SWEET PUNKS

No タイトル 作詞 作曲 編曲 備考
1 SO WHAT? 高山征輝 後藤康二 ZYYG 10thシングルC/W
2 MAD CITY GANG 高山征輝 高山征輝 ZYYG  
3 WEATHER LOVE 高山征輝 後藤康二 ZYYG  
4 渾身 高山征輝 高山征輝 ZYYG  
5 TOKIO SLUM 高山征輝 高山征輝 ZYYG  
6 LULLABY 高山征輝 高山征輝 ZYYG 9thシングル 最高100位 売上0.3万枚
7 BORN TO BE COOL 高山征輝 高山征輝 ZYYG  
8 SERIOUS 高山征輝 高山征輝 ZYYG  
9 Something 高山征輝 高山征輝 ZYYG 8thシングル 最高83位 売上0.5万枚
10 LADY MOON 高山征輝 高山征輝 ZYYG  
11 この情熱のそばで 高山征輝 高山征輝 ZYYG 10thシングル 100位圏外

リリースデータ

1997年8月20日 100位圏外 Sound Produced by ZYYG B-Gram Records

メンバー

Vocal 高山征輝
Guitar 後藤康二
Bass 加藤直樹
Drums 藤本健一

ZYYG3rdアルバム。前作以降の3シングルとC/W1曲を収録。唯一の3曲入りマキシシングルとしてリリースされた7thシングル『GYPSY DOLL/BLOOD ON BLOOD/微笑みだけをくれないか』は3曲とも未収録となった。出すたびに売上が下がる中でついに「この情熱のそばで」で100位圏外、今作も100位圏外となり、今作を最後にリリースが停止。今作リリース後はライブハウスを細かく回るツアーを年内いっぱい行ったが、98年年明け以降はライブも無くなり、一切の活動を停止した。やがて99年12月31日付での解散が告知された(当時のアーカイブスはこちら)。解散後、高山征輝はBON-BON BLANCOへ1曲提供しただけだったが、後藤康二は作家としてGIZAや00年代半ば以降は外部提供も行うようになった。そして06年2月11日に一夜限りの復活を果たして正式なファイナルライブを当時のGIZA御用達の大阪hillsパン工場ライブハウスで開催した。

ほぼ全編に渡ってアップテンポで激しいロックナンバーで統一されていて(「LADY MOON」のウキウキな曲調だけちょっと浮いているが)、これまで以上にがなり立てるようなボーカルスタイルで、まっとうに生きることへの疑問と否定、アウトローな生き方を宣言するような尖りまくりな歌詞が並ぶZYYGの最終到達点にして最高傑作。1曲目でいきなりムカつくアイツを軽くこずいて高校をクビになり、真面目に生きてきたゆえに自分を無くしたという酒臭い男の言葉を聞いて先生あんたの言ってた事と全然違うじゃないですか?と言ってのける1曲目から痛快。俺は俺の道を行くとばかりに突き進んでいく様子は若気の至りと言ってしまえばそれまでだが、1本貫いていて非常にカッコいい。恐らく既に会社からは期待されていなかったためか、2期WANDS後期のようにタイアップがあるからこれをやれなどと言われて会社と衝突することも無く、やりたい事を突き詰める事ができたんじゃないかと思う。「君が欲しくてたまらない」や「ぜったいに誰も」とは一味も二味も違うが、ZYYGを聞くならぜひとも辿りついておくべき1作

SWEET PUNKS

印象度★★★★☆

2017.9.29修正

戻る