安全地帯Z〜夢の都

No タイトル 作詞 作曲 編曲 備考
1 きみは眠る 松井五郎 玉置浩二 安全地帯  
2 情熱 松井五郎 玉置浩二 安全地帯 20thシングル(カット) 最高31位 売上2.0万枚
3 Lonely Far 松井五郎 玉置浩二 安全地帯  
4 Seaside Go Go 松井五郎 玉置浩二 安全地帯 20thシングルC/W(カット)
5 ともだち 松井五郎 玉置浩二 安全地帯  
6 あの夏を追いかけて 松井五郎 玉置浩二 安全地帯  
7 …もしも 松井五郎 玉置浩二 安全地帯  
8 Big Starの悲劇 松井五郎 玉置浩二 安全地帯  
9 プラトニック>DANCE 松井五郎 玉置浩二 安全地帯  
10 この道は何処へ 松井五郎 玉置浩二 安全地帯  
11 夢の都 松井五郎 玉置浩二 安全地帯  

Strings Arranged by 星勝(5)

リリースデータ

1990年7月25日
1992年11月21日(再発)
2007年3月7日(再発)
2010年3月3日(SHM-CD)
2017年11月22日(紙ジャケSHM-CD)
初登場2位
-
-
-
-
売上26.0万枚
-
-
-
-
Produced by 安全地帯
Co-Produced by 星勝、金子章平
キティレコード
キティレコード
ユニバーサル
ユニバーサル
ユニバーサル

メンバー

Vocal&A.Guitar 玉置浩二
Guitar 矢萩渉
Guitar 武沢豊
Drums 田中裕二
Bass&Piano 六土開正

安全地帯7thアルバム。88年夏に活動を休止して以降ソロ活動を行っていたが90年に入って今作のレコーディングを開始して活動を再開。1991年冬季ユニバーシアードのテーマ曲を安全地帯でやることになり元々はその1曲(「この道は何処へ」)のためだったがいつの間にかアルバム制作になっていたとされている。活動再開1発目の作品が今作で、先行シングルはリリースされずに11曲全てが新曲。8月からツアーがスタートし(これも当初は玉置浩二ソロツアーの予定だった)、11月に「情熱」がシングルカットされ、C/Wには「Seaside Go Go」がカットされた。今作では玉置浩二のクレジットにギターが入り、アレンジ及びプロデュースが安全地帯の単独名義となった。またキーボードのサポートミュージシャンも入れず、「Keyboards Programmed by 安全地帯」と表記されている。今作と同時発売で1stアルバム以外のオリジナルアルバム、ライブアルバムが一斉再発された(1stは2ヶ月後に再発された)。2017年には全オリジナルアルバム14作が紙ジャケットコレクションとして再発されている。高音質のSHM-CD、Blu-spec CD2で発売されたがリマスターは施されていない。

休止中の89年に玉置浩二はソロシングルを4枚も出していたのでその流れだとどう考えても2ndソロアルバムだったはずがソロでのアルバムは出さずに、いきなり安全地帯に戻ってシングルを出さずに今作という急展開。ヒットシングルが無い事もあり、この辺りから一気に振り返られる事が少なくなる。不人気作というわけではないんだろうけど、ベストアルバムでも休止前までの楽曲でほぼ枠が埋まってしまうので今作の楽曲は収録されない事が多いというなかなかの不遇な扱い。

作風としては前作で見せていたエネルギッシュな側面をより強調したような力強さを感じられるアルバム。「情熱」はなんだか「I Love Youからはじめよう」の2番煎じみたいではあるけどなんだかんだこの系統は個人的には好き。全体通しての印象は前作に続いて好感触だ。特に前半の攻めの姿勢は熱い。これでシングル級の強い曲があって、ドラマ主題歌でもあれば安全地帯も90年代の波に乗ってミリオンとかあっただろうなぁ…。

安全地帯 VII~夢の都(紙ジャケット仕様)2017年紙ジャケSHM-CD盤  安全地帯VII~夢の都2010年SHM-CD盤  安全地帯VII~夢の都07年盤  VII〜夢の都92年盤 

 

印象度★★★★☆

2016.8.26更新

戻る