EX-AR9降臨

09年に購入したミニコンポEX-AR3。まだまだいい音を鳴らしてくれるが液晶表示が暗くなったのと、トレイの出し入れに若干の難が生じ始めた。このシリーズは先日コブクロが推奨した事でもお馴染のJVC(ビクター)のウッドコーン。ビクタースタジオで録音されたサザンオールスターズの『キラーストリート』なんかもまさにウッドコーンでサウンドチェックしながら制作されたと思われ、正直他を試したわけではないんだけど偶然の出会いからこのウッドコーンシリーズは気に入って、イヤホンも現在はJVCのウッドコーンモデルで統一している。そろそろ次を考えねば…とここ1,2年考えていたがその答えは行き止まりとなっていた。

というのもDVD-AUDIOが滅亡して10年以上が経過し、時代遅れになってもCD/DVD再生機能を有していたJVC(ビクター)の機種でも現行機種ではDVD再生機能を排除。またCD再生機能を一切持たないネットワークモデルとCD再生機能を有するCDモデル機種を分離させたことで、CD再生機種のUSB再生可能フォーマットが減少。CDモデルのUSB対応からWAVが削除され、MP3、WMA、AACといった圧縮音源用の3タイプしか使用できなくなってしまったのである。

DVD機能削除、USBの再生対応からWAV削除…ってただの退化じゃねーか!

というわけで現行機種であるEX-HR5かその上位モデルであるEX-HR9EX-HR11を本来であれば狙うべきであり、当然より研究されたウッドコーン技術により適度な進化が期待できるところだったのだけど断念せざるを得ない事に。

EX-AR3購入時よりも高い金額を払ってもDVD-AUDIO再生できない、レンタルしてきてCD-RにせずにWAV化して保存してあるWAVも再生できない…もちろんFLAC?ナニソレ?状態…と踏んだり蹴ったりである。

追記:この文章を書いてすぐに新機種EX-S55が発表された。これは分離してしまっていたCDモデル、ネットワークモデルの両面を生かしたいわば”パワーアップ復活”仕様で、CD再生可能で、USBからWAV,FLACがハイレゾまで対応という初の機種になったようだ(以前のWAV対応機種はハイレゾ不可でFLACも無かった)。さすがにDVD再生機能は復活しなかったが、DVD-AUDIOを捨てれば現行機種にも頼れる機種が5,6年の空白期間を経て復活したのは喜ばしい。

そこでDVD対応、WAV対応をしていた過去の機種に遡る必要が生じた。FLAC再生とハイレゾのWAVはいずれにせよ捨てねばならぬが(FLAC対応はネットワークモデルに限られるのでFLACを取るとCDを捨てなきゃならぬ模様)、また昨年あたりが次の新機種が出るタイミングだったのに出ないままになっている事や、仮に次が出てもUSBのWAVやFLAC対応はともかくDVD対応に未来は正直無さそスペースの問題からスピーカーが2WAYではなくフルレンジである必要もあり、そうなるとEX-AR3の後継モデルとなったEX-AR7、そしてEX-AR7をちょっと改良したプレミアモデルとしてJVC公式通販限定で2011年に販売されたEX-AR9である。

このEX-AR9、昨年末までアウトレット放出品を発売当時の半値近い価格で定期的にJVCのサイトで売り出しているのを1年前くらいに発見したので、2016年末までに買おうとひそかに狙っていたのだが決断したその当日まさかの売り切れ。そしてこれまで定期的に売り出されていたのにこれにてついに在庫消失になったのか、2度と売り出される事が無かった

やっちまったぁぁぁぁぁ!

というわけであれから8ヵ月、オークションで網を張り続けて探していたのが先日ついに発見された。未使用品の販売価格からさらに半額くらいになっていたので少し不安だったが、そもそも2011年時点で一部機能に時代遅れな点が散見されたのと高すぎる値段がネックになってほとんど世に出回ってない機種なので次いつ発見できるかも分からない。ここは…祈るのみ!

