ELEVEN

No タイトル 作詞 作曲 編曲 備考
1 [T] 稲葉浩志 松本孝弘 松本孝弘&稲葉浩志  
2 Seventh Heaven 稲葉浩志 松本孝弘 松本孝弘&稲葉浩志  
3 信じるくらいいいだろう 稲葉浩志 松本孝弘 松本孝弘&稲葉浩志  
4 RING 稲葉浩志 松本孝弘 松本孝弘&稲葉浩志 30thシングル 最高1位 売上54.6万枚
5 愛のprisoner 稲葉浩志 松本孝弘 松本孝弘&稲葉浩志  
6 煌めく人 稲葉浩志 松本孝弘 松本孝弘&稲葉浩志  
7 May 稲葉浩志 松本孝弘 松本孝弘、稲葉浩志
&大島康祐
28thシングル 最高1位 売上69.5万枚
8 juice(PM mix) 稲葉浩志 松本孝弘 松本孝弘&稲葉浩志 29thシングル 最高1位 売上67.4万枚
9 Raging River 稲葉浩志 松本孝弘 松本孝弘&稲葉浩志  
10 TOKYO DEVIL 稲葉浩志 松本孝弘 松本孝弘&稲葉浩志  
11 コブシヲニギレ 稲葉浩志 松本孝弘 松本孝弘&稲葉浩志  
12 Thinking of you 稲葉浩志 松本孝弘 松本孝弘&稲葉浩志  
13 稲葉浩志 松本孝弘 松本孝弘&稲葉浩志  
14 今夜月の見える丘に(Alternative Guitar Solo ver.) 稲葉浩志 松本孝弘 松本孝弘&稲葉浩志 27thシングル 最高1位 売上112.7万枚

リリースデータ

2000年12月6日 初登場1位 初動75.7万枚、売上112.9万枚 Produced byTAK MATSUMOTO Room Records

メンバー

Guitar TAK MATSUMOTO
Vocal KOSHI INABA

B'z11thアルバム。『Mixture』に続く00年2作目のアルバムで1年5ヵ月ぶりのオリジナルアルバム。前作以降00年に発売された4シングルを全て収録。オリジナルアルバムにシングル4曲収録は過去最多となった。「今夜月の見える丘に」はギターソロが再録音されており、「juice」はミックスが変更されている。『Mixture』発売時に期間限定でオープンしたサイトでのみ入手できるプレイヤーをダウンロードし『Mixture』のCDをパソコンに入れると聞けたという「Raging River」も初CD化された。「TOKYO DEVIL」は全英語詞の別バージョン「DEVIL」も制作されており、02年の日韓W杯コンピ盤や韓国限定のミニアルバムに収録され、国内のB'z作品には08年の『ULTRA Treasure』に収録された。

97年の『SURVIVE』の時点ですでに1曲のみの参加で、やがてライブサポートからも離脱、ビーイングも辞めて前作にも不参加だった明石昌夫が今作では外部からの参加でベーシストとして何曲かで参加している。明石昌夫の参加はこれで本当に最後となった。シングルでは「今夜月の見える丘に」が久々にミリオンヒットとなったが結果的にこれがシングル最後のミリオンとなった。アルバムでは今作でもミリオンを継続した。

前作で大きく傾けたハードなロック路線にさらに傾倒したやりたい放題なロックアルバム。コンセプトを決めずに作りたいように1曲1曲作っていったためアルバムにまとめても方向性が特に無く、アルバムタイトルもそのまま11枚目だから『ELEVEN』になったそうだ。コンセプトが無いためか、以前だったら「juice」以外は外されていたような方向性が違うシングル全て収録されたのもそれが理由と思われる。ハードな曲が続く中で、「RING」「May」「今夜月の見える丘に」などシングル曲で一休みしていく感じで、その配置は絶妙。なんだかんだハードに感じた「juice」も今作の中ではキャッチーな曲に感じられたりもする。

当時は大ヒットドラマ『Beautiful Life』タイアップもあって「今夜月の見える丘に」が久々のミリオンを達成して、新規リスナーが入ってくるタイミングでもあった。個人的にも今作で初めてB'zのオリジナルを手に取ったのだが、あまりに重すぎてさっぱり良さが分からなかった。そんな感じの新規リスナーは多かったと思うが、もう少し色々なアルバムを聞いた後でこの作品に戻ってくるとけっこうこのやりたい放題な感じは痛快でもあり、骨太なロックアルバムではあると感じられるようになった。

ELEVEN

印象度★★★★☆

2018.3.19修正

戻る