SURVIVE

No タイトル 作詞 作曲 編曲 備考
1 DEEP KISS 稲葉浩志 松本孝弘 松本孝弘,稲葉浩志,徳永暁人  
2 スイマーよ!! 稲葉浩志 松本孝弘 松本孝弘,稲葉浩志,徳永暁人 31thシングル『ultra soul』2nd beat「スイマーよ 2001!!」としてリメイク
3 Survive 稲葉浩志 松本孝弘 松本孝弘,稲葉浩志,徳永暁人  
4 Liar! Liar! 稲葉浩志 松本孝弘 松本孝弘,稲葉浩志,徳永暁人 23thシングル 最高1位 売上79.4万枚
5 ハピネス 稲葉浩志 松本孝弘 松本孝弘,稲葉浩志,徳永暁人  
6 FIREBALL 稲葉浩志 松本孝弘 松本孝弘,稲葉浩志 21thシングル 最高1位 売上75.5万枚
7 Do me 稲葉浩志 松本孝弘 松本孝弘,稲葉浩志,徳永暁人  
8 泣いて 泣いて 泣きやんだら 稲葉浩志 松本孝弘 松本孝弘,稲葉浩志,徳永暁人  
9 CAT 稲葉浩志 松本孝弘 松本孝弘,稲葉浩志,徳永暁人  
10 だったらあげちゃえよ 稲葉浩志 松本孝弘 松本孝弘,稲葉浩志,徳永暁人  
11 Shower 稲葉浩志 松本孝弘 松本孝弘,稲葉浩志,徳永暁人  
12 Calling 稲葉浩志 松本孝弘 松本孝弘,稲葉浩志,徳永暁人,池田大介 22thシングル 最高1位 売上100.0万枚

リリースデータ

1997年11月19日 初登場1位 初動104.0万枚、売上172.3万枚 Produced by TAK MATSUMOTO Room Records

メンバー

Guitar TAK MATSUMOTO
Vocal KOHSHI INABA

B'z9thアルバム。97年4月には非公認初期ベスト『Flash Back』が発売されていたもののオリジナルアルバムのリリースは2年ぶり。前年リリースされた「ミエナイチカラ〜INVISIBLE ONE〜/MOVE」「Real Thing Shakes」は未収録。97年に入ってからリリースされた3シングルが収録された。シングルでは13作連続でミリオンを記録していたが「FIREBALL」で記録が途絶え、今作もフルアルバムとしてはやや売上を下げた。今作から徳永暁人が参加。明石昌夫は「Calling」にしか参加していない。前作同様に通常盤からスリーブケース仕様でミニ写真集付属。この中の1枚、36ページの写真がバージョン違いで2種類あるらしい。どこにも書いていないがCD-EXTRAで『Liar! Liar!』のPVも見れる現代のPCでは作動しないかもしれない。

前作に続いてロックとポップの融合が絶妙のバランスになっているが前作からはロック寄りになってきていてこれまでの中では最もハードな雰囲気。1曲目から過去最高にハードだし(それにしては歌詞が情けなさ全開でいろんな意味で圧巻。)、キーボードやブラスサウンドの導入が減ってギターやベース、ドラムが目立つようになっている。一方で「スイマーよ!!」のような打ち込みポップ寄りの曲もあったり、バラードではギター押しせずに、比較的抑えたアレンジで聞かせたりと曲調は幅広い。ポップとロックの融合を模索してきたのかは分からないが少なくともここがB'zの1つの到達点であるような印象を受けた。また歌詞にかなりぶっ飛んだ描写が多く、ウゥ〜〜ワンワン!と(歌詞ではないが)ラストで稲葉が犬になってしまう「DEEP KISS」や、「ZERO」に続いて車で突っ込もうとした挙句に最後が"誰もがLiar!"と絶叫し、人間不信にまで陥る「Liar! Liar!」を筆頭に面白い言葉の使い方をしており、稲葉ワールド炸裂という歌詞の面では今作がNo.1だと思う。前作同様に後半にかけてが地味になってしまうところは惜しいが、今回はラストが「Calling」なので聞き終えた感触は非常に良い。前作と今作が個人的にはオリジナルアルバムの最高傑作ライン

SURVIVE

印象度★★★★★

2018.2.24修正

戻る