と、祈りながら購入。そして届いたEX-AR9。届いてみれば今まで使っていたEX-AR3よりも断然綺麗。S、A、B、C、D、ジャンクの評価基準でC(普通扱い)というランクだったのに十分にB以上の綺麗さ。これがCなら使い古されたEX-AR3はDどころかジャンク品扱いになるんじゃないかという勢い。売りに出してもほとんど値がつかないかもしれん…。

早速接続したところ、一部接続を間違えて逆相つなぎにするという何だか毎回失敗しているようなお約束をぶちかまして時間をロスったが、無事に正しくつないで再生したところ、今までより上質に聞こえる音が流れ出した。05年にDENONのD-ME33に変えた時、09年にEX-AR3に変えた時はメーカーごと変えていたのでそこまでの大変化は無いものの、また既存の曲が新しく生まれ変わって新鮮に聞こえる感じ。いい買い物をしたようだ。

雑記

DEEN池森バイキングに出演

DEENボーカル池森秀一が昼の番組「バイキング」(「笑っていいとも!」の後枠のやつ)に出演。なんかVTR出演で「人生を変えた名曲」を語るというコーナーがあったらしく、そこに単独で呼ばれたらしい。

冒頭のDEEN紹介では

・このまま君だけを奪い去りたい(99年横浜アリーナ)
・瞳そらさないで(08年初日本武道館、キー2下げ)
以下ナレーションに被せて
・翼を広げて(99年横浜アリーナ)
・少年(02年和音ツアー、『和音』でのリメイクバージョン)

と紹介。何故「瞳そらさないで」だけキー下げ音源を使ったのか謎だが、それよりもフジテレビなのにDBGT主題歌の「ひとりじゃない」を使わずに何故か最後が「少年」。ほとんどライブでやらず、たまにやってもアコースティックコーナー送りとかなのでほとんどライブ映像が無く、原曲でのライブ映像は1つもない「少年」を“数々のヒット曲”の煽りと共に流すとかなんか凄い。

ニューアルバムに2度目のリメイクバージョンが入っているから気を利かせてくれたのだろうか(『PARADE』のジャケットを映して紹介した際に「少年」のニューバージョン収録とか説明書きつけてくれてたし)。ファン人気は非常に高いものの、両A面の2曲目だし、当時ブーム終了後の落ち目期であり、世間には記憶されていない気がしてならないが…。

池森さんが紹介した「人生を変えた名曲」は安全地帯の「悲しみにさよなら」。歌手を目指すきっかけになった曲だという。デビュー前ブラックミュージック一直線という情報が先行しているけど、そういえば安全地帯とか音楽の原点だとかどこかで語っていたような…。

その後歌手を目指してブラックミュージックのシンガーとしてバンドをやっていたという紹介と共に池森さん以外全員黒人というバンドメンバーの当時の写真も登場。これは初めて見た。その後の試しでいいから歌ってくれと「このまま~」に繋がるのはTV出てヒストリーな話になったらもう毎回語っているような話。

ミニコーナーだし1曲他人の曲紹介して終わりなのかと思ったら「このまま~」「瞳~」の2曲を続けて紹介。「このまま~」は試しで歌ったらデビューする事になっていきなり大ヒットして実感が無かったといういつもの話だったが、「瞳~」に関しては初ライブとなった学園祭ライブで1曲目に披露して歓声を浴びた際にプロとしての自覚が本格的に目覚めた(それまで一切TVもライブもしていなかったため初めて直にリスナーの反応に触れたのがこの瞬間だったためと思われるがその説明はたぶん池森さん喋ったんだろうけど端折られた)という形で語られた。意外と語られることが無く、15周年頃からたまにTVに出ても一切披露されてこなくて、あまり曲についてコメントされたことの無かった「瞳そらさないで」に関して何かしらのエピソードが語られたのは初めて聞いたかも。

さらにニューアルバムの宣伝(ただし曲はかからずジャケットのみ)、25周年イヤーとかソニーが勝手に造語で売り出してるけど「来年25周年」としっかり宣伝してコーナーは終了した。

15周年、20周年でもメディア出演はやや増えたが、来年は更なるTV出演も期待できるかも?

雑記

初回盤Aだけセルフライナーカットされてた

「Ken Hirai Singles Best Collection 歌バカ2」をゲット。

今回3種類あって

前作「歌バカ」収録分含めた全シングルコレクション+新作「歌バカだけに」の初回盤A

前作「歌バカ」初回盤の続編(続編CD+続編MV集(BD))+新作「歌バカだけに」の初回盤B

前作「歌バカ」の続編+新作「歌バカだけに」の通常盤

再リマスターによる永久保存版的観点から初回Aを購入したのだが買ってから気づいた。

初回盤Aには

撮り下ろし写真・全シングルの歌詞/ジャケット写真・スペシャルインタビューを掲載した豪華ブックレット付き。

と書いてあるが、

初回Bと通常盤には

撮り下ろし写真・収録シングルのセルフライナーノーツ/歌詞/ジャケット写真・スペシャルインタビューを掲載した豪華ブックレット付き。

と書いてあるのである。

初回盤Aだけセルフライナーを載せずにカットしやがった…。

前作「歌バカ」や「裏 歌バカ」にもセルフライナーは記載されており、平井堅の場合単なる綺麗な思い出話ではなく売れなかったとかコケたとかいう話も平気でするので個人的になかなか面白いと思っていたので今回も期待していたんだけど、何故初回Aだけそれをわざわざ削ってしまったのか。

「ノンフィクション」の追加収録もかなりしれっとしていて、前作でも「POP STAR」を直前追加したんだけどその時はもっと大々的に発表していた記憶がある。今回いつの間にかソニーの方の公式サイトに追加されてて、公式サイトには追加されていない状態のまま、発売1週間前を切ったくらい?になって公式サイトでもいつの間にか追加されていた。

恐らく経緯は前回と同じで収録は最初から決まっていたけど、先行シングルの売上が落ちるので直前まで引っ張るという段取りだったんだろうけど、前回に比べて今回はソニーと公式の足並みが全く揃わずにバラバラに追加表記した挙句に、最終的に追加収録を正式に告知しないというグダグダっぷり。現在所属のAriolaさん、元ちとせ、さかいゆう、スキマスイッチ、秦基博らオフィスオーガスタ勢をレーベルごとごっそりユニバーサルに持ってかれたのが効いているのだろうか…。

あとジャケットが黒いのが残念。金色というか黄土色のやつ(サザンの『バラッド3』みたいな)や銀色ミラータイプ(コブクロの『5296』みたいな)のも酷いが、黒いジャケットやブックレットも触れただけで指の跡がベッタベタつく。永久保存版にしたいと思って買ったのに開封してひとまずウォークマン用にPCに入れるだけで指の跡まみれになったぞどうしてくれる。

DLやYou Tube、違法視聴で終わってしまう時代になり、購入者にとってのパッケージの価値が高まる昨今、金銀黒というのは三大迷惑カラーだというのを改めて訴えておきたい。

とりあえずレンタルに出たら通常盤でセルフライナーを読もうと思う。

雑記

ありがとうさようならガラケー…そして。

このサイトにあるプロフィール欄を見ると携帯電話を使い始めてからの使用期間と歴代機種が記録してある。携帯電話を周囲が持ち始めたのはちょうど00年3月の中学卒業時期。卒業前に買ってもらったというやつがクラスに数名いる感じで、00年4月高校入学と同時におおよそクラスの半数程度が買ってもらった感じになり、ワンギリ文化や意味のないショートメールのやり取りなどが流行。中学時代までは無かった新たなツールとして時代と共に進化していった。高校を卒業する頃にはもう持ってない奴が数人とかそういう普及率だったと記憶している。

J-PHONEだった社名もVodafoneに変わり、ソフトバンクへ変わり、外人が「予想GUYです」と言い始めて犬がお父さんになったCMを始めて落ち着いた。やがてスマートフォンが登場した。そんな中でもガラケーを使い続け、2014年からは格安スマホと2台持ちへ変更したが、2011年秋に変えたNEC最後のガラケー001Nがこの6年弱の中で徐々に疲弊

第一ケータイ

2014~15年頃だろうか?ここの蓋がどこかへ旅立っていった

第二ケータイ

今年になると1回落とした際にここの部分が彼方へと旅立っていった

第三ケータイ

そして先日、ここの蓋までもが何処へと旅立とうとしたが引き留めた

という感じでパーツがボロボロ剥がれ落ちてきてしまい段々無残な感じになってきた。前任の820Nは現役バリバリだったところ、自転車走行中にポケットから落下、背後から来たトラックの下敷きになり木っ端みじんという一撃での凄惨な最期を遂げたが、今回のはじわじわボロくなっていく。さらに前任のV-601N(GOING UNDER GROUND「ハートビート」CMタイアップで宣伝してたやつ)は4年半使っただけで電池が瀕死(1回電話しただけで電池残量真っ赤)だったが、電池に関しては過去最長の5年8ヶ月の使用でもへたることはなかった。まあ途中で電池パック1個無料プレゼントを駆使したのもあるが。

とはいえパーツが3つ旅立ち、角も欠けてボロボロなのでこれはそろそろなんじゃないかと思い、思い立ったが吉日。機種変更をする事にした。

しかし既にスマートフォンは格安スマホのZenfone Goを昨秋購入したばかりでここでスマートフォンに乗り換えたら意味が無くなってしまう。なので店員の「ガラケーからスマートフォンですとお得な…」という言葉を遮るようにガラケーを宣言。既に選択肢は3つしかなく、そのうちの1つは「かんたん携帯」。しかも厳密にはガラケーはもう滅んでいた。さらっと4Gのガラホと呼ばれるものへと変化していた。

ガラケー全盛期はSHARPが最先端を誇っていたので、反抗期だった俺はSHARPを回避し続け、やれKENWOODSANYONECだとそんなとこが携帯出してたの!?ていうかSANYOもう無いよ!と現代では驚かれそうな会社の機種ばかり選んでいたが、回避し続けて17年、ついにSHARPの携帯を手に取る時が来た

SHARP降臨

なんだか色々な新プランがあり、無駄に6000円くらいかかっていた使用料が半額以下くらいになるという事で結果的に物凄いコストダウンになる模様。というのも当時はパケ放題が定額で4000円超えるようなのしか無かったが、現在はGBごとに選べたり、使った分だけ上がっていって以前の4000円強のラインで上限になるという仕組みのもあるという。Web使用の大半をスマートフォンでやっていて、ガラケーではほとんど使わない、調べたら毎月1000円ちょい相当しか使ってなかったらしく、これがコスト減に繋がった。というか無駄にボラれていた感じじゃねーかこれ。5年8ヵ月も料金プラン放置はマズかったか

雑記

滅亡した規格DVD-AUDIOでハイレゾを聞く

現状ハイレゾ音源の再生環境に乏しい。
現在使用しているウォークマンNW-S786はハイレゾ非対応。

Mr.Childrenの『REFLECTION {Naked}』が出た時に初めてハイレゾ音源を入手する事になったが、この時はフォーマットはWAVだった。
最近コブクロが紹介したと評判のウッドコーンのミニコンポEX-AR3はスティックタイプのUSBメモリからWAV音源を再生できるので、
『REFLECTION {Naked}』ハイレゾ音源も再生できるかと思ったが、EX-AR3が作られた当時にCD規格を越えるWAVをわざわざ再生させるという考えが無かったためか、全く再生できなかった。

ノートPCから出力する事は設定上可能だったが、どうにもPCにイヤホン刺して聞いても音が凄い気がしない(気分の問題だ)

ポータブルアンプでもかませれば雰囲気が出そうなものだが、そのためだけに諭吉が何人も飛ぶような出費はしたくない。それならイヤホンそのものを新調したい…ということでアンプ購入は選択肢から消えた。

そこで考えたのがDVD-AUDIO化だった。

DVD-AUDIOはCCCD登場などで時代が揺れていた00年代前半頃に邦楽でも1番ソフトが出ていた。GOING UNDER GROUNDの『ハートビート』や槇原敬之の『太陽』『Home Sweet Home』などはDVD-AUDIOでリリースされている。しかも槇原敬之の場合はDVD-AUDIOで出す時にミックスを変えたので、前半エフェクトがかかっているのでおなじみの「太陽」にエフェクトがかかっていない!というレア音源が収録されていたりした。

またエイベックスはCCCDに積極的だったがDVD-AUDIOや現在も残るSACDにも積極的で主要アーティストでは1回は出していたはず。CCCD初期のDo As Infinity『Do The Best』もDVD-AUDIOが出ている。当時CCCDはかなり嫌われたが、だったら音質にこだわる人はこっちへ移行させようという考えも少しあったのかもしれない。

そんなDVD-AUDIOだったが、SACD共々継続的な導入に至らずに、SACDは現存するがDVD-AUDIOは滅亡してしまった。そのDVD-AUDIOに比較的熱心だったのが現JVC(ビクター)で、00年代後半までに出していたミニコンポは大概CD/DVD再生が可能で、DVD-AUDIOにも対応していた。2010年頃からDVD非対応の機種が増え、現存するJVCのラインナップでDVD再生が可能なものは無くなってしまった。

ならばUSB経由での再生が可能になっていれば、新機種を購入するところなんだけど、何故か現行機種の大半は対応フォーマットが激減。CD再生機能が無いネットワーク対応コンポと住み分けするためなのか知らないが、USB経由での対応フォーマットがFLACはもちろんWAVすら非対応になってしまった。これでは現在より不便になってしまい、買い替えできない…。

というわけでDVD-AUDIOを作ろうと考えたが、2015年時点で既にこんな事を考える奴は希少であり、非常に情報に乏しい。なんとか調べて作ってみたはいいが頻繁に作るわけではないので次にDVD-AUDIOを作ろうとした時には手順を忘れてしまう。

今回乃木坂46『生まれてから初めて見た夢(Complete Edition)』ハイレゾ音源をDVD-AUDIO化しようとしたところ、記憶が曖昧だったせいで思ったより時間がかかってしまったので、改めてここで手順をしっかり書いておくことにする。次からはここを見て思い出せよ、俺(個人的)。

ハイレゾ音源を用意する

配信サイトでハイレゾ音源を買えば良いのでここは単純だ。WAVかFLACかフォーマットを選べる場合はWAVの方が一手間省ける。

また普通のCDをアップコンバートしてハイレゾ化しようとすると別途ソフトを駆使してあーだこーだある。
概ねDVD-AUDIOの作り方を検索するとその手順が出てくる。

WAVに変換する

『REFLECTION {Naked}』の時はWAVだったのでこの作業は不要だった。
moraでハイレゾを購入するとFLACなのでこれをWAVに変換する必要がある。

変換ソフトはフリーで色々あるが「XRECODE 3」を使用。
無料期間が30日だが、バージョンアップするとリセットされるので実質無料で使い続ける事が可能。

WAVを選択し、設定のところで「出力ファイルが4GBを超える場合は~」云々書いてあるチェックは全部外せばOK

なおmoraのFLACは厳密にはFLAC Uncompressedというもの。
これはUncompressedと書いてある通り、通常のFLACだとWAVよりサイズが軽くなるんだけどその処理がされていない。
FLAC UncompressedをWAVに変換してもファイルサイズは変わらない

WAVになったらファイルが大きくなるはずなのに変わらない!?という心配は不要だ。

ISOファイルに変換する

出来上がったWAVの音源をISO化してひとまとめにする。

「dvda-author-package」というフリーソフトを使用。

1.右上の空いているスペースにWAVを全部放り込む。

2.Option→Options→Create ISO file with mkisofsにチェック→Browse→ISOを出力する場所を指定(デスクトップが無難)

3.ISOを出力する場所を指定する際にファイル名を「○○(任意).iso」にする。(「.iso」を入れないとISOファイルが出来ない)

4.Process→Encode Audio_TS

で、動き始めたらOK。

動かずにエラーになる場合、瞬殺でISOが完成してしまい中身がスカスカの場合は、WAV音源に問題がある場合がある。
その場合、WAV音源への変換から改めてやり直してみると解決する事がある。

今回『生まれてから初めて見た夢(Complete Edition)』ではここで引っかかった。
曲数が多すぎる場合、先に書いた「出力ファイルが4GBを超える場合は~」に該当してしまう事があり、これが原因だったっぽく、
チェックを外して変換したら今度はできた。

ISOファイルをライティングソフトで焼く

Imgburnとか元からPCに付属で入っているソフトとか基本的にDVDがライティングできるソフトならOK

ただ今回『生まれてから初めて見た夢(Complete Edition)』ではここでも引っかかった。
33曲もあるのでギリで容量オーバーしてしまい、焼けません!と言ってきたのだ。

厳密には『生まれてから初めて見た夢(Complete Edition)』は4.6GB程度で、
DVDの容量は4.7GBなのでギリギリOKと思われたがどうもギリでダメらしい。

そこでDVD-R DLを使用。

これにて『生まれてから初めて見た夢(Complete Edition)』ハイレゾ音源を収録したDVD-AUDIOが完成した。

DVD-R DLって何?

DVD作品のパッケージの裏をよく見ると「片面・1層」とか「片面・2層」とか書いてある。
主に100分前後越えてくる長尺収録作品の場合に「2層」になっているはずだ。

ブランクディスクにおいてはDVD-Rが1層、DVD-R DLが2層ということになる。

このDVD-R DL、当然DVD-Rより高い。
しかも現在主に動画収録やデータ収録で容量目当てならBlu-ray再生対応しているのであればBD-Rにすればいいので、あまり売っていない。
しかもBD-R DLというのもあり、まだそっちの方がコーナーの一角に確実に置いてある。
BD-R DL 50GBとかでっかく書いてあるので見たことがある人も多いのではないだろうか。
DVD-Rは4.7GBである。10倍以上である。DVD-R DLでも8.5GBである。
8.5GB程度では50GBの前にフリーザ様に全く及ばずに泣き出したベジータ並の戦力差で話にならない。
このためDVD-R DLのパッケージで容量は全くアピールされていない。

時代は進化したものだ…。

これは2層なので単純に容量が2倍程度までに膨らむ。
日本製CD-R、DVD-R撤退時に駆け込みでDVD-R DLも10枚入りを2パックほど購入して放置していたのがいまさら役に立った。

なんてことをやっているうちにアルバムを聞く時間が無くなってしまった。
取り急ぎ今年1番聞いた「風船は生きている」を聞いてみたが…やはりハイレゾ…よく分からん…。
なんとなく高級感というのとぶっちゃけCD4種はヤフオクで応募券抜きのを入手する予定なので(今回の相場は4種で9000円前後になっている模様)、対価をここでお支払いするという意味合いの方が強い。

強いて言うならサビ前のドォーーン!!の奥行きが増しているような気がしなくも…気のせいか…?