちら)。ベスト盤の類は一切リリースされておらず、at the BEING studioシリーズの時に取り上げられることが期待されていたが何故かBAAD共々無視され、ヒットした2曲が男性コンピに収録されただけに終わった。しかし、06年2月11日に一夜限りの復活ファイナルライブがGIZA御用達のパン工場で開催されるという奇跡的なサプライズが起こって1度だけ再結成されている。

すげーやりたい放題。WANDS後期がビーイングの方針に反してロックな方向に向かって脱退劇にまでなったことはよく語られているが、今作もビーイングらしかからぬ激しいロックサウンドになっている。前作のビートロック路線を基調に、さらにパンクっぽい方向にまで激しさを増したバンドサウンドは迫力全開のアップテンポで統一されている。逆に売れなかった(ビーイング側からはテコ入れなしで半ば放置されてた)からこそやりたいようにやれてこういうアルバムが作れたのだと思うけど…。歌詞の方も、まっとうに生きることへの疑問と否定、アウトロー的生き方を宣言するような曲が多い。サウンドにしても、歌詞にしても1本貫いている。高山征輝かっこよすぎる

SWEET PUNKS

印象度★★★★☆

戻る