RISKY

No タイトル 作詞 作曲 編曲 備考
1 RISKY   松本孝弘 松本孝弘、明石昌夫 インスト
2 GIMME YOUR LOVE-不屈のLOVE DRIVER- 稲葉浩志 松本孝弘 松本孝弘、明石昌夫  
3 HOT FASHION-流行過多- 稲葉浩志 松本孝弘 松本孝弘、明石昌夫  
4 EASY COME,EASY GO!-RISKY Style- 稲葉浩志 松本孝弘 松本孝弘、明石昌夫 6thシングル 最高1位 売上47.2万枚
5 愛しい人よGood Night... 稲葉浩志 松本孝弘 松本孝弘、明石昌夫 7thシングル 最高1位 売上35.5万枚
6 HOLY NIGHTにくちづけを 稲葉浩志 松本孝弘 松本孝弘、明石昌夫  
7 VAMPIRE WOMAN 稲葉浩志 松本孝弘 松本孝弘、明石昌夫  
8 確かなものは闇の中 稲葉浩志 松本孝弘 松本孝弘、明石昌夫  
9 FRIDAY MIDNIGHT BLUE 稲葉浩志 松本孝弘 松本孝弘、明石昌夫  
10 It's Raining... 稲葉浩志 松本孝弘 松本孝弘、明石昌夫  

リリースデータ

1990年11月7日 初登場1位 売上169.6万枚 Produced by 松本孝弘 BMGビクター

メンバー

Vocal 稲葉浩志
Guitar 松本孝弘

B'z4thアルバム。前作から5ヶ月、フルアルバムとしても9ヶ月、90年3作目のアルバム(フルアルバム2作目)。『WICKED BEAT』以降の2シングルを収録。それ以前の「BE THERE」「太陽のKomachi Angel」は未収録。この2シングルは98年のベスト盤『Pleasure』までアルバム未収録となった。94年1月まで断続的に100位以内にランクインしており、合計130週ランクインした。またフルアルバムとしては初のミリオン達成となった。初回盤はスリーブケース入りで、別冊ミニ写真集付属。

B+U+MメンバーはB'zの2人、マニピュレーターとして明石昌夫、エンジニア野村昌之に加えて今作では新たにボーカルディレクターの寺島良一が加わっている。2〜6,8,9にドラムを使用しているが、ドラムを叩いている青山純を始めとするサックス、キーボード、コーラスは「Musician」として別枠でクレジットされており、B+U+Mには含まれていない。

実質1曲目となる「GIMME YOUR LOVE-不屈のLOVE DRIVER-」から年上の女性に振り回される情けない歌詞が炸裂。「二人ガードレールとCRUSHしてもなんかお前だけ助かりそう…」などいきなり歌詞がキレキレ。B'zの面白さの1つに稲葉の超絶な歌詞センスがあるが、ここまではまだまだ片鱗を見せる程度だった稲葉イズムがいよいよ開花してきたのがこの時期だと思う。「EASY COME,EASY GO!-RISKY Style-」はミックスが違うだけのようだが、ドラムが強調されていてシングルバージョンよりバンドっぽくカッコいい仕上がり。「HOLY NIGHTにくちづけを」ではかなりハイなウキウキな1曲で歌詞でも1番では「この街は二人のため」と控えめだが、2番では一気に「世界は二人のため」とワールドワイドに跳ね上がる。しかもそれだけではとどまらずに最後のサビでは「宇宙も二人のため」と超飛躍。最高だ。ラストの「It's Raining...」は歌がサビしか無く、それ以外は打ち込みのムーディーなトラックをバックに何故か稲葉が彼女(?)と延々電話している(演技が微妙にぎこちない)という珍曲。意味不明すぎて逆に面白い。

サウンド面でもギターがかなり前に出てきてリスクを冒してでも変化していこうという気合を感じる。とはいえまだまだこれまでのデジタルビートと融合させたという感じなので、エレキギター以外にはけっこうキーボード系の音が鳴りまくっており印象自体はけっこうポップ後追いで聞くとようやく今作辺りからB'zが始まった!という感じがする

RISKY  

印象度★★★☆☆

2018.2.3修正

戻